伝説って信じますか?

こんちは!管理人のハバネロです

 

伝説の多くは実際におきた

故事にちなんだものも数多く

あります。

 

日本書紀や古事記も歴史上の

何らかの動きを書き記した側面を

もっているらしいですし。

 

世界極めタウンでイタリアの廃村

ソスティアに向かうのですが

そこには今現在は二人の人間が住んでいます

 

一人はもと放射線科技師の

ファウストモッタリーニさん。

 

そしてもう一人はファウストさんに

興味をもってこの地を訪れた後

一緒に暮らすことになった

 

ジョセフィーヌシャープさん。

今現在はこの二人のみが住人の村に

なっています。

 

そしてこの村に伝わる魔女の伝説なるものが

あるそうで、それについて調べて

みました。

スポンサードリンク

イタリアのゴーストタウン【ソスティラ】の魔女の伝説とは?

 

中世ヨーロッパの有名な魔女狩りが

あったように、イタリアではいくつもの

魔女の伝説が残っています。

 

その一つがソスティラの魔女。

 

一体どういう話なんでしょう?

 

いくつか所説あるようですが、主だった

内容を紹介したいと思います。

ソスティラの首が落ちる魔女の伝説

ソスティラの村にある若い男性が住んでいました。

容姿はも美しく、今でいうイケメン。

 

村から離れた場所には美しい未亡人と三人の娘の家族

が住んでいました。

 

彼女たちは村から離れた場所に住んでいたそうで

村の集まりなどには参加していない様子でした。

 

理由としてはミサなどの集会や村の水場で

彼女らの姿を見た事がなかったのです。

 

村の人々は彼女らの事をあまりよくは

思っていなかったそうですが、この男性は

村特有の仲間意識から外れた者への仕打ち

であることを知っていたので、噂を気には

していなかったそうです。

 

むしろ、その秘匿されているプライバシーに

興味を持っていました。

 

まぁ、村はずれの美人家族が何してるか

知りたくなるのは伝説ではデフォですよね(笑)

 

3人の娘のうちの一人に恋をしてしまった

ようで、アプローチを慎重にかけていきます。

スポンサーリンク

未亡人家族がいなくなる?なぜ?

 

徐々に彼女の家族と仲もよくなり、一緒に

過ごすことも増えてきたのですがなぜか

ある一定の日に限って姿が見えなくなる事に

気が付きます。

 

木曜日になるといつも姿を消してしまうのです。

 

この事を聞いてみたいと思ったのですが

やはり失礼にあたり憚れるので胸の内に

しまっておくことにしました。

 

しかし次の冬になると仕事も減り、

再びこの事が気になりだします。

 

こっそりと未亡人家族の家を観察する

事に、窓からそっと様子をうかがうと

 

部屋には4人の姿がありました。

遂に謎がわかると胸を躍らせるイケメンの

目には恐ろしい光景が浮かびます。

2P目に続きます!