またちょっと不可解な事故がおきました。

 

群馬で防災ヘリが墜落

9人の搭乗員が乗っていたそうです。

 

現在の報道では安否は不明ですが

画像を見る限り・・・・・

 

スポンサードリンク

群馬防災ヘリ墜落、搭乗員の安否は?

現在のところ8人が発見されています。

容態、生死についてはまだ不明なようですが

残り一人は以前情報が出てないですね

(8月10日16時現在)

 

乗組員は防災航空隊の4名と吾妻広域消防隊

の5名を合わせた9名。

 

いったいなぜこのような事故が起きた

のでしょうか?

スポンサーリンク

パイロットは?なぜ低空飛行を?

 

パイロットは東邦航空所所属の

天海紀幸さん。

 

5000時間を超える飛行記録を持つ

ベテランパイロットで安全面での

信頼も高い人物でした。

 

なぜ天海さんが操縦する

ヘリコプターがこのような事故を

おこしたのか?

 

不思議で仕方がないですね。

 

目撃者の情報によると

 

『手が届くと思えるほど低空で飛行していた』

『(ホテルの真上をつうかした)

何メートルとは言えないが機体の『群馬』の

文字が見えるほど低かった』

 

との証言があります。

 

さすがに手が届くは言い過ぎな気もしますが

文字が見えるというあたりホテルから

10m以内の高さで飛んでいた可能性が

高そうですね。

 

その高度で飛ばなければならない

理由があったのか?

スポンサーリンク

群馬防災ヘリ墜落はなぜ?病気や機体トラブル、天候は?

 

低空で飛ばなければならない理由として

一番最初に考えられるのが天候でしょう。

 

山岳地帯ともなると急な天候の荒れはつきもの。

上空で何らかの乱気流が発生してそれを

避けるために低空で飛行した可能性は

ないでしょうか?

 

しかし、天候を見てもそれほど荒天という

こともないようです。

他の理由があったのでしょうか?

 

ともなると、機体の整備不良や

パイロットの持病などが疑われてきます。

 

パイロットの天海さんは57歳。

持病が何かあった可能性はあるのでしょうか?

 

調べてみたところ、パイロットは例えば心筋症などの

操縦不全に関わる持病がある場合は不適合として

なれないそうです。

 

この事から考えても病気なら突発的な心筋梗塞など

持病と関係のない物だったのかもしれません。

 

一番可能性として高そうなのが今のところ

機体の整備不良。

 

何らかの理由で高度を保つことが難しくなり

低空飛行を余儀なくされた。というもの。

 

しかしこれも急に操縦不全に陥らない

限り、管制などに連絡が行くと思われます。

 

この部分がどうにも腑に落ちないのですが

今のところ一番可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク

長野県防災ヘリコプター『アルプス』の事件と酷似?

 

同じような事故が去年も起きてますね。

防災ヘリ『アルプス』が墜落。

 

こちらも『謎』の墜落事故として

しられています。

 

過去の記事をみてみたのですが

なぜ墜落したのか?

 

その理由について明らかにされた

記事が見当たらず、現在どうなったのか

も不明でした。

 

こちらの事故は画像データもあり

事故の様子がわかりやすい状態にあった

にもかかわらず、逆に不可解な行動を

とっていた事でより謎が深まって

いるようです。

 

今回の『はるな』もおなじように

原因不明になるのでしょうか?

 

また、このアルプスの事故以降は

ヘリには二人のパイロットを乗せる

ダブルパイロット製の導入が長野県では

なされています。

 

群馬県は導入していなかったのか?

危機管理体制について問題視されそうですね。

 

※管理人が調べきれてない可能性大

 

まとめ

 

群馬防災ヘリ墜落の原因は

天候・機体の整備不良・パイロットの不調

の可能性が高い。

 

また追加情報が出次第追記していきたい

とおもいます。

最後までご覧いただき

ありがとうございました!