こんちは!管理人のハバネロです

みなさんは浮気や不倫について

どう思いますか?

 

死をもって償ってほしいと

考える方もいるかもしれません。

 

そういった感情にながされた

殺人事件がアメリカサンディエゴで

あったことをご存知でしょうか?

 

今回は秋の特番として

『本当にあった(秘)ミステリー』

でその内容が紹介されるようです。

 

番組予告は以下。

 

米サンディエゴに暮らす地元の敏腕弁護士ダンとその妻は、誰もが羨む理想の夫婦。しかしある時夫の浮気が発覚し、離婚裁判が行われる。ダンの巧妙な作戦によって妻が圧倒的に不利な状況で離婚が成立し、彼は浮気相手と再婚。精神的に追い詰められたベティは、ダンと浮気相手を銃殺。全米を騒然とさせたこの事件。ベティを擁護する声が上がり、議論を巻き起こした。果たしてベティに下された判決は?

 

なかなかハードな内容ですね。

アメリカが容疑者擁護に走る

理由や事件の経歴に

ベティブロデリックの経歴など

調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

本当にあった(秘)ミステリー!サンディエゴ浮気略奪殺人の経緯は?

 

ざっくりと内容を紹介すると

 

ベティは夫のダニエル(ダン)と

4人の子供をもうけ、貧しいながらも

幸せに暮らしていました。

 

弁護士と聞くと裕福なイメージが

あるのですが、元々ダンは弁護士

だったわけではなく、

 

ベティの献身的な援助の上で

勉強して司法試験に合格します。

 

つまりそれまではダンの勉強の為に

身を粉にして働いていたベティ。

 

勿論育児も含まれ、ものすごい

負担だったことは言うまでもない

ことです。

 

そうして弁護士としての仕事も安定し

家庭は裕福に。

 

しかし仕事がいそがしくなると

仕事を家にもちこみ

家庭を顧みなくなる夫のダン。

 

徐々に夫婦の間に溝ができていくのを

感じており、次第にダンは弁護士の

 

仲間と良くつるむようになり、家に帰る

のが遅い日々がつづくようになります。

 

そうして二人の間の溝が深まるなか

ある日ベティは偶然ダンと見知らぬ女性が

喫茶店にいるのを発見してしまいます。

 

名前はリング・コルケナ、22歳。

不信に思い、女性との関係を尋ねた

所、新しい事務所のアシスタント

という。

 

やがて二人は不倫関係に。

 

ダンの誕生日にお祝いをしようと

思いダンの事務所に出向いたベティは

衝撃的な事実をしります。

 

夫のダンが自分自身の誕生日に

リンダとよろしくしていたそうです。

 

この事が逆鱗に触れ、ダンとベティの

関係は最悪なものに。

 

ダンは別居。

 

子育ての大変さなどを理解して

いないと感じていたベティは

ダンの元へ息子たちをおくり

 

子育ての大変さを知ってもらおう

と画策します。

 

しかし、これが下手となり

育児放棄の名目で

ベティから接近禁止令を

勝ち取ります

スポンサーリンク

ダンに子供を預けていたベティは

接近禁止令が出てる事もあり

 

子供に会えない日々に耐え切れず

強硬手段にでてしまいます。

 

家に押しかけ、接近禁止令を盾にする

ダンの新居に車で突っ込むという

暴挙。

 

さすがに器物損壊で逮捕となり

同時に離婚請求されてしまいます。

 

3年後、離婚が成立。

 

実はこの3年という時間もダンの

めんみつな作戦だったのです。

 

3年の間に自分の資産を分散

させて財産分与や慰謝料を減額

させたのです。

 

効果は絶大で本来払うはずの

9700万がわずか400万に。

 

離婚の同年、リンダと再婚します。

そのことを知ったベティはまた

嫉妬と憎悪にかられ、

 

留守電などに悪態を残す行動に

でます。しかしこれも法律に触れる

為にこれ以上すると訴えると

 

ダンから告げられると、最後の

一線を越えてしまう行動にでて

しまいます。

 

再婚と同じ年の11月5日に

ベティは娘からダンの家の鍵を盗み

銃をもってダンの家へ向かいます。

 

寝室に向かうとリンダに4発

ダンに1発発砲

 

2人とも致命傷となり死亡。

 

その後、ベティは自分がやったと

友人に相談後出頭します。

 

と、以上がサンディエゴで起きた

浮気離婚殺人の全容です。

 

うーむ、つらいですね。

支えてきたのが感謝されずに

限界がきたのでしょうか?

 

こんなんで殺すならわたし

5回はダンナやってるわって

声も聞こえてきそうですが(;’∀’)

 

辛さの耐性は人それぞれ

ですからね。他人には同情は

 

できても共感は真の意味では

ムリなのかもしれません。

 

では、今回の犯人、ベティ・ブロデリックの経歴など

について調べてみます。

 

2P目ではベティの経歴などについて!

2P目に続きます