みなさん、夏は蚊に刺されますか?

大人気な管理人のハバネロです。

 

人の女子に群がられたい(´;ω;`)ウゥゥ

 

さて、気を取り直して7月17日放送

のマツコの知らない世界は

蚊!そうにっくきモスキート男爵

です。

 

今回の水先案内人は田上大喜君。

実はちょっと前に話題になった

スーパー高校生。

彼の研究こそが蚊なんです。

 

高校時代に発見した蚊の新たな

生態なんですが今現在は大学生の

はず。

 

この天才がどこに入学したのかも

気になります。経歴や大学に蚊に刺され

ない予防法や研究のきっかけとなった

妹さんの足のヤバさと画像なんぞ

あったらご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

田上大喜(蚊の研究)の経歴は?

田上大喜君はなんとシカゴ生まれの

帰国子女!父親の仕事の関係で

オーストラリアやシンガポールなど

転々と転校していきます。

 

中学生の時に日本に帰国。

京都の立命館宇治中学校へ。

 

高校は京都教育大学付属高校

と関西圏の人間なら

『おお~』となるエリート校。

 

なるほど、確かに天才です。

蚊の研究で話題になりましたが

この研究の評価は次代のノーベル賞を

とえれる人材を育てる為ともいわれる

科学の芽賞を受賞。

 

将来的には蚊の悩みから解放される?

とまで注目を集めたそうです。

その蚊の研究、妹さんとの

愛情深い物語がありました。

田上大喜の蚊の研究のきっかけは妹で
足の臭いがヤバい?画像はある?

田上大喜さんの蚊の研究のきっかけは

妹さん。

 

妹さんは蚊にアレルギーがあるそうで

人一倍赤く腫れてしまうそうです。

 

それに胸を痛めた兄は妹の為に

蚊の研究を開始します。

 

そもそも妹さんは他の人(家族)に

くらべて3倍も蚊にさされていた

そうです。シャア専用蚊刺されです。

 

そこである実験をします。

妹さんが刺される原因に匂いが

あるのでは?と推測した

田上大喜さんは妹さんの

衣類をそれぞれ蚊にかがせて

見たそうです。

 

帽子に始まり上から下まで。

すると、靴下に異常に反応して

本来一生涯で一回しか交尾をしな

かったと言われていた蚊が

複数回交尾を行ったとの事。

 

モスキート狂喜乱舞!妹の靴下

マジやべー!ってな感じだった

のかもしれません。

 

ん?靴下で反応するって足がくさい?

考えてしまいますよね(笑)

 

でも家族一足がくさいのは父親(笑)

妹さんの名誉の為にも大喜さんもしっかり

『妹の足はまったくにおいません』

と証言。

 

『嗅いだのかよ?』と突っ込まれそうですが

ここはスルーの方向で。

スポンサーリンク

取りあえずこの時解っているのは

『蚊が妹の足フェチである』という事実だけ。

 

ここからがすごいんです。

 

なんと妹を含む家族や友人の足の裏の

菌を採取して培養。

 

すると妹の足の裏にいる常在菌の種類が

人より多いことが判明。

 

常在菌の種類が多い人が蚊に好かれる

という事を突き止めたのです。

 

ここで疑問に思うのが常在菌の

種類が多いなら足クサんじゃね?

ってこと。

 

ちょっと調べてみたら必ずしも

そうではなさそう。

 

足の裏の臭いはエクリン腺

という汗を分泌する器官から

でた汗と皮脂が混ざり合い

それが常在菌の温床となって

臭うわけです。

 

何しか菌が増えて皮脂などを分解

した時に『イソ吉草酸』という

臭い物質を産むらしい。

 

で、妹さんが足の裏臭くないのは

菌の種類が豊富ではあるが

このイソ吉草酸の生成をあまり

 

行わない状態であると考える

のが妥当なようです。

 

菌の種類の多さと臭いは

比例しないっぽいですね。

 

しかも蚊の種類でも好みの

菌の臭いが違うそうで日本の蚊は

妹さんの足が大好きだったみたいですね。

 

他にも頭の臭いやオシリの臭いだったり

蚊ってかなりマニアックな臭いフェチ

だったことが判明しています。

 

別の意味で蚊に嫌悪感いだきそう

です(笑)

 

さて、そんな妹さん

お名前は千笑(ちえ)さんという

そうです。うーむめっちゃお顔とか

気になる。。。画像ない??

 

と思って調べてみたのですが

テレビに以前出演してたようです。

兄の研究で『妹の靴下が・・・・』と

話題になったら気になる人も多い

でしょうけど現在16歳。

 

靴下の菌で話題になるのは

避けたい所だったかもしれませんね(笑)

 

今時珍しいツインおさげですが

多分この子、化粧覚えたら

めっちゃ化けます。(笑)

スポンサーリンク

田上大喜の進路は?大学は何処?

さて、上記の蚊の研究は高校3年の時。

高校3年で菌の培地を用意したり

とすごいことしてますが受験大丈夫?

 

って感じですね(;”∀”)

となる時になる今現在の大学。

浪人してる可能性も0ではないんですが

何処に行ったんでしょう?

 

ちょっと調べてみたのですが

こちらは情報が特になし。

一部情報では医学部に進みたい

と希望をだしていたという話も

ありますが、最終的にどうなった

かは不明。

 

マツコの知らない世界で大学など

進学していたら明かされると思われます。

 

でも推薦とかありそうですよね(笑)

田上大喜の蚊に刺されない方法は?

こちらは至極簡単で足の菌の種類を

減らすことをすればOK。

  • アルコールでふく
  • 新しい靴下をはく
  • 足の指や裏を石鹸であらう

等を行えばOK.

また山椒や酢、ティーツリーオイル

なども蚊が嫌がる成分があるそうです。

今まで臭いで来ると思っていた

のに菌の種類で来るとは意外でしたね。

スポンサーリンク

まとめ

田上大喜は蚊の研究で科学の芽賞を

とった元スーパー高校生。

 

蚊が寄ってくる原因は足の菌の種類の

多さ。

 

妹は人より常在菌が多い為に

蚊に刺されていた。

 

蚊に刺されないようにするには

殺菌して菌の種類を減らすことが

有効的。

 

以上最後までご覧いただき

ありがとうございました!