鉄道写真家の結解学さんをご存知でしょうか?

こんちは!管理人のハバネロです。

さて、今回の世界ふしぎ発見

台湾鉄道を巡る旅のようですね。

 

その水先案内人として登場するのが

鉄道写真家の結解学(けっけまなぶ)さん。

 

ものすごい珍しい苗字ですよね!!

気になったので彼についてちょっと調べて

見たいと思います!

スポンサードリンク

鉄道写真家結解学のプロフィールや経歴は?

結解学さんは1958年東京で生まれます。

大学卒業後はフリーのカメラマンとして活動。

鉄道や交通関係にが得意で、鉄道写真をしている

人の間では超有名人との事。

 

鉄道雑誌や電車を扱う広告等への寄稿

多く、知らない間に彼の作品を見てるかも

しれませんね。

 

結解と言う苗字も珍しいので調べて

見たら日本にわずか80人ほどしか

いない珍名さんでした。

 

なので同じ苗字の写真家、結解善幸

と言う方がいたのでもしや?

と思ったら案の定、ご兄弟。

 

5歳年上なんですが学さんもお兄さん

影響をもろに受けて写真家になったんでしょうね。

 

結解学さんは日本鉄道写真作家協会や日本写真家協会の正会員でもあります。

スポンサーリンク

日本鉄道写真家協会や日本写真家協会って?

日本鉄道写真作家協会(JRPS)は、鉄道写真をベースに活躍する職業写真家の集まる任意団体です。
1988年11月25日に設立以来、円滑な取材活動や写真作家活動を行なうとともに、会員相互の親睦と鉄道写真界の発展に寄与することを目的として、様々な活動を行なっています。

つまりは撮り鉄のエリートと言っても

相違ないと思います。

賛助会員(スポンサー的な奴)の中に

フジフィルムやキャノンなどの大手の

名前もある結構大きな組織ですね。

 

そしてもう一つの日本写真家協会とは

昭和25年に設立された写真家の職能と

地位確立のために活動を行っている公益社団

法人。

 

正会員1500人超を誇る、日本最大の写真家

組織です。

 

カメラマンなら当然の組織なんでしょうけど

管理人はそんな組織ある事すら知らなかった

です(;’∀’)。

スポンサーリンク

結解学の収入は?

 

結解学さんはプロの写真家。

収入は自身の撮った写真を雑誌や他の人の書籍に

使う写真をに買い取ってもらったり、ご自身の

写真集や書籍の出版などになります。

 

結解学さんの収入に関する詳しい情報は

ないのですが一般的なカメラマンの平均

年収は400万程度だそうです。

 

鉄道写真家としてはかなり有名でいろんな

方面からのオファーもある彼の年収は

それよりも上ではないでしょうか?

多分600万程度では?と推測します。

 

結解学さんの写真集は?書籍はあるの?

 

書籍に関して調べてみたら沢山ありました。

ただ、写真集と言えるものはなさそう(;^ω^)

 

写真と一緒に当時の情報などを記したものが

多いようです。ちょっと全部は掲載しきれないので

代表的な物をピックアップ!

 

伝説のブルートレイン全列車―
昭和の青い寝台列車パーフェクト

惜しくも廃車となってしまった憧れの

寝台列車ブルートレイン。

 

昭和生まれなら一度は子供ながら乗って

見たいと憧れた列車の魅力を伝えています。

 

テツは熱いうちに撮れ!

こちらは鉄道誌【鉄道ダイヤ情報】

に掲載されていた物の再編集版。

今ほど鉄道写真家が認知されていない

時代に取られた写真や記事を掲載。

 

エリート撮り鉄の歴史が垣間見れる

一冊になっています。

興味のある方はぜひ一度購入されては

いかがでしょうか?

スポンサーリンク

結解学は結婚してる?

 

写真家ってあまり結婚に向かない職業

な気もするんですよね。

多くの方はこだわりが強いので家族との

時間が作りにくかったりすると思います。

 

結解さんはどうなんでしょうか?

年齢的には子供や孫がいてもおかしくは

ない歳ですが・・・

 

ネット上の情報では配偶者情報はないですね。

まぁ、あまりそういう情報は流れない職業でも

ありますが、これについては全くの不明という

形になります。

 

もしお子さんやお孫さんいたら珍しい

苗字なので、身近に結解さんがいたら

もしかしたらお子さんやお孫さんかも

知れません(笑)

 

まとめ

結解学鉄道写真家

日本鉄道写真家協会

日本写真家協会の正会員。

 

大学卒業後にフリーのカメラマン

して活躍。鉄道や交通関係に詳しい。

 

苗字の結解は80名ほどしかいない

珍苗字。写真家・結解善幸は実兄。

 

年収は推定600万以上。

結婚の有無は不明。

 

以上最後までご覧いただき

ありがとうございました!