THEミーツとしてHHKの料理番組今日の料理に出演中の大宮勝雄シェフについてしらべてみました。

大宮勝雄プロフィール (プロフィールはHPより参照)

omiya-chef名前
大宮 勝雄

1950年東京浅草生まれ

18歳で叔父の影響により料理人を目指し、フランス料理店で修行を始める。

26歳でニュージーランドにてホテル内レストランのスーシェフを勤める。

28歳の時にヨーロッパを車で周遊。

26歳から2年間ほどニュージーランドで働いてらしたようですね。スーシェフというのはいわゆる2番手。セコンドともいったりします。シェフの右腕のポジションですね。

イギリス、フランス、ギリシャ、モロッコにて地方料理を学ぶ。

上記の国の地方料理を学ばれているからフランス料理だけでなくいろんな国のエッセンスをふくんだ【洋食】店を運営できているのでしょうか。

帰国後フランス料理店「ラ・テール」にて南フランスの『ロアジス(L’Oasis)』

ラ・ナプール出身のシェフであるジェラール ジョルダン氏のもと師事。

チョットわかりにくいかもしれませんが、南フランスにあるラ・ナプールという所のロアジスというレストランのシェフに師事されたようですね。

ちなみに現在ロアジスはミシュラン2つ星です。

30歳で、東京赤坂でそば粉のクレープ店「マスタード」を開店させるが翌年には閉店。

そんなシェフでも一年足らずでお店やめてしまっていますね。理由はわかりませんが、早すぎたのでしょうか?今でこそやっと都市部でガレット(そば粉のクレープ)が通じるようになってきたくらいなので、当時は攻めに攻めた業態だったと想像されます。

そして1982年32歳で現在の「レストラン大宮」と「パティスリーOmiya」を地元の浅草にて開店。

そのわずか二年後!に現在のレストラン大宮をオープン。流石ですね。周りからも信頼されているからこそのスピード復帰です。

洋菓子店は閉店したものの、25周年を迎えた2007年

57歳にして東京・新丸の内ビルディングに2店舗目を出店

ん?2007年で57という事は今現在65歳ですね。お若い!

大宮シェフの得意料理は?

番組内でもあるように肉料理全般が得意なようです。

レストラン大宮のHPから少し肉料理だけ乗せてみました。

ポークソテージンジャーソース(大宮オリジナルソース)
Porc sauté souce au gingembre
¥1,800
仔羊のグリエタイム風味
Carrés d’agneau grillé au thym
¥2,570
ビーフシチューマデラソース
Ragoût de bœuf sauce madère
¥2,700
タンシチューマデラソース
Ragoût de langue de bœuf sauce madère
¥2,830
ビーフストロガノフ
Bœuf Stroganov
¥2,900
黒毛和牛のロースステーキ
Entrecôte de bœuf(bœuf d’élevage japonais)
\3,900
(100g)
\7.080
(150g)

すごくスタンダードな料理ばかりですが、基本的な料理ほど腕の差がよく出てしまう物。

よだれがでそうです。・・・でも世界旅した地方料理とかないんですかね?クスクスとか。

もしかしたらその日の日替わり的なもので出されているのかもしれませんね。

シェフのスペシャリテ

大宮に食べに行ったらこれは食べたい!食べなきゃ!という至極の一品がこちらです。

厚切りのフォアグラ

匠の技の薄切り酢山芋

バルサミコ風味のソース

日本のモンブラン・・白米!

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-5

出典食べログ

そう

フォアグラ丼

一度食べると病みつきになりそうな贅沢どんぶり。浅草までいったらぜひ食べてみてください。

一口たべると濃厚なフォアグラの味わいと香気が鼻腔に抜け、甘酸っぱいバルサミコと白米が絶妙のコンビネーションで貴方の味覚を刺激しまくるでしょう!そして上にしなやかに乗ったクレソンを口直しにかじればその苦みが口の中をリフレッシュさせて二口目へと誘う事まちがいなし!

まとめ

得意料理は肉料理でレパートリーはお店に出されてる以上豊富にあるようです。今日の料理必見ですね。

またお店の場所はこちらになりますhttp://0038.info/(大宮のHPにとびます)

そしてぜひスペシャリテのフォアグラ丼をお楽しみください!

 

最後までありがとうございました。