またセンセーショナルな

ニュースが飛び込んできましたね

 

まずはケイト・スペードさんに

お悔み申し上げます。

 

AFP通信によると

ケイトスペードさんは

6月5日に自宅アパートで

首を吊った状態で発見された

との事。

 

一体彼女になにがあったんでしょうか?

遺書や自殺理由は?

経歴を踏まえてみていきたいと

思います。

スポンサードリンク

アメリカファッションデザイナー
ケイトスペードの経歴は?

 

 

ケイトスペードさんは1962年、12月24日

にミシシッピ州にて生を受けます。

 

くしくもクリスマスイブ生まれ。

プライマリスクールなどの情報は

ないのですが大学はアリゾナ大学

を出ています。

 

卒業後はファッション雑誌【マドモアゼル】

で雑誌編集などをしており、

同時にファッションの勉強をしていた

ようですね。

 

その後、結婚、夫と共に

1993年に自主ブランド

 

【ケイトスペード】を設立

コンセプトは

【INTERESTING LIFE】

面白い生活をうちだしており

カラフルでクリエイティブな

世界観で女性に人気だった。

 

2017年には269か国に展開

するになる。

 

順風満帆に見えるのですが

なぜ?と言う感じですね

 

ケイトスペードの死因は?

 

コチラは報道にあった通り

首を吊った事による窒息でしょう。

 

何故この方法を選んだのかは

不明ですが、飛び降りなどに比べて

計画的に自殺を図った可能性が

高いですね。

 

鬱などが理由で突発的な思い付き

で自らの命を絶ったわけではなく

理由があっての事と考えるほうが

自然とお思います。

 

追記

報道によると鬱病を患って

いたとの事。

 

鬱+『なにか』によって自殺を

図ってしまったのでしょうか?

追記ここまで。

 

となると、何かしら動機があった

はず。

 

自殺したくなるというと大体

  • 借金
  • 家庭環境
  • 夫婦問題
  • 人間不信
  • 世論からのバッシング

などがパッとおもいつく

のですが。。。

 

該当しそうなスキャンダルが

ないか見てみます。

 

スポンサーリンク

 

ケイトスペードの自殺の理由・原因は?
業績悪化で買収のストレス?

 

ざっと見ると目立って

家庭問題や夫との不仲などの

男女や人間関係での情報はなかった

です。

 

実際は何かしらあっても不思議

ではありませんが現段階ではわかりま

せんね。(;’∀’)

 

目だってわかるとすれば

借金。

 

こちらも実際あったかどうかわからないの

ですが、ケイトスペードは

2017年にコーチ(現タペストリー)が

買収しています。

 

条件等々、詳しくは調べてませんが

2016年頃から身売りの話があり

理由は株価の低迷による株主からの

圧力といわれています。

 

借金があったレベルまで業績が

悪化していたかはわからないの

ですが、株主が見過ごせないレベル

での業績不振であり、そのストレス

樽や相当のもの。

 

買収されてしまえば、以前のように

自分の思う様に会社を動かせない

事も考えられます。

 

そういったストレス等々が

引き金となった?とは考えられ

ないでしょうか?

 

またもし借金があるなら

アメリカで有効かはしらない

ですが、日本でよくある借金返済の為に

自ら命を絶つという選択の線も

なくはないかもしれません。

 

真実は本人の遺書などに

記されているかもしれません。

 

ケイトスペードの遺書の内容は?

 

真実をしる手段で一番確かなのが

本人の遺書。

 

そこに何が書かれているのか?

今現在、報道発表等はありません。

 

家族への最後の言葉が主に書かれて

いると思いますが、それ以外に動機に

なる事が書かれている可能性は

高そうです。

 

追記

「あなたのことをいつも愛していたわ。これは、あなたのせいじゃないのよ。パパに尋ねてね」

 

と言う内容の遺書が見つかったそうです

 

パパに尋ねてね。

何とも意味深な文言ではあります。

 

一体真の理由はなんだったのか?

夫からの発表はあるのでしょうか?

続報を待ちたいと思います。

 

まとめ

 

ケイトスペードは

アメリカのファッションブランドで

世界290か国に展開。

 

2017年にタペストリーが買収

自殺の理由は買収騒動による

ストレスではないか?と予想。

 

現在、ケイトスペードの遺書の

内容は公表されていません

 

続報あれば、追記していきたいと

おもいます。

 

 

 

最後までご覧いただき

ありがとうございます