1月30日の【一分間の深イイ話】でこの夏、大人気満員御礼となったアニメ、【君の名は】の宣伝部長(笑)

弭間友子さんが登場します。

番組の宣伝では深海誠監督とバトった末に売り出し方を勝ち取った模様などが写されていたりしてかなり芯の強い女性であると思われます。

そんな弭間友子について調べてみました

  • 弭間友子プロフィール
  • 弭間友子がとったウーマンオブザイヤーって?
  • 弭間友子と新海誠のバトルの理由は?

以上の内容でお送りいたします!

スポンサードリンク

弭間(はずま)友子プロフィール

http://style.nikkei.com/出典

  • 名前 弭間友子
  • 生年月日 1977年7月3日
  • 出身地 神奈川県

まずこの苗字がかなり独特ですよね。弓偏に耳ではずと読みます。なかなかお目にかかれない難読ネームですね。

大学は明治大学商学部を出ています。流石商学部というべきでしょうか?君の名はを大ヒットに導く為の基礎は大学時代に養われたのかもしれませんね。

大学在学中に、映画館などでアルバイトをしていたこともあり、卒業後は映画関係の宣伝会社レオ・エンタープライズに入社。

なんと当時すでに【ハリーポッター】や【A.I】などを担当していたことも。

その後、キャリアを重ねた後、2012年に東宝へ。

今までの実績を買われ、【映像事業部】の宣伝リーダーとして入社します。そもそも、この映像事業部はアニメ作品に力を入れる為に設立された部署で、弭間友子さんは以前も大ヒットアニメ【けいおん】を担当していました。その実績を買われての事と考えれば納得のポジションではないでしょうか?

そして、件の新海誠監督と出会います。君の名はの前作に当たる、『言の葉の庭』を担当。深海監督の作品の特徴としては、やはり圧倒的な映像美。この映像美を徹底的に売り込む為に、全国行脚もいとわなかったようです。その甲斐あって、こちらの作品もヒット。

そして今回の君の名はにつながるという訳です。おそらく、弭間友子さんの中では君の名はのヒットは目の前に見えていたのかもしれませんね。冒頭でも書きましたが、宣伝方法で深海監督とバトってまでこうすれば売れる方程式の様なものがはっきりと脳裏似焼き付いていたのかもしれません。

何はともあれ、結果君の名はは大ヒット。現在も記録を伸ばし続けています。

2P目はウーマンオブザイヤーについてと深海監督とバトった理由?