カラオケしてますかー?

こんちは!管理人のハバネロです

 

8月1日放送のカラオケバトル

 

全員が初出場という楽しみな会

なのですが、こちらに出演者中で

一番かわいい女性(管理人基準)が

いますねー。

 

京都でトラフィックストッパー

つまり人の流れを止めるほどの

歌い手という二つ名をもつ

シンガーソングライター和紗さんが

登場します。

 

知ってます?この方?

 

京都では超有名な女性ですでに

事務所などにも所属してるみたい

なのですが、全然しらなかったので

しらべてみました。

 

京都のシンガーソングライター和紗さんの

経歴や歌の動画にライブの様子や

路上ライブの場所の情報もあれば

ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

京都のシンガーソングライター和紗の経歴は?本名は何?
可愛いけどハーフなの?

  • 名前:和紗
  • 本名:湯浅和紗
  • 生年月日:1989年7月2日
  • 年齢:29歳(2018年8月現在)
  • 出身地:京都

 

本名は醤油を連想したひとは

和歌山の人(笑)

湯浅と言う苗字のようです。

 

綺麗な顔立ちでどこか大陸系の血

が入ってるのかな?とおもったら

 

お母さんが中国と日本のクォーター

だそうで、いわゆるミックスって

やつですね。八分の一とは多分

言わないと思います(笑)

 

父もドラムをしており、母も長唄と

三味線をたしなんでいた影響で

必然的に音楽が身近にある環境で

幼少期を育ちます。

 

その影響か、小中と京都少年合唱団

に所属。京都市が発足させた割と

由緒ある合唱団ですね。

 

高校時代にバンドを始めます。

この時すでに作詞作曲を手掛ける

程の才女。

 

さすが両親が音楽関係のサラブレッド

といえるでしょう。

 

そして、京都の若者のメインストリート(笑)

木屋町通りでストリートライブをはじめ

ます。

 

ルックスの良さもさることながら

その歌唱力が高く評価され

京都のトラフィックストッパー

人の流れを止める者の異名をとる

ようになります。

 

かっこいいですね。二つ名(笑)

 

この年の夏にソニーミュージックに

デモテープを応募。

 

その縁でJUJUなどの作曲家で

もある川口大輔と縁がもて、音楽交流が

はじまります。そして共作スタート。

 

同時期に嶋村楽器主催のオーディションで

グランプリにも輝いていたりします。

 

2009年にソニーからメジャーデビュー

フジのテレビドラマ【逃亡弁護士】の主題歌

タイアップや、新海誠監督の短編映画

【誰かのまなざしへ】の主題歌提供。

 

2011年には皇太子殿下の前で歌ったり

もしてる実はすごい人。

 

その後、ソニーミュージックを辞めます。

辞めた理由は不明ですが、音楽の方針がちが

ったってやつですかね?

 

フリーに転向して京都を中心に活動中。

NYでも路上ライブ等にも挑戦してたり

する、意外としられていないけど

凄いシンガーソングライター。

 

とまあ、こんな感じです。

 

意外と2009年にメジャーデビュー

してたりと芸歴長い方だったんですね。

 

ドラマや映画のタイアップもされて

いたのも驚きです。

ではその歌声を見てみましょう!

スポンサーリンク

京都のシンガーソングライター和沙の歌声や動画は?

 

まずは新海誠監督の短編映画の主題歌。

幻想的な新海監督の作風によくあってますよね!

 

次は去年の夏に発売されたセカンド

ミニアルバムから。

 

 

イイ感じです。

 

最新アルバムからも一曲。

 

ではライブ情報なども見てみましょう

 

京都のシンガーソングライター和紗のライブ情報は?

 

こちらは和紗さんの公式HPやTwitter

などで随時発表してるようです。

 

直近では8月5日の京都の木屋町文化祭

のイベントで新京極でライブするようです。

 

 

その他にもどんどん予定が

発表されているので要チェックですね。

 

路上ライブについてはちょいと

情報がないのでもしかしたら路上は

卒業してるかもしれませんね。

 

今回のカラオケバトル。

ぜひ優勝して一気に有名になって

ほしいですね。別嬪さんですし。

スポンサーリンク

 

まとめ

 

カラオケバトルトップバッターの

京都のトラフィックストッパーは

シンガーソングライターの和紗さん。

 

本名は湯浅和紗

中国人とのクォーターを

母に持つミックス。

 

元はソニーミュージックに所属

現在はフリーミュージシャン。

 

以上最後までご覧いただき

ありがとうございました。