お盆二日目ですねー。墓参りは行かれましたか?

こんにちは!ハバネロです!

今夜放送の『結婚したら人生激変!〇〇の妻たち』

風見しんごさんの妻が10年前の事故について
激白されるようですね。

そこで10年前の事故のあらまし

次女のふみねさんが長女の名前を名乗った理由
に長男を生む決意をした妻の荒井昌子(大下尚子)さんいついても
調べてみました!

  • 風見しんごの妻荒井昌子(大下尚子)のプロフ
  • 10年前の交通事故とは?加害者はいま?
  • 風見しんごと荒井昌子の間に子供は?
  • 次女のふみねちゃんが長女を名乗った理由とは?

以上について調べてみました

スポンサードリンク

風見しんごの妻荒井昌子(大下尚子)のプロフ

風見しんごの妻荒井昌子(大下尚子)さんとおっしゃる方で

本名は大下尚子さん。

1967年7月20日生まれの50歳。

元ミスジャパンだったモデルさん。

その後は芸能界入りを果たし

映画にテレビドラマと活躍。

風見しんごさんとは1994年に結婚。

96年に長女えみるちゃん、2003年に次女ふみねちゃんを出産。
その後男児を一人儲けるも死産。名前はこころちゃん。

2007年に長女えみるちゃんを交通事故で亡くします。

スポンサードリンク

10年前の交通事故とは?加害者はいま?

今から10年前、自宅からわずか100mほどの距離の
道路で事故は起きました。

事故の内容は不注意による右折巻き込み。

しかもその場所は本来ならばスクールゾーンであり
トラックなどは侵入してはいけない場所だったそうです。

事故当時、自宅から近い事もありすぐに近所の方が
風見家にしらせに。

現場に到着すると3トンもの重さのトラックの下に
変わり果てた娘の姿に愕然としたといいます。

何とか周りの方の力をかり娘のえみるちゃんをトラックから
救い出すも、医者でなくとも瀕死の状態。

救助むなしく幼い命は絶たれてしまいました。

この事故の加害者は業務上過失致死罪で
実刑判決禁固年を言い渡されています。

当時23歳で庸車として花王ロジスティクスに
雇われていた時の出来事だといいます。

なぜ、入っていけない道を使いルートをくんでいたのか?
花王の配送時間に落ち度はなかったのか?など
当時も騒がれました。更に禁固2年の求刑を
不服として弁護側は控訴まで起こしていたそう。

これについても幼子を引いておいて2年で不服?
と世の中の話題になりました。控訴後の最終判決が
どうなったかはちょっと調べきれませんでしたが

大スポンサーである花王の介入があったのでは?
との見解をする人も多く芸能界の闇の部分との
噂もあります。

スポンサードリンク

風見しんごと荒井昌子(木下尚子)の間に子供は?

えみるちゃんとふみねちゃんの後に実はもう1人男子が
こころちゃんという子がいたようですが残念ながら
死産となっています。

現在一緒にいてるのはふみねちゃん。

もう来年は受験生ではないでしょうか?

じつはふみねちゃんはえみるちゃんが空へ旅立った後、
子供ながらに気丈にふるまっていたそうです。

その反面、ふいに

ふみね『おもちゃいらないから、きょうだいほしい。
できればおねぇちゃん』

と無邪気に親としては複雑な事もしゃべったといいます。

そして尚子さんが妊娠するとしると一番喜んでいた様子
だったのがふみねちゃんだったとも。

スポンサードリンク

がんばれと言った母の後悔

お腹の子が大きくなるにつれ、心配だったのが高齢出産であった事

羊水検査の結果、ダウン症であることがわかります。

しかし、長女のえみるちゃんが事故で苦しんでいるときに

『がんばれ!がんばれ!がんばれ!』としか言えなかったという
後悔の念もあり、ダウン症だろうがこころちゃんを産まないという
選択はなかったそう。

その後も前向きにダウン症の子を持つ親の元へ話を聞きに行ったり
していたのですが、残念ながら、妊娠8ヶ月で死産となってしまいました。

次女のふみねちゃんが長女のエミルと名乗った理由とは?
2P目にGO!