また怖い事件がおきました

こんちは、管理人のハバネロです。

 

こう言っては失礼ですが

青森と言う平和そうな田舎町で

起こった事件です。

 

事件のあらましから

手口に犯人像などを

推察してみたいと思います。

スポンサードリンク

青森商店女性殺害事件のあらましは?

19日午前8時半ごろ、青森市北金沢2丁目の商店経営、小山和子さん(79)方で、小山さんが倒れているのを知人が見つけ、110番通報した。小山さんは首にスカーフを巻かれ、腹から血を流して死亡していたといい、県警は殺人事件とみて、捜査を始めた。

一方、現場から100メートルほど離れた同市旭町1丁目の住宅では12日に、この家に住む菊地のり子さん(67)が死亡しているのを訪ねてきた妹が発見。司法解剖の結果、死因は窒息だった。首を絞められたような痕があったことなどから、県警が殺人の疑いもあるとみて捜査していた。朝日新聞デジタルより引用

と見ての通り、警察は強盗殺人と

して捜査を開始しているようです。

 

この事件のおきる一週間前に

およそ100mの距離で別宅

にて被害者が出ており、二つの

事件の関連性も疑われているようです。

 

二つの事件の関連性を見るうえで

2人の被害者に共通点はあるのでしょうか?

 

青森商店女性殺害事件の被害者の共通点は?

ネットでは詳しい情報はでてませんが

わかっている範囲では両方高齢者で

あるという事

19日の事件被害者は79歳

12日は67歳。

また第一発見者がそれぞれ

心配になって訪ねてきた

知人男性と妹と言う情報から

推察すると両方一人暮らしで

あった可能性が高いと思われます。

まとめると共通点は

  • 高齢者
  • 女性
  • 一人暮らし

以上の3点があげられると思います

スポンサーリンク

青森商店女性殺害事件の手口は?

 

現在出ている情報では

19日の事件では腹部の殺傷および

スカーフによる窒息?

12日は首に絞められた跡がある

事から絞殺と推定されています。

 

ただ19日の事件については

被害者が靴を履いたままあおむけ

の状態で玄関のこあがりに

上半身だけを乗せて倒れていた

という状態からみても

 

こっそり後をつけて被害者が

玄関から家屋に浸入したのを

確認後すぐに侵入。

 

そのまま犯行に及ぶという

所謂押し込み強盗の手口にて

犯行に及んだとおもわれます。

 

現時点では物品の盗難などの

情報は出ていないのでなんとも

言えませんが、物取りでないと

するならシリアルキラーの可能性

が高く、再犯の可能性もあり

一刻も早い逮捕が待たれます。

スポンサーリンク

青森商店殺害事件の犯人画像や動機は?

犯人についての画像はまだ逮捕

されてもいないので現時点では不明です。

 

では動機を考えてみましょう。

一人暮らしの女性宅に押し入る

訳ですから一番最初に思い浮かぶ

のが金品の強奪。

 

次に、もともと殺人を目的とした

犯行。

 

または、何らかの事情で争いが起きて

カッとなってしまったパターンなどが

上げられると思います。

 

物取りの場合は手口が押し込み強盗

と一緒なので殺害に及んだのは

抵抗された可能性が高いといえます。

 

もしくは顔を見られた為口封じに

殺害した事も考えられます。

 

もう一つはもともと殺人を目的と

した場合。

 

押し込み強盗でも同じことが言える

のですが高齢女性を狙っての犯行と

するならば犯人は

確実に力で勝てる相手を選んで

犯行をしているとも取れると思います。

 

そのために周到なリサーチを欠かさず

一人暮らしであるという事を知っている

人物像が浮かび上がり、ある程度の

住民の情報を持っている人物では

ないか?とも憶測されます。

 

となると本当に怖いですね。

こう言った事件が増えてしまえば

迂闊に住民の情報が出てくるのが

危険になり、同時に高齢者の

一人暮らしへの地域の支えが

情報を流さない事により希薄に

なる可能性も0ではないかも

しれません。

 

一刻も早い逮捕がまたれます。

スポンサーリンク

まとめ

青森商店女性殺害事件は

高齢女性の一人暮らしを

狙った犯行?

 

手口は押し込み強盗と同様の手口で

ある可能性が高い

 

動機は物取りか殺害目的の

可能性が濃厚。

 

顔画像などは現在は逮捕前

なのでなし。

 

被害者の共通点は

  • 女性
  • 高齢
  • 一人暮らし(可能性)

以上の事柄から

犯人は住民情報をしっている

人物の可能性がたかく地域にあ

かるい可能性が高い。

 

早く逮捕されるといいですね。

最後までご覧いただき

ありがとうございました!