いやー、ハイエンドって

言葉そそりますね。

 

究極っていいです。

管理人のハバネロですこんちは!

 

さて、5月27日の

所さんお届けモノですでは

番組予告にて究極のすき焼きとは?

 

との見出しが!!

 

でもこれ、実は主役はすき焼き

じゃなくてその中に入ってる

しらたきが究極っぽいです。

 

さらに見てみると何と

400gで一万円もする

究極な値段!

 

高すぎる?それとも妥当?

究極のしらたきの通販や

お店の場所に店主さんについて

調べてみました。

スポンサードリンク

所さんお届けモノですで紹介の
究極のしらたきの職人は佐々木信也!

コチラが佐々木信也さん。

群馬県下仁田で50年以上続く

老舗蒟蒻専門店の店主。

 

群馬県で最初に認定された

蒟蒻づくりの指導者でも

あります。

 

群馬県の蒟蒻の神といっても

過言ではないでしょう。

 

彼の蒟蒻は昔ながらの伝統

製法の為、量産が効かない反面

食感や風味が抜群で高級料亭

などにも卸しています。

 

もしかしたらあの星付きの

お店も使ってるかもしれないですね。

スポンサーリンク

所さんお届けモノですで紹介!
佐々木蒟蒻店の究極のしらたきと大量生産品の違いは?

やはり手間暇かけて作る事。

この一点に尽きると思いますね。

 

『物事は決して同じではない』

と言う考えの元、日によって違う

湿度や温度に材料のコンニャク芋

 

の状態を見極め、達人自らが

経験を頼りに職人の感覚で微調整

することで、抜群の食感や風味が

現われるのです。

スポンサーリンク

所さんお届けモノですで紹介!
究極のしらたきの材料は?

やはり材料にもこだわってますね。

弘法筆を選ばずとは言いますが

やはり食べ物は筆を選ばないと

ダメです。

 

大量生産品となると機械で強制

乾燥させたコンニャクイモを使う

のですが、佐々木さんの店では

 

天日乾燥のものしか使用しません。

やはり天日乾燥すると何かしら

栄養が上がる気がしますし・・・

 

(蒟蒻でもそういう効果

あるかは不明ですが)

 

その蒟蒻粉を溶かして練り上げ

寝かせ固める作業は丸二日間

かけて行うそうです。

 

大量生産だと凝固剤をいれて

固めるので時間は半分くらいで

すみます。

 

この余分な物を入れない+

時間をかけて練り上げる工程

が究極の食感をうむんだと

思います。

一万円のしらたきの通販やお店の場所は?

2p目に続きます!