ドーピング問題って

スポーツ界ではどうしても

切り離せない問題ですよね

 

こんちは!管理人のハバネロです

 

楽天のアマダー選手がドーピング疑惑で

引っかかりましたね

 

競技会ドーピング検査の対象選手

として検査にひっかかったようです

 

禁止成分はクロㇽタリドンと

フロセミド。

 

両方とも利尿作用がある

薬物とのこと。

 

この薬物について

  • 利尿作用以外の効果があるのか?
  • 一般の市販薬に含まれているものなのか?
  • ドーピングした後の成績は?

等について調べてみました。

スポンサードリンク

楽天アマダードーピング薬の効果は?利用作用以外になにが?
クロルタリドンとフロセミドは市販薬に含まれている成分?

 

これについて調べてみました。

利尿作用だけで禁止薬物になるって

どうゆうこと?

 

利尿作用以外の効果がなくても

禁止薬物を飲んでそれを体外へ出す

為にこの薬を飲んだと考えられる

為に禁止されていますが、利尿作用以外

の効果はないかみてみましょう。

 

クロルタリドンから見ていきます

 

クロルタリドンの効能

サイアザイド系の利尿剤

高血圧や心不全の内服薬として

用いられる。

 

とまぁ、利尿作用以外の効果は

無いようです。

 

しかし調べてみたらん?と思う

記述があります。

 

クロルタリドンの販売は中止されて

いるそうで、薬局での購入はできない

ようです。

 

そういったものを持ってる時点で

妖しさ爆発ですね。

 

では次の薬フロセミド

 

フロセミドの効果は?

こちらも利尿作用ですね。

上記の薬もそうなのですが

両方とも高血圧や心不全の

薬として血圧を下げる目的で

処方されるそうです。

 

利尿するとナトリウムと水分を

体外に排出するので降圧効果が

認められるそうです。

 

ふむ、となるとやはり

筋肉増強や興奮剤などを摂取して

それを体外に出すために利尿剤を

飲んだと考えられそうですね。

 

この成分、市販の風邪薬などに

含まれているのか?と思って調べて

みたのですが、ちょっと情報なし。

 

多分一般的な風邪薬などには含まれて

無いようですね。

 

専門的な治療目的での利尿作用での

降圧剤としてはあるようです。

 

さて、ではこの薬通販などで

購入可能なのか?調べてみたら

 

両方とも購入可能です。

 

日本では難しいかもしれないのですが

両方とも海外から輸入が可能とのこと。

 

その気になれば手に入れるのはたやすい

みたいですね。

 

というわけでどうやら禁止薬物の

排出を目的で飲んだとみられている

みたいですね。

 

他の薬についての報道がないのが

ちょいと気になる所ですが、高血圧

等の持病でもない限り飲まないと

思われる薬ですので黒なんでしょうね。

 

わざとではない可能性についても

見てみたのですが

ダイエットサプリなどの中に

利尿成分が含まれる可能性も

あるそうで、知らず知らずに・・・

という可能性もあるのですが、

 

実際アマダー選手も故意での接種は

ないとしています。

 

過失摂取ならサプリか市販の薬など

空になると思うのですが・・・

 

あとはハメられたか・・・でも

 

そこはプロとしてしっかり管理すべき

部分なのでやはりだめですね(笑)

 

ではドーピングの効果についてみて

みましょう。

 

アマダー選手の最近の成績は?ドーピングの効果あり?

4月 .187 4HR 9打点
5月 .176 1HR 3打点
6月 .364 4HR 13打点
7月 .304 11HR 17打点

これを見ると6月以降に

すっげー調子が伸びてます。

 

やはりドーピングの効果なので

しょうか?

 

そうだとすると、いったいどんな

薬を摂取していたのでしょう?

 

筋肉増強剤などですかね?

それで力任せにドカーン!

って感じでしょうか?

 

気になり処ではありますが

詳細は不明ですね。

スポンサーリンク

まとめ

 

楽天アマダー選手のドーピング検査で

引っかかった薬物2種の効果は

利尿作用以外の効果はほぼない。

 

元々血圧を下げる為にナトリウムと

水分を体外に排出させるために処方

される薬。

 

クロルタリドンは販売中止。

しかし両方とも、国外から通販可能。

 

ドーピングの効果とおもわれる

成績の急上昇も見られる。

 

いやー、なんか怖いですね

打率で倍近い効果があるとは・・・

 

そりゃドーピング検査するわけだ。

多分このまま解雇になる流れ

じゃないかな?とおもいますが

どうなるのでしょうか?

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました!