週刊誌に清國(伊勢ケ浜親方)夫妻の嘘の情報を流した近親者とは?

 

こちらは調べてみたのですが不明ですね。

 

wikiによれば夫人を追い出そうとした親方の近親者が週刊誌に捏造記事を売り、夫人の名誉を傷付け、さらに文京区白山の土地5億円を詐欺により詐取した。本事件は詐欺を行ったものが逮捕され、夫人の名誉も回復した。

 

とあったので清國側の近親者らしいのですが

 

特定までには至りませんでした。

 

 

 

ただ、詐欺事件にかかわっているとすれば

 

上記に記した親族、実妹夫婦がなんらかの

 

関わりを持っていると考えるのが妥当。

 

ですがこれについては詳しくわからず。

 

 

 

この報道の第一報はどうやら

 

週刊ポストらしく、清國(伊勢ケ浜親方)夫妻は

 

同誌に対して事実無根の報道をしたとして

 

名誉棄損で訴えています。

 

 

 

後報として文春などほか数誌に対して

 

は内容の精査の上で訴えるかを考える

 

といっていました。

 

 

 

 

結果どうなったかは不明なのですが

 

この問題は『親方夫婦は不仲』などと

 

嘘の情報を書かれた真理子夫人の為に

 

したそうです。

 

 

 

やっぱりちゃんと否定することも

 

大事ですよねー。

 

 

 

お二人も互いに支えあっている

 

というのがわかるエピソードですね。

 

真相は爆報ザフライデーで7

 

語られるかもしれませんね。

スポンサーリンク

爆報フライデーで語られた詐欺事件の真相は?

爆報フライデーでは

 

清國さんが洗脳されていたのでは

 

ないか?と言われていたそうです。

 

 

そんな中、週刊誌に清國親方に

 

麻紀子さんが酒を無理やり飲ましたり

 

部屋の金を使い込んでいたりと週刊誌に

 

報道されます。

 

 

もちろん事実無根の事。

 

 

さらに清國親方の様子も一変。

 

暴力的になってしまいます。

 

 

そんな家1992年の8月

 

親方が消息不明に。

 

 

警察にも連絡できず2日間が経過。

 

8月28日深夜。

 

 

何と麻紀子さんと息子が寝ていた時に

 

黒づくめの男が乱入。

 

 

息子を連れて行ったそうです。

 

そして息子の命と引き換えに

 

離婚を要求。

 

ドラマのようなことが起きたのです。

 

 

やむなく離婚をしてしまい、子供は帰ってきた

 

が離婚は成立。

 

 

その後5億円がだまし取られたそうです。

 

何故離婚を迫ったのか?

 

麻紀子さんは当時部屋の金庫番だったそうで

 

邪魔だったから離婚させた。

 

しかし清國親方も何故離婚をうけいれたのか?

 

 

それは清國親方は詐欺集団に隔離されていた

 

そうで、親方は女将が離婚したがっていると

 

思い離婚してしまったそうです。

 

この時親方は沢山酒を飲ませ、夫婦関係が

 

悪くなるようなことを吹き込んでいたそうです。

 

 

週刊誌のリークは詐欺集団によるもので

 

親方から麻紀子さんの信頼を消すために

 

したそうです。

 

離婚後も詐欺集団に見張られていたそうです。

 

そこで麻紀子さんは地方巡業で親方の

 

宿泊先を抑えていたので二人で会うことに成功。

 

親方の洗脳を解くために、売買契約が架空であった

 

などの資料を見せて洗脳を解いていったそうです。

 

そして、事の発端を記者会見で世に知らしめます。

 

そうして、詐欺事件が立件されて無事解決にいたったわけです。

 

詐欺罪だけでなく誘拐もしてるのでそれ以上の

 

罪になりそうですがそれについては立件されて

 

いないのか、表に出てませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

元大関清國(伊勢ケ浜親方)5億円詐欺事件とは

 

部屋の移転を巡りその土地売買にからむ

 

詐欺事件。

 

 

実妹夫婦の紹介の不動産業者と

 

後援会幹部が結託して同部屋を

 

5億円で売り払い、そのお金を

 

分割して行方を判らなくする

 

 

不動産売り上げランクなどで

 

信用させて言葉巧みに利用。

 

 

週刊誌に親方夫婦の嘘の情報を

 

売った近親者は不明。

 

 

うーむ、昔の事件で新聞しらべても

 

出てきたのは一個のみだったので

 

情報があまりない(;^ω^)

 

 

さらに突っ込んだことは

 

爆報ザフライデーの放送で

 

明かされるやもしれませんね。

 

 

最後までご覧いただき

 

ありがとうございました!