まず、この地震で亡くなれた

方のご冥福をお祈りします。

 

いやびっくりしました。

会社ついて仕事しようと思った

矢先の震度6。

 

こんちは管理人のハバネロです。

 

会社休みになってしまいました

(´;ω;`)ウゥゥ

 

それはさておき、

今ネットでは

 

地震雲が話題になっているようですね

大阪地震の前日にみられていた

と言う地震雲。

 

今回の地震と関連性があるとされて

いますが地震雲とはどんなもの

なんでしょうか?

 

また、この地震がイタリアの預言者

ジュセリーノの21日に起こるという

大地震の余震では?と言う声もでて

います。

 

地震雲とジュセリーノの預言について

調べてみましょう。

スポンサードリンク

大阪地震の前日に地震雲。地震雲って?

 

地震雲はその名の通り

地震の前兆に発生すると考えられて

いる雲。

 

概ねは太い帯状の雲の形を

さしていう事が多いそうです。

 

こう言ったものですね。

 

大阪で多数観測されていた

ようです。

やはりみんな気になってたん

ですね。

コチラは大阪市会議員の

川嶋広稔議員のFacebook投稿。

ドンピシャで当ててます。

 

さぞかしびっくりしたでしょうね。

 

後のコメントでは

大阪で最大震度6弱の地震。みなさま、身の回りの安全確認、ご家族ご近所などの安全確認、情報収集などにつとめて頂き、そして余震に備えてくれぐれもご注意ください。被害が少ないことを祈るばかりです…。

 

とりあえず、区内、市内を車で回りましたが、私の見える範囲では大きな被害を確認することはありませんでした。あと、地下鉄がとまったことで、地下鉄駅の地上付近には多くの人が留まってられましたし、徒歩で職場に向かう方も沢山おられました。まだまだ混乱が続くと思われますが、あわてず落ち着いて行動をとって頂きたいと存じます。

しかし、昨日の雲はやはり地震雲だったのでしょうか…。

とされています。

ここまで当てると地震雲の信ぴょう性

ましますよね。

 

では地震雲は本当にあるのか?

についてしらべてみます。

スポンサーリンク

地震雲は本当にある?地震との関連性は?

こちらは気象庁の発表では

『関係性はなし』と一応は結論されて

いるようです。

 

しかしながら、自然の事なので

まだメカニズムが解明されていない

だけで全くないとも言えないのが

正直なところのようです。

 

そもそも雲という大気中の水分などが

起こす現象を地震という大地の現象で

起こりえるのか?を考えてみても

得心のいく答えは出なさそうです。

 

気象庁でも

日本における震度1以上を観測した地震(以下、有感地震)数は、概ね年間2,000回程度あり、平均すれば日本で一日あたり5回程度の有感地震が発生していることとなります。震度4以上を観測した地震についても、最近10年間の平均(2011年と2016年を除く)では、年間50回程度発生しています。このように地震はいつもどこかで発生している現象です。雲は上空の気流や太陽光などにより珍しい形や色に見える場合がありますし、夜間は正確な形状を確認することができません。形の変わった雲と地震の発生は、一定頻度で発生する全く関連のない二つの現象が、見かけ上そのように結びつけられることがあるという程度のことであり、現時点では科学的な扱いは出来ていません。

として、地震が起きた時に

偶々奇妙な雲が空を覆っていた

と考えているようです。

 

たしかに日本には昔から

観天望気という生活の知恵があり

ますし、言い伝えや禁忌事項など

は過去の災害の経験から結び付け

られた事象も多いと思います。

 

例えばお盆時に海で泳いだら

連れていかれるとかですね。

 

これは盆の時期は海が荒れる

土用波が起きやすい為海難事故が

多くなったことから言われてきた

事とされています。

 

いくつかは科学的根拠も

見いだされてますが、迷信止まりに

なっているものも少なくないです。

 

地震雲も現時点では科学的根拠

のない迷信の類であると考える

のが妥当かもしれませんね。

スポンサーリンク

預言者ジュセリーノって?2018年6月21日の東海地震は?

お名前はジョセリーノ・ダ・ルース

ブラジルの予知夢で予言をする

有名な予言者です。

 

過去には911テロや

ダイアナ妃の死に四川大地震

等を的中させているらしいです。

 

その彼が今から10年前に

とあるテレビ番組で今年の

6月21日に東海地方でマグニチュード

10,6の大地震が起きると予言。

 

今回の大阪地震はこの予震では?

と考える人も出てきているそうだ。

 

過去のジュセリーノ預言は

当たっているものもあれば

外れているものもある。

 

預言の仕方が予知夢をメモに

書き起こすという手法であり

一晩に複数夢をみることもある

そうで、その為若干の誤差がうまれ

ている可能性も否めないかもしれない

のだが、悲惨な予言はぜひ外れて

欲しいですね。

 

この情報を見ていて同時に

Facebookで発見したコメント

なんですが、東日本大震災の時も

2日前に前震があった。

 

そのことになぞらえて

今から最悪の準備をしておく

事も必要だと警告を促す人も

出てきているようです。

 

確かにあってからでは遅い

その方も、それを危惧されて

いるようです。

 

今回の大阪地震が東海地方の

大地震預言の前震である可能性は

今のところ低いそうです。

 

南海トラフに関わるとの見方も

強まっているようで実際

何処でかかわっているかは

正直わからない状態でしょう。

 

かつての大地震が起きる前に

中規模地震が頻発していた

過去もあり、今回の大阪地震が

南海トラフに関係がある

可能性があると考える

専門家も多いようです。

 

大阪地震から向こう1週間は

余震に警戒が必要なので

しばらくは安心はできない

状態になると思います。

 

変に情報を出すとパニックに

なる恐れもあるので何とも

いえませんが、政府の偉い人が

東海近づかなくなったら

ヤバいかもしれませんね

スポンサーリンク

まとめ

地震雲と地震の直接的な

関係は今のところメカニズムは

解明されていない。

 

預言者ジュセリーノの2018年

東海大地震の預言の前震が

大阪地震である可能性は

断層などの関係から低い。

 

しかし0ではないので

向こう一週間は警戒が必要・

 

以上最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

預言外れろ!