なかなかショックな見出しの

ニュースがライブドアで

でてましたね。

 

こんちは、管理人のハバネロです

 

元ネタは朝日新聞のようですが

それによると簡単まとめてし

まうと、

 

業務委託契約を結んだ

3人が契約内容とはちがう

実質的な雇用関係のある

従業員として働き続けた

 

挙句、罵倒され単純労働

力として人として不十分な

生活を強いられて3人のうちの

一人が自殺。

 

その方は女性の方でしたが

女性の遺族と残りの男性二人が

会社と社長に合わせて8800万

の損害賠償や未払い賃金を

求める控訴を起こしたというもの。

 

朝日新聞の記事を読む限り

事実ならヤバい感じの事が

つらつらと書かれていました。

 

それについてちょっと

考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

ビ・ハイア社長清水有高の経歴は?

 

こちら、同じ名前の会社あったら

困るなぁと思っていたのですが

朝日新聞さん、HP画像乗っけて

くれてたので確認とれました。

 

という訳で社長は清水有高氏。

 

一体どんな経歴の持ち主なの

でしょう?

出典:http://readman.jp/shimizu/

  • 名前:清水有高
  • 出身地:滋賀県

 

滋賀県立大学人間文化学部卒。

 

確か滋賀県立大学は割と

新しい学校だったと思います。

 

ひと月に3000もの本をよむ

本の虫だそうで、アニメ好き。

 

学生時代からベンチャー役員を

経験。卒業後に4年間で

売り上げ4倍。利益10数倍

社員数10倍以上にした辣腕。

 

その後大手アニメーション会社

プロダクションアイジーに転職。

 

経営企画室に配属。同年に

ビ・ハイア株式会社を設立

しています。

 

ビ・ハイア株式会社は

ゲームやアニメ関係の

人材を紹介するサービス。

 

わかりやすく言うと

グルメキャリーなどの

アニメ・ゲーム版といった

ところでしょうか?

 

ニッチなお仕事されてます。

同社の副社長は女性の方。

 

HPではお二人のウィット

に富んだジョークがちりばめ

られたやり取りを見ることが

できます。

 

女性副社長の平田さんが

出してるニュースでは

新卒募集 清水有高社長について行けない!辞めよう!と思った瞬間は?女性副社長平田が語るそれでも続けているのは?なんで?

と題した記事もあり、

ブラックと評判だけど

それだけじゃないよ

 

社長には怒った理由や

仕事の美学もあるよ

 

とマインド面での気概を

フォローする記事ものってたり・・

平田副社長のニュースレター

まぁ、ようやくすると

【めっちゃキツイ!でも美学や

こだわりのない会社は糞!

どの会社も理不尽はある!

 

その中でも行きたいのは

ビ・ハイア】という内容

詳しくは上記リンクから

跳んでもらえればわかる

と思います。

 

とまぁ経歴などはこれくらいにして

おいて今回の控訴について考えて

見たいと思います。

スポンサーリンク

ビ・ハイア社長のパワハラ。内容が真実ならヤバい

 

えーと今現在、控訴した

所なので事実関係はまだ不明。

 

朝日新聞の記事から

書いてあることを仮に

事実としたうえで

執筆してます。

 

まずは朝日新聞から引用。

求人広告会社は「ビ・ハイア」(東京)。訴状によると、女性と元同僚の計3人は2006~14年に入社し、同社や関連会社との業務委託契約を結んだ。しかし、社長の指揮命令を受け、実質的には雇用関係のある従業員として働き続けていたという。

 

ここで業務委託契約というのが

どんなものか調べてみます。

 

業務委託契約とは実は

法律でないらしい(;’∀’)

 

業務委託という言葉が

民法にないんですって。

 

では何なのかというと

内容次第という形になって

しまうそうです。

「請負契約」「準委任契約」「著作権譲渡」

などを柱にした契約の組み合わせ

で作る事が多いそうです。

 

新聞の内容をみるに

請負契約のつもりが通常の

雇用契約にすり替わっており

内容もおそらくは非常に不利

な形であったのでは?と

推測されます。

 

次に

社長は、3人にブランド品のカバンや靴などを買い与え、その費用を会社から社長への貸付金という形で計上した。その自分への債務について、16年ごろから3人のうち2人を保証人にして返済を求めるようになった

これが謎すぎるんですよね。

社長がプレゼントとして

買い与えたのではなくて

 

立て替えたと解釈したほうが

良い感じです。

 

その債権回収の為に

生活困難になってしまい

会社の言いなりとなる(後述)

わけですが・・・

 

これって後で『あれ(金品)あげた

んじゃないから。代金かえせよ』

 

って事ですよね?

 

『買い与えた』という表現が

『贈与』にあたるかが結構

ポイントになると思うんですが

そうなら返済義務はないとおもうん

ですけどね~

 

書面にあらかじめ返済の旨が

書いてあれば話は違ってくると

は思いますが詳細は不明。

 

スポンサーリンク

 

原告の1人が賃金の情報を知人に伝えたことを「守秘義務違反だ」などと主張し、数千万円の損害賠償も求めるようになった。社長はやがて賃金の天引きなどを始め、3人にはほとんど賃金が支払われなくなったという。

 

これは知人に相談したんで

しょうね。

 

そして知人に交渉方法を聞いて

交渉した時に言われたのかな?

とおもってしまいます。

 

守秘義務違反の部分も前述の

業務委託契約に賃金情報をなどの

社内秘を漏らさない一項があれば

裁判次第になりそうではありますが。。

ただ数千万の損害賠償を提示できる

レベルの違反かは疑問だとおもいます。

 

民事で争っても・・・って感じだと

思うんですけどねぇ・・・

 

Aさん(仮)の賃金情報をもらした

事で会社が数千万の損害を被る

事を説明できるんでしょうか?(;’∀’)

 

3人の生活費が尽き、家賃を払えなくなると、会社事務所に住まわせ、その家賃も請求するようになった。社長は3人に「生きているだけで迷惑」「殺すと問題があるので、交通事故にあって死んでもらいたい」などと、大声で罵倒するパワハラを繰り返したという。

 

ここら辺からゾッとします。

パワハラの枠を超えてしまって

いると感じる方も多いのでは?

 

更には

会社事務所で深夜も働いていることを確認するためにLINEで数分ごとに報告させたり、建物に取り付けたカメラや携帯電話のGPSで行動を監視したりもした。会社事務所での生活は、風呂もなく、寝るときは床にタオルをひく程度だったという

こちらはプライバシーの侵害にも

なりそうですね。

 

GPSでの監視は同意があれば

大丈夫との見解も多いとおもう

のですが、同意というより強制

ととらえる人も多そうです。

スポンサーリンク

ビ・ハイアパワハラ事件、自殺教唆になる可能性もある??

 

ネットでのコメントなどをみると

結構パワハラ超えて自殺教唆に

なるんじゃ?という意見が

みられます。

 

そこらへんについても

ちょっと考察してみたいと

思います。

 

今年2月、女性が「私は死んだほうがましですか?」という趣旨の発言をしたところ、社長は激怒。女性の目の前で使っていたパソコンを破壊し、「(死んだら)ゴミが増えるだけだ」などと暴言を繰り返した。その日の午後、女性は自殺したという。

原告らは、賃金の天引きは違法で、社長の一連の言動や行為は、原告の人格権などを侵害したパワハラにあたると主張している。

 

そしてついに、女性が自らの

命を絶ってしまいます。

 

死を覚悟した質問に対して

配慮もなく、破壊行動で威圧。

 

そして追い込むような暴言

 

上記の

生きているだけで迷惑」

「殺すと問題があるので、

交通事故にあって死んでも

らいたい」

 

などは聞き方によっては

自殺教唆にあたるようにも

思えます。

 

『死んだらゴミが増えるだけだ』

などの発言が真実であれば

人としての尊厳も傷つける言葉。

 

自分の死すらゴミと言われた

わけですから・・・

 

なくなった女性の心境を

思うと胸が痛みますね。

 

自殺教唆とは他人に自殺を

決意させる言葉を投げかけ

そのように行動させることを

言います。

 

「6月以上7年以下の懲役または禁錮」(刑法202条)

の罰則が付きます。

スポンサーリンク

ビ・ハイア社長が控訴!どうなる?争点はどこ?

 

今のところ、原告側は

賃金の天引きの違法性と

人格権の否定のパワハラと

して控訴するのみのようです

 

自殺教唆罪が親告罪かは不明

でした。

 

親告罪なら訴えなければ

自殺教唆の罪はないでしょうね。

 

また、そのような言葉を

投げかけた事実の証明も

難しいのかもしれません。

 

今回の控訴の争点は

はやはり事実関係に

なるでしょうね。

 

今現在のところ、どちらが真実かは

わかりませんがもし原告側の言い分

が真実であるなら相当大きな問題に

なりそうです。

 

というか。。本当なら

3人もの人が常時会社で

寝泊りしてるの見てて

他の社員どう思ったのか

が一番謎かもしれん。

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました!