いま見てたんですがちょっと

気になりました。

豚肉のミディアムレアって

やばくない?って

 

お店はあえて言いませんが

世界の渡部もご推奨のお店です。

皆さん一般的に

とんかつでミディアムレア

ってどう思います?

基本的にはダメですよね。

寄生虫や病原菌の関係で

厚生労働省も生食は厳禁としています。

SPFだから大丈夫

無菌豚だからレアOK

とか言ってるところありますが

基本的にダメだとおもわれます。

今回のおしゃれイズムでちょっと

気になったのがこの画像

思いっきり中心生っぽいですよね。

さらに拡大

ちょっと生っぽい。

タンパク質の変質温度は大体62~3度

程度でこれを超えると白く固く変質

します。

この色味だと60度前後くらいかと

おもいますね。

『え?今無菌豚ってあるじゃん』

との意見もあると思いますが

二枚目の画像

『林SPF』と書かれてますね

これがこのお店で使われている

豚なのでしょう。

たしかにSPFは無菌豚という認識が

多いですが実際どうなのでしょう?

結論から言うとダメです。

これは生産元の林SPFを作っている

農場のブログでも言ってるので

間違いないでしょう。

林SPFブログはこちら

SPFとはSpecific Pathogen Free

の頭文字をとった言葉で

日本語は『特定病原菌不在』

となります。

なので特定の菌以外はいるという事

そしてE型肝炎ウィルスも残ってる

そうです。

この肝炎ウィルス耐熱特性が

ある程度あって50度程度では

不活性化(感染性を失う)

に至りません。

ちなみに本気で安全なところまで

殺菌しようとしたら

75度以上1分という熱を

通さなくてはならないので

ミディアムレアは不可能です。

つまりミディアムレアで豚肉を

食べるのは事実上不可能なんですが・・・

一応法律でも生食用として

豚肉の販売は禁止されてます

ミディアムレアの場合

過熱不十分の提供という事です。

ちなみにアメリカでは63度まで

中心温度を上げてその後3分間

余熱調理をすれば提供可能。

しかし画像見るとこのとんかつ中心温度は

63度未満ではなかろうか?

とあるブログから拝借した

低温調理での63度の豚肉の色が

こんなんです

確実に火が通ってる色してます。

もちろん低温調理とあげるのでは

仕上がりは違いますがちょっと

上のとんかつ画像はなまっぽすぎるなぁと

思うのと同時に上記の規制緩和は

アメリカの話である上に

『豚の半生は推奨できない』

『生食用の豚肉販売は法律で禁止されている』

という二点からちょっと心配。

まぁ、最後は食べる食べない

自己責任で気になるならミディアム

レア注文せずによく火をとおしてもら

ったらいいだけなんですけど。

生産元の林SPFでも生食は推奨せずに

過熱を進めている中でテレビでこういう

ミディアムレアとか報じるとなんか

『あ、豚肉ミディアムレアお店ならいいんだ』

という風になりかねないので

いかがなものだろう?

もしかしたらお店側にも他に手を

講じているかもしれませんので

全否定できませんが。

管理人はこの色だとちょっと

こわいかなぁと思います。

最期までご覧いただき

ありがとうございました。