11月18日放送の【爆報フライデー】で世界最高齢のピアニスト

Mこと

室井 摩耶子さんが登場します。

業界人には有名な方ですが、一般的にはあまりなじみがないと思い調べてみました

 

室井摩耶子プロフィール

1412-1a

画像、文共にオフィシャルブログより引用

1921(大正10)年4月18日生まれの95歳。6歳よりピアノを始め、小学4年生から高折宮次氏に師事。41年東京音楽学校(現・東京芸大)を首席で卒業、研究科に進み、クロイツァー教授に師事、43年に修了。

初っ端からすごい‼御年はもちろん95歳

とても95歳には見えないとおもいませんか?しかも、東京芸大を

      首席

で卒業する才女です!

1945(昭和20)年1月、日比谷公会堂での日響(現・N響)ソリストとしてデビュー。終戦後、本格的にリサイタル活動を開始。サティやデュカスなど多くの作品を日本初演。

もうなんかね。時代の重さが違います。充実した20代前半を戦争に取られながらもずっと音楽を辞めないで続けて行かれたんですね。

そして日本に数々の作品を紹介することに成功されています。

1955(昭和30)年、大ヒット映画『ここに泉あり』に実名ピアニスト役で出演。

1956年、モーツァルト「生誕200年記念祭」に日本代表としてウィーンに派遣される。同年、第1回ドイツ政府給費留学生に推挙され、ベルリン音楽大学に留学。ベルリンを拠点に、ハウザ-教授、ロロフ教授、ケンプ教授に師事し研鑽を積む。

その後もますます研鑽を重ねて認められていってますね。戦前の女子にとっては憧れの存在だったのではないでしょうか?

1960年、世界最高峰ケンプ教授の推薦でベートーヴェンを4曲並べたリサイタルをベルリンで開催。まれに見る好評でヨーロッパにおける地位の第一歩を築いた。以降、海外13カ国で演奏を重ね、日本国内より国外に於いて名声を高め、64年にはドイツで出版の『世界150人のピアニスト』として紹介される。レパートリーは、ケンプとロロフ直伝のベートーヴェンを主軸に、シューベルト、バッハ、ブラームス等を得意とし、その深い解釈には定評がある。

ベルリンでのリサイタルが世界への足掛かりになったのでしょうか?まれに見る好評というのは、よほど素晴らしい演奏だったのでしょう。

得意な楽曲は師匠譲りのようですね。師から弟子に・・・室井さんのお弟子さんもやはりベートーヴェンが得意なのでしょうか?

1980年帰国後も、日本を代表する名演奏家として活躍。その円熟した演奏は評判高く、80歳を超えピアノコンチェルトも協演。井上道義指揮、02年東フィル(東京オペラシティ)、06年10月神奈川フィル(神奈川県立音楽堂)と、満員の聴衆に深い感銘を与え、各方面より絶賛を博す。

ピアノ演奏など、体力を非常につかうが80超えても演奏している姿は人々に勇気と敬服の念を与えたでしょうね。俺も頑張らなきゃって気になりそうです。

 

その後もまだまだ研鑽を積んでその技に磨きをかけているようです。

こういった方なら死ぬまで現役宣言してもだれも疑わないですね。

ではここで室井さんのエリーゼの為にを聞いてください。

出典youtube

素晴らしいですね。

 

健康と美貌の秘密

それは週6でたべる肉に秘密があるようです。

留学中のドイツで現地の女性に対抗する為にはどうするか?と考え、そこで肉を食べた時と食べてない時の集中力の違いに気付き食べる事に。

肉も鶏や豚よりやっぱり牛!

しかも品質のいいものほどパワーが供給されるのだとか

体にいいものは大抵財布に悪い・・・これも真理ですね(笑)

加齢を気にしない

これを見た時、

なるほど!

と納得してしまいました。

室井さんの見た目とても90歳を超えてるとは思えません。

この若さと美貌の秘訣は気にしないことだとは!

室井さんがそういうならそうとしか考えられませんね。実際そうなんだもん。

他にもチャレンジ精神を忘れないとか興味をもつとかあるようですが、いつまでも若くいる秘訣垣間見れた気がしますね。

 

最後に

如何でしたでしょうか?じぶんが95まで生きたら同じように立派になってる自信はないですが、見習って頑張ろう!と言う気分にさせてもらえた気がします。

最後までありがとうございました!