1月10日放送の【マツコの知らない世界】で、累計1億7000万枚を売った男

90年代の名プロデューサー

小室哲哉さんが登場します。

マツコの何分の1くらいだろう?と言うほど線の細い小室さんと、マツコが共演と聞くだけで、ファンなら何が起きるだろう?なんとなくグダグダになる気もする?

といろんな方面で気になりますよね。今回は番組の予告動画に注目しました。

なんと、マツコが華原朋美の名曲。

マツコが番宣で【IBELIVE】を小室哲哉の伴奏つきで歌っているではありませんか!

華原朋美さんと言えば、小室哲哉と色々あった方です。そんな方に提供した曲となると、小室さんも本当はちょっと抵抗あったりするんではないか?と思い、なぜこの曲にしたのか勝手に検証してみたいと思います。

その本当の理由とは??

では最後までどうぞ!

ついでに番組内で暴露された木根尚人のエアギター問題はこちら。

http://siritype.com/kiene-1151

小室哲哉さん関係の記事はこちらもどうぞ

http://siritype.com/tmn-663

小室哲哉と華原朋美の確執

http://sp.tomomikahara.com/出典

90年代中ごろ、筆者は青春真っ只中ちょっと前でした。その当時、まさに世の中は小室ファミリーブーム、華原朋美、TRF、篠原涼子、安室奈美恵、Hジャングル、自身も参加したglobeなど、出せば売れるとはこの事で、テレビもラジオも彼らの楽曲を聴かない日がないほどでした。

そんなファミリーの一員だった華原朋美さん、なぜ小室哲哉のプロデュースを受けてデビューしたのか?なのですが、こちらは実は先に小室哲哉との交際が先だったようです。

イケイケ状態で頭角を現していた小室哲哉は華原朋美に猛烈アタック、その結果二人は恋仲に。そして大ヒット曲、【I’m proud】や【IBELIVE】を世に送り出します。

そうこうしている内に、週刊誌にすっぱ抜かれたふたり。

この時『アーティストに手を付けた』と揶揄されましたが、当の本人は

『恋人に曲を書いてデビューさせただけ』とぶった切りました。カッコええ(笑)

そして、二人の蜜月は続くかのように思えました。

結局二人はどうなったの?

その後、結局数年のうちに破局を迎えます。

もともと、小室哲哉さんは恋多き男。KEIKOさんの前にも既婚歴あります。

88年に元アイドルの大谷香奈子と結婚も4年後に離婚。その後は01年に吉田麻美さんと結婚。翌年に離婚、そして最後に同年02年に現在の奥様と結婚しています。

うーむ、小室さん手が早すぎやわ結局華原朋美さんの後に

そして、当時まだまだ若い華原朋美さんはかまってちゃん。もう私だけ見て欲しいともちゃんだったが、数ユニットプロデュースしている小室哲哉には構ってあげる時間がない。

当然不満は溜まり、両者の間に亀裂が生まれます。そうして、お互いに浮気をしておじゃんになりました。・・・・両方浮気したら喧嘩両成敗でいいんじゃね?

上記にも書いてますが02年に小室哲哉とKEIKOが結婚。その年に華原がリリースした華原が作詞をした曲『あきらめましょう』なのがファンの間ではその心象が計りかねないと話題になりました。

その後は華原朋美さんは自殺未遂に薬物依存と完全メンヘラ週刊誌にもよく見かけましたね。そして長期休止後、2013年にFNS歌謡祭で復活。正直なところヒットに恵まれているとは言い難い中、再度小室哲哉とタッグを組んで15年にシングル『始まりの歌が聴こえる』リリースします。

ふたりの関係は修復されてのか??

と思いきや・・・微妙かもしれません。その理由は次の段落で。

そんな関係の二人なので、その提供曲を弾くのも普通ははばかられるとおもわれるのですが、人気番組で引く理由とは?

イメージ回復??

マツコの知らない世界でIBELIVEを使った理由その1

小室哲哉と華原朋美がそろうとどうしても昔の関係が取りざたされてしまうので、あえて華原朋美の楽曲を小室哲哉がメディアに見せる事で、2人の関係(仕事として)をアピールしているのでは?

と考えると筋は一応通ります。申し訳ないですが、余りイメージはよろしくないですからねぇ。それを払しょくするために、あえて使った説。

マツコの知らない世界でIBELIVEを使う理由その2

単にマツコが知ってる曲だったから。(この記事執筆中まだ番組放送されていません)

こちらの線も捨てがたいですねぇ。マツコですからあまり曲に興味なさげですし。

マツコの知らない世界でIBELIVEを使う理由その3

実は上記の理由1にもかかってくるのですが、華原朋美にちょっとアピールしてる説。

上の2つ以上にかなり変化球よそうですが、華原朋美さんのオフィシャルサイトをご覧いただけたらわかるのですが、彼女のDISCOGRAPHYのページをご覧いただきたい。

普通はこの手のCDなどはリリース順に新しい物→古い物に流れると思うのです。ニューシングル売りたいですからね。

去年の5月20日に小室哲哉が作曲したシングル『始まりの歌が聴こえる』が普通一番上に来ると思うのですが、一番上に来ているのが5月11日リリースの『君がそばで』なのです。

深読みが過ぎると言えばそれまでですが、これは華原朋美が実はまだ根深く別れについて想ってる表れだとしたら?それを知っている小室が関係を改善するために、思い出の曲の露出をふやしているとしたら?

あな恐ろしや!

そんな華原朋美さんの現在

こちらは、16年の年末からいくつかのイベントなどを欠席するなど、心配な面もありました。

11月には『急性ストレス反応』との診断結果をもらっていたようです。

その後、ブログなどを見る限りは元気に回復しているようです。

1月14日放送の『炎の体育会』にも出ているようなので、順調に回復しているのかもしれません。

元気そうには見えますね。

http://lineblog.me/kaharatomomi/出典

まとめ

以上、筆者が妄想を膨らませながらも一応の筋を作ってみた仮説はいかがでしょうか?でも、もし小室哲哉が華原朋美との関係改善を求めてるとなると、現奥様のKEIKOさんの心中も穏やかではないのでは?とおもいます。

倒れられてから、まだ完全な回複されていないようなので、1日でも早いご回復をお祈り申し上げます。

追記

番組みたら全然関係なかったですねぇ(汗)

特にマツコが歌っていたわけではなく口ずさんでただけでした(笑)

ちなみに小室哲哉は華原朋美のシンデレラストーリーを作る為に作曲していたようです。

ちなみに小室さんの作詞にダメ出ししたみたいですよ。華原朋美さん。三曲目の『I’m proud』で(笑)

ヤラカシタ記事ですが、申し訳ございません!m(__)m

最後までありがとうございました!