暑いですねー。

また日本の最高気温更新した

そうです。

 

こんちは、管理人のハバネロです

 

夏と言えば花火とかき氷と浴衣美女

といいたい管理人ですが

 

7月24日のセブンルールでは

夏の3大名物?の一つである

かき氷の店主に密着。

 

なにやら異例の経歴の持ち主

らしいです。

 

彼女の名前は伏野亜紀さん

彼女のセブンルールで紹介される

お店情報なども交えて紹介して

みたいとおもいます。

スポンサードリンク

セブンルールで紹介!かき氷店店主伏野亜紀のプロフィールや経歴は?

  • 名前:伏野亜紀
  • 生年月日:1984年~1985年
  • 年齢:34歳
  • 出身地:和歌山県

 

34歳とそこそこのお歳ですね。

結婚などされている情報な見当たらない

のですが、いい人いるのでしょうか?

 

余計なお世話でしたね(笑)

 

伏野さんはもともとスタイリストになりたくて

地元和歌山から上京。

 

夢に胸を膨らませていたと思います。

東京の美容学校を出たのかもしれません。

 

美容師として修業を積んでスタイリスト

としてひとり立ちできるようになった

矢先に膝を痛めてしまったそうです。

 

そんな折、彼女が思い立ったのが

自分の好きな物を仕事にする事。

スポンサーリンク

伏野亜紀がかき氷店を始めた理由とは?

 

「かき氷屋さんはおばあちゃんが営んでいるイメージから、長く続けていける仕事だと考えた。しかも好きなことで地元をアピールすることができるなんてすてきだと思い開業を決意した」

と地元のフルーツを使う

かき氷店をすることを決意します。

 

もともとかき氷が好きで

月に数万円も使うくらい食べていた

そうです。

 

うーむ、月に数万円。数万というから

には1万じゃすまないでしょうね。

 

一杯800円としても毎日たべて

24000円。。これは毎日食べてますね(笑)

 

そうして好きが高じて始めたかき氷店ですが

実店舗は間借りをしているそうです。

 

バー『マボロシ』さんのお昼時間を間借りして

営業していたそうです。

 

現在はこのマボロシさん、本当にマボロシに

なっています(閉店)(笑)

 

この業態だと色々と初期投資も抑えられて

はじめての開業にはメリットが大きいんですよね。

 

お店では地元和歌山のフルーツを

使った手作りシロップなどのかき氷や

チョコミントなど変わったものも

提供してるようです。

 

では三軒茶屋にある伏野亜紀さんの

お店【かき氷喫茶バンパク】の場所を

見てみましょう。

スポンサーリンク

セブンルールで紹介!伏野亜紀のかき氷喫茶バンパクの
場所やメニューにお値段は?

現在は夜はLIVE BARの

「三軒茶屋 Come Together」

営業している場所になります。

 

お店のバンパクの由来は大阪吹田市にある

万博記念公園から。

岡本太朗が好きだそうでそれで

バンパクにしたんだそう。

 

かき氷も爆発するんでしょうか?(笑)

 

営業時間はお昼の12時~18時

氷がなくなり次第終了とのこと。

 

また繁忙期の9月末までは

3名様以上での来店はお断りさせて

頂いてるようです。

 

より多くの方に食べて欲しいのと

オペレーション的に同時同卓が

難しい為でしょうね。

 

良い商品をお客さんに提供したい

思いが伝わります。

Twitterなどで限定商品も

配信してるみたいですが

 

条件として

  • Twitterのフォローと
  • 過去のお約束事を守ってる方

になります。

大人気店ともなるといろいろと

行列で近隣から苦情はいるんですよねー

 

それを少しでも解消する為に協力

してくれてるお客様への感謝としての

メニューともとれそうです。

 

ちなみにお約束事はこんな感じ。

 

開店前にお待ちいただく場合 【開店時間の10分前】 からお願いいたします。 時間になりましたらお店のドア前に一列になってお待ち下さい。 また近隣の建物前や歩道ではお待ちいただかないようにお願いいたします。 ご来店前には のご確認もお願いいたします。

お店の外でお待ちいただく際、看板にもたれかかったり腕や荷物を置くのはやめてください。 お願いを守ってお待ちいただけない場合はご入店をお断りしております。

また開店前も開店後もお待ちいただく際は、 ・大きな声での会話 ・階段に座る ・何かを食べる 上記を禁止としております。 暑い中お待たせして大変申し訳ありませんが順番にお静かにお待ちくださいませ。 よろしくお願いします

 

詳しくはバンパクからのお願いを

確認頂ければと思います。

 

まぁ普通にマナーよくされていたらOK

という事だと思います。

 

メニューについても色々あって

しかも旬のフルーツを使っている

ので結構季節でかわりますが

大体700円~850円ほど。

今の季節(7月)ですと

・紀州梅ヨーグルト
・マンゴーみるく
・マンゴー杏仁みるく
・チョコミント
・はちみつ檸檬レアチーズ
・苺みるく
・苺杏仁みるく

こんなラインナップですね。

 

どれもおいしそうです。

スポンサーリンク

まとめ

伏野亜紀はスタイリストだったが

膝を悪くしたために地元のアピールと

好きなかき氷を仕事にした。

 

お店は【かき氷喫茶バンパク】

三軒茶屋にあるライブバーの

お昼を間借りして営業。

 

全て手作りのこだわりのかき氷が

一杯1000円以下で食べられることで

人気。

 

地元の和歌山のフルーツをつかった

シロップや独創的なアイデアかき氷も。

 

以上最後までご覧頂き

ありがとうございました!「

 

かき氷の情報でしたらあの村上佳菜子が

絶賛するかき氷店情報も!コチラもおすすめです

村上佳菜子おすすめのかき氷の店は何処?場所や価格にかき氷愛やこだわりや月に何個食べる?【もしかしてズレてる】