• 關聖帝君・・・交通安全・商売繁盛・入試合格・ 学問←関羽さんです。
  • 玉皇上帝・・・国泰平安
  • 地母娘娘・・・除災・健康
  • 観音菩薩・・・解難・健康・縁談・安産
  • 福徳正神・・・金運・財産安全

四番目の観音菩薩さん。

インド仏教の流れをくむ仏さんらしいですが

こちらの横浜関帝廟にいてる観音さんは浅草寺から

譲られたものらしいですよ。

というわけで関帝廟に行けば上記の祈願ができます。

大体網羅してますね(笑)

参拝方法はこのように。

本殿内の主神・併神に参拝する方は、關帝廟境内の受付で線香・金紙を購入します。

5本の線香に火をつけて、本殿回廊にある1~5番の番号がついた香炉に順に線香を1本ずつ供えて身を清める。本殿に入り、中央に関聖帝君、左に地母娘娘、右に観音菩薩、右斜め後ろに福徳正神が祀られているので、順に参拝する。神前にひざまずいて合掌し、住所・氏名・生年月日を告げて、それぞれの神様に順に願いごとをする。(金紙は神様への金銭の献上と、願いが叶えられた時のお礼を意味しますので、本殿内の供物台に供え参拝後に境内にある金炉(金神紙専用の炉)で燃やします。)

本殿内に入り「玉皇上帝」・「關聖帝君」・「地母娘娘」・「観音菩薩」・「福徳正神」の順に参拝します。 各神明の前には拝礼台があり、膝をついて合掌し、住所・氏名・生年月日を告げて自己紹介した上で願い事を告げます。
「玉皇上帝」は、天空に住む神様でご神体がないため、横浜關帝廟では本殿内から南の正門に向かって参拝します。横浜関帝廟HPより引用
とのこと。ちなみに参拝グッズの価格は金紙は1000円線香は500円・・・・・高い(;”∀”)
これはご利益期待できそうですね(笑)
ちなみに線香が入場料代わりみたいなものらしいです。
別に入場券もあるそうですが線香かったほうがお得とのこと。
関帝廟のHPにお金にかかわる情報ないんですよねー。
トリップアドバイザーなどから情報集めてたので
最新情報は直接電話してみてください。(;”∀”)
スポンサーリンク

まとめ

関帝廟とは三国志の英雄

関羽を祭る廟で

ご利益は交通安全・商売繁盛・入試合格・ 学問

で安産とは関羽さん関係ない(笑)

でも観音菩薩さんがいてるので

安産も関帝廟は対応!

ドラマの成功は商売繁盛?につながるので

関羽さん頑張ってください!

以上最後までごらんいただきありがとうございました!