今夜放送のセブンルール

毎回別嬪さんが登場する

番組で

普段テレビに出てこない

女性を紹介するこの番組

毎週楽しみにしています。

今回は沖縄に住みながらも

東京のオフィスと往復する

空とぶ美人編集者

鯨本(いさもと)あつこさん

にスポットを当てる様ですね。

鯨本(いさもと)あつこさんは

離島にスポットをあてた

離島経済新聞社の編集長をされています

イイですねー離島。

鉄腕ダッシュやボンビーガール

沸騰ワード10などの番組で

度たびでてきて近年もその

魅力が徐々に人気になってきていますね。

そんな離島に注目されているようです

しかしそこで気になるのは

東京⇔沖縄間を行き来して
利益出るほど儲かるの?

という疑問。そこらへんに関して

しらべてみました

スポンサードリンク

離島経済新聞リトケイ編集長
鯨本あつこ簡単プロフ

  • 名前 鯨本あつこ
  • 生年月日 1982年生まれ月日不明
  • 出身地 大分県
  • 既婚者 一児の母

地方紙編集者、イラストレーター、広告ディレクター
などを経て離島経済新聞社編集長に就く。

離島経済新聞社って?作った理由は?

NPO法人で、島からなる日本の離島に

フォーカスしたweb媒体【離島経済新聞】と
フリーペーパー【リトケイ】からなる情報発信
会社。

作った理由はやはり離島の魅力の再確認と
逆に離島における日本古来の文化の保全ではない
でしょうか?

人口減少が問題になっている離島ですが、高度
経済成長期に失われた、【人と人のつながり】

【人と自然が共生する暮らし】【伝統文化を継承する心】

など日本の元からある価値が残っている離島地域の
営みから日本の未来のヒントを見つける活動をしている
そうです。

離島の魅力を発掘して発信してるんですね。

いいですねー。離島。輸送コストなど掛かって実際に
すむとなると大変だとおもうのでハードル高いのは
事実ですが魅力をつたえて移住者もふえたら
離島経済にとっても有益ですね。

で、NPO法人ということですが

非営利団体=NPO・・・ん?給料は?

という疑問でてきたので調べてみました。

スポンサードリンク

離島経済新聞社の収入は?NPO法人って給料あるの?

離島経済新聞社の収入源は以下の通り。

離島地域に暮らす人をはじめ、離島地域のご出身者、縁のある方、興味のある方などを中心とした読者の皆さまからいただく購読料、サポーター会費、企業・団体さまとの事業でなりたっているそうです。

つまり、読者からの購読料やスポンサーからの収入が財源なんですね。

そしてNPO法人でもあるんです。
NPO法人って非営利団体という意味なんですが

非営利という言葉=ボランティアってイメージないですか?

じつは営利とは社員の給料も払わねーぜってことではなくて
会社の利益配当はなしですよーってことなんですね。

つまり、出資者配当がないだけで社員給料はあります。
会社の利益って稼いだお金-経費=利益なので

経費には社員の給料も含まれますので給料は
あるみたいです。

ただしNPO法人になるにあたって色々と
条件あるみたいですがそれ以上に税制上でも
メリット大きいみたいですねー

詳しくはウェブで検索してみてください。

さて、離島経済新聞社の給料の予想ですが
まず収入。

現在はNPO化して更に情報誌【リトケイ】も
フリーペーパー化しています。

スポンサードリンク

という事は収入源としては

関連企業のスポンサー料や広告掲載料になりますね。
もともと【リトケイ】も季刊誌なのでそれほど
収入にはプラスになってないのではないかな?と
おもいます。

で、NPOになるにあたって条件の一つに

社員10人以上とあるのでそれをまかなえる
だけの金額が収入にあるはずなんですが。。。

うーむ、知人に飲食系のフリーペーパーつくってる
人いてるんですが結構厳しいみたいです。

リトケイにどれほどのスポンサーがついてるかは
解りませんが、けっしてぼろ儲けというわけでは
ないとおもうんですよね。

恐らく給料は

月給20万前後ではないかと思われます!

理由は都市部のフリーペーパー(弱小)の
給料が15万くらいだったから(笑)

今フリーペーパーってそれほど儲かりませんし
なおさら離島情報のフリーペーパーは
スポンサーとなる企業も限られてきそうなので
めちゃくちゃ儲かるとは思えません。

もっと注目されて活動の寄附やスポンサーが
集まればもう少し給料増えると思います。

こういった活動って結構身銭きってらっしゃる
方も多いと思いますが、がんばって欲しいですね。

スポンサードリンク

まとめ

離島経済新聞は離島の魅力を伝え

日本古来の伝統などを再発見。

日本の未来へのヒントとなる

ことを見つける事を活動の

主としている。

同時に離島の情報発信することで

離島の魅力を周知して人口問題の

解決などにも一役かっている。

収入はスポンサー収入などが主。

一部購読料などもあるが現在フリーペーパー化

されているので期待できない。

給料はNPO法人化しているが

社員給料は支払われる。

但し離島情報誌というニッチな業態である

のとスポンサーの数も限られてくるので

あまり高給ではないと予想。

以上最後までご覧いただきありがとうございました!