3月26日放送の『行列のできる相談事務所』

根に持っている事スペシャルなんですが、今見てる最中です。

そこで山本彩が監督に7回取り直しさせられた事を根に持っていて口に出した言葉が

『何が正解やねん』と言う言葉だったそうで、それについて、

『俺もあるで』と告白。

どの映画かは言われてなかったので気になって調べてみました。

  • 宮迫がとり直しさせられた映画とは?
  • どんな映画だったの?

以上の内容でお送りします!

宮迫がとり直しさせた映画とは?

ぶっちゃけるとこれがそうだ!と言う確証はないのですが、

何回も取り直しさせられて、その結果みれば『何が正解やねん』と怒気を込めて言いたくなる作品はおそらくコレ。

『新造人間キャシャーン』

ご存知の人もいると思いますが、宇多田ヒカルの元旦那

紀里谷監督の作品。当時ものすごく安い(映像技術を使った割にですが)製作費でつくった事で一部では話題になった事もありました。

その作中で、宮迫は悪役の一人を演じます。

その登場シーンは汚水プールのようなところの中から目をあけて出てくるという物。

その取り直しはなんと

10回以上!

そうこうしてるうちに目から激痛が。

病院にいったら雑菌がはいり眼病にかかってしまいます。

それでもなお、『目をあけて出てきてほしい』と言われつづけたそうで、

流石にこれだけやらされると

『どれが正解やねん』と言いたくなるのでは?と筆者は推測。

後日『次あった時にどついてやろうと思っていた』と以前行列で激白してましたね。宮迫さん。

多分これの事かなぁとおもうのですがどうでしょう?

どんな映画だったの?

元はタツノコプロから放たれたテレビアニメ。

新造人間という不死身のサイボーグ?のようなヒーローが活躍するアニメだったのですが、紀里谷監督の実写映画ではちょっと違った感じでした。

変更点があまりにもアニメと実写で多すぎた為、原作知ってる人からの批判は多数(笑)

知らない人から見ても何をしてるか分らないというかなりの迷作。

宮迫の登場シーン見る為だけに借りてくる覚悟があればおススメします。筆者的にはかなりつらい内容の映画でした。

まとめ

宮迫が根に持ってる映画は多分『新造人間キャシャーン』

但し確証はないです。すみません。

映画としては残念ながらB級と言わざるを得ません。気になる人はどうぞ!

最後までご覧いただきありがとうございました!。