ドーピング被害者側に処分はある?

ドーピングをさせた加害者

8年の資格停止は決定のようですが、

被害者である25歳の選手に対して

ドーピングをしたという事実のみを

見ての処分はあるのでしょうか?

25歳の選手への配慮が気になりますね。

不問になるのか、はたまた何かしらの

処罰をうけるのか。。。

おそらくは事が事ですので

無いと信じたいですが、故意にない

にしても陽性反応がでた事で処分

受けるケースもあったようです。

過去に故意でないドーピング

スキーのクロスカントリーの選手が

13か月の出場停止処分を下された

例もあります。

この時は唇の荒れにつかったリップ

クリームに禁止薬物が入っており、

それを確認していなかったという部分

を叩かれた結果なんですが、この判断は

ちょっと物議を醸しだしましたね(;’∀’)

やりすぎ!かわいそうという声と

まだ処分が甘い!という声。

このスキー選手の場合は事前に確かめる

事は出来なくなかったからこういう声も

出ていたんだと思います。

管理人的には今回の25歳のドーピングは

未然には防ぎようのない事例で、

これを防ごうと思ったら、全て飲む前に

毒見しないとダメというムリゲーに

なってくるので、処分はないと思いますが。。

というか無しであってくれ!!という

おもいでいっぱいです。

追記~

やはり加害者は鈴木選手で被害者は

小松選手だったようです。

去年10月に暫定処分をうけていた小松選手

でしたが、処分無の決定がくだされた

ようですね。まぁそりゃそうですが

後日譚をみてみると

小松選手がドーピング発覚後最初に

に連絡をしたのが鈴木選手との事。

二人の仲は良かったそうです。

裏切られた小松選手の心中を

察するに悲しくなりますね。

五輪が狂わせた人間関係。

過ぎた欲は人を狂わせますね。

追記ここまで。

スポンサーリンク

まとめ

実はほぼほぼ鈴木選手で決定です。

色々調べている間にネット上の報道で

妻が五輪出場と書いてましたので(;’∀’)

いやはや。8年後40歳ですか。。。

しかも五輪となるともう二年増えるから

42歳。ちょっと厳しいですねぇ。

25歳のほうは多分小松選手と

おもわれますがこちらはちょっと

続報出ておりません。

なんにせよ、わざとでないから

寛大な処置??そもそも悪くない

んだから処置もくそもないんですが。。

ちゃんと気持ちよく五輪に出場

できるようにしてほしいですね。

最後までご覧いただきありがとう

ございました!