こんちは!管理人のハバネロです

 

皆さんはオネエすぎる僧侶として

一時有名人になった人

 

水無昭善さんをご存知

でしょうか?

 

週刊誌に掲載されてから

ぷつっとその活動を停止

していたのですがその理由は

 

なんと【オネエ僧侶絶遠事件】に

よるものだったんだそう。

 

ちょっと気になりますねー

という訳でネットで噂などから

調べてみた。

スポンサードリンク

オネエ僧侶絶遠事件の水無昭善とは?

水無昭善さんは高野山の僧侶にして

スカイコーポレーションに所属

していたりした人物。

 

笑っていいとものコーナー

にて【オネエすぎるお坊さん】で

募集をかけたところ、

 

水無昭善さんただ一人

来たんだそう。

 

その僧侶という職業と

オネエ口調のギャップが

瞬く間にお茶の間で話題と

なり一躍人気者になります。

 

後述しますが、【オネエ僧侶絶遠事件】

にて一度は師匠から高野山を破門されて

いますがその後和解して僧籍は

復籍されたそうです。

 

ではオネエ僧侶絶遠事件についてくわしく

みていきましょう。

スポンサーリンク

水無昭善が破門!オネエ僧侶絶縁事件とは?週刊誌の内容や寺院はマンションの一室?

 

実は笑っていいともに出演した後

多数のメディアに出演するようになった

水無昭善さん。

 

当時からすでにネット民の

間では『寺の存在がない』

『高僧でもない』などと

噂が絶えなかったようです。

 

それに目を付けたのか

週刊誌にて取材が行われ

その結果、

 

  • 高僧でない
  • 久慈市天神堂にあるという寺院がない虚偽の疑い
  • 相談が霊視によるもので高額トラブルに

という内容で報じられています。

 

週刊誌の記事によると

本堂は岩手の久慈市ですが

東京道場が高級マンションの一室に

ありそこで相談をうけていたんだそう。

 

1時間三万円の高額相談で

さらに数回通わないと見ない

などだったんだそう。

 

岩手県にあるという水無さんが

住職を務めているはずのお寺も

地元民は誰も知らず

その地域に該当するお寺がない。

 

そもそも高僧と謡っているが

高僧ではない。(阿闍梨の位を

持っているという情報もあった

のですが高野山真言宗での

阿闍梨の位とは普通の一人前の

僧侶が持つ最低限の資格の事)

 

ふむ、週刊誌のいう事だから

真実かどうかはわからないのですが

まぁまぁ良い印象は受けない

記事だったようですね。

 

私見ではあるのですが

久慈市の寺院云々については

東京道場と同じくマンションの

一室などを寺院としていた

可能性もあるかも・・・

 

と思ってみたり。さらっと

調べたら高野山の許可が

あれば『非法人教会』として

可能っちゃ可能の

ようです。

 

これらの内容もそうですが

2013年の夏以降、水無昭善さんへ

匿名の人物から誹謗中傷や出版

各社に対して匿名で誹謗中傷

販売停止を求める妨害行為が

あったんだそう。

 

この妨害行為によって水無さんの

師匠との関係に亀裂が入り

破門となったんだそう。

 

水無さんへの誹謗中傷や妨害行為で

なんで師匠が破門にしたんでしょうか?

 

やはり高野山の看板に泥を塗る行為と

判断したんですかね?

 

その後、師匠と会談する機会を

設けて誤解をといて復籍の手続きを

完了したそうですが。。。

 

どういった誤解だったのか?

気になりますね。

 

元々の誤解のの内容は

2012年の週刊誌の報道の

僧位の虚偽や高額の霊能相談

自寺院の有無の虚偽

 

等だと思うのですが、

これらが誤解ではないという

事だったんでしょうか?

 

と思ってブログを詳しく

見ていたらありました。

 

「いつも水無昭善を応援して戴きまして、ありがとうございます。

本日は皆様に長期ブログ休止と高野山真言宗金剛峰寺復籍の件についてご報告申し上げます。

事の始まりは2013年夏以来、ある人物による水無昭善への誹謗中傷行為及び、出版各社に匿名で水無を誹謗中傷、販売中止を求める電話を執拗にかける、また事実に基づかないデタラメな内容のチラシを作り配布し、水無の講演が行われると講演主催者やその地元警察署にまで電話を掛け、公演中止を求める等、行き過ぎた妨害行為がありました。

また、この人物は昨春、水無と高野山の師匠が離弟関係に至ったことを取り上げ、チラシやネットを通して「高野山を破門になった偽坊主」と騒ぎ立てました。しかしながら、この様な事実無根の話を作り上げ、師匠と水無の師弟関係を破綻させ、更には離弟にまで追い込んだのは他ならぬこの人物なのです。

自らを特定されぬ様、非通知電話、匿名郵便物等を用いていますが、我々は既にこの人物の所在を関東圏のある地域に特定しており、今後更なる迷惑行為を続けるならば必ず法的手段に訴え、厳正に対処する所存です。今現在は、弁護士を通じて警視庁に相談継続中と成っております。

過日水無は弁護士と共に高野山にて現・師匠(伝燈大阿闍梨)と会談し、離弟の件は行き違いと誤解によるものであったことが相互に確認され、事実を知った師匠は早急に高野山真言宗金剛峰寺にて「復籍」の手続きをして下さいました。
一度は離弟にまで至った師弟関係は、上記のとおり完全に回復しております。

皆様にご心配とご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。

今後とも水無昭善のブログの閲覧、応援を宜しくお願いします。」

引用:https://ameblo.jp/shozen-mizunashi/entry-11988952837.html

 

ブログの内容を見る限り

どうやら破門になるように

上記の人物によって仕組まれた

とありますね。

 

師匠の水無さんへの心証が

悪くなるようにいろいろと

騒ぎ立てた結果として

誤解が生まれて行き違いが

あり破門になったようです。

 

 

スポンサーリンク

水無昭善は霊能力者?霊能商法だったのか?

 

あと、高額相談でトラブルと

ありましたが、霊視をちらつかせる

など霊能商法だったと報じられて

いたようです。

 

霊能商法で一回3万だと

割と普通だなぁーと思えて

しまうのが霊能商法の怖い所。(笑)

 

さて、となるといわゆる

霊能力者だったのでしょうか?

 

著書によると霊が見えて

ソッチ系の相談も多数こなして

いるんだとそう。

 

こればっかりは本人にしか

わからないとおもうのですが

テレビでみる感じでは

霊能力者って雰囲気では

ないですね。(笑)

 

もしかしたらここら辺も

破門理由になってるのかも

しれませんね。

 

高野山も仏教なので

輪廻転生の概念はあると

思います。

 

となると霊の存在は肯定

しているはず。

 

その霊を食い物にしてると

判断されたのなら破門も

やむなしって感じでは

あるとおもいます。

 

でもここも週刊誌が報じて

いるだけで、僧侶である以上

は霊に関する説法もする必要は

あったと思います。

 

個人での判断はつかないですが

水無さんの場合はちょっと

メディアに取り上げられた

がゆえに出る杭は打たれたって

感じがしますね。

 

水無昭善の今現在は?どこで僧侶をしている?

 

活動的なものでみられるのは

アメブロでしょうね。

 

2017年3月から一年間放置

していたブログを

今年の4月から再開。

 

具体的に何をしている

のかはわからないのですが

箱根にいったり浅草寺に

参ったりしてるようです。

 

豪華な船盛の刺身をたべたり

もしてるのでお金にはあまり

困ってない?と感じてしまいますね

 

爆報で何か情報あったら

追記しておきます。

 

 

まとめ

 

水無昭善の『オネエ僧侶絶縁事件』

とは2012年の週刊誌報道により

端を発した事件。

 

水無昭善の寺院の場所や

高額相談に僧歴の詐称など

から誹謗中傷や書籍の

販売中止を求める妨害行為が

多くなり、結果として

師匠との関係が悪化して

破門となった。

 

その後復籍されている。