いやー、台風が迫ってきましたねー。

もうそういう季節になったんですね。
夏本番だー。

さて、夏にも負けない情熱を持った女性を
紹介する7ルール

今回はゴリゴリの男社会で奮闘する紅一点。

竹内舞子さんに注目

なんでも職人が集う家具屋さん

『KOMA』で働いていて、ゴリゴリ職人の親方

松岡茂樹さんに毎日しごかれているそう。
時には涙もうかべながら、必死にくらいつく
彼女の携わった家具について興味がでたので
調べてみました。

  • 女性家具職人竹内舞子プロフィール
  • 竹内舞子が働くKOMAってどんな所?
  • 竹内舞子が働くKOMAの場所は?
  • 竹内舞子が手掛けたかもしれないKOMAの
    家具の価格は?

以上の内容でお送りします!

スポンサードリンク

女性家具職人竹内舞子プロフィール

http://koma-shop.jp

  • 名前 竹内舞子
  • 生年月日 1993年
  • 出身地 東京都
  • 学歴 八王子現家具工芸学校

竹内舞子さんのご実家は3代続いた大工さん。

なので当然竹内舞子さんも工場などに遊びにいったり
していたのではないかと思います。

きっとカンナやノミやカタナなど、
現在使っている工具も割と身近にあったのでは?

竹内舞子さんは実家と同じ大工になる事はなく
興味を持ったのは木製家具。

手作りの木の家具を自分でつくるという
気持ちが多きなったのでしょう。

専門の学校に進み、その後は2013年に
KOMAのアルバイトとして参加。

翌年、正社員として迎え入れられます。

スポンサーリンク

竹内舞子が働くKOMAってどんな所?

一言で言うと家具職人集団。

女性は竹内舞子さんただ一人で
あとはゴリゴリの男子職人(笑)

代表の松岡茂樹さんは
若かりし頃から才能を開花させ

業界にはいった後、僅か3年で独立。
KOMAの前身となる『デザインワークスKOMA』を設立。

その後、共同設立者との別れと再会を経て

現在のKOMAを作る事になります。

KOMAの家具の特徴は、大量生産品ではないけど
一点ものでもない。

という事です。

スポンサーリンク

職人の手によって確かな技術で生産できる範囲の
物をしっかりと作る。

だからイケアやニトリなどとは一線を画した

一生モノの家具となるのです。

松岡さん曰く

『職人が手わざを尽くす家具』
『お客さんに向けてモノづくり』
『量産品とハンドメイドの一点物の中間』

つまり一点物に近いクオリティの量産品(生産効率に限りアリ)

という事ですね。デザイン自体は社長自らがほとんどおこなって
おり、それを基に、竹内舞子さんを含む家具職人の方々が
高クォリティな家具に仕立てているようです。

竹内舞子が働くKOMAの実店舗の場所は?

実売店舗の場所はこちら。

店舗住所 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-24-10 1F
店舗TEL/FAX 03-6383-5585
営業時間 OPEN 10:00 – CLOSE 17:00
定休日 水曜日、木曜日

2P目ではKOMAの椅子の価格など!2P目へGO!