春ですねー。ちょっとカニ今年

食べてないんですけど!!

と結構ブルーな管理人のハバネロです

今回の笑ってこらえてで

なにやらカニソムリエなる人が

出てくるそうです。

ちょっと調べたら兵庫県浜坂にある

澄風荘という旅館の女将

谷岡信子さんが登場するようです。

カニソムリエや彼女の経営する

旅館澄風荘についてなども

ちょっと調べてみました!

スポンサードリンク

カニソムリエ谷岡信子の経歴は?

ぶっちゃけると一般の方なので

情報がほとんどなし。

61歳であることから生年は

1956~57年生まれ位である事。

旅の宿【澄風荘】の女将である事

また、実家が澄風荘ではなくて

どうも嫁いできたらしいという事

くらいですかねー?

実家から大量の梅が届けられる

のをみると和歌山当たりの人

なのかもしれませんね。

お子さんもいてることやお孫さんも

いてるようです。

実家が旅館ってなんだかうらやましい

とおもっちゃいますね。(笑)

カニソムリエって?資格や取り方は?

ではカニソムリエについてちょっと

掘り下げていきましょう!

まずカニソムリエとは何ぞや?

ですが、こちらは浜坂観光協会が

認定するローカル資格。

主に浜坂で経営している旅館の

女将や従業員などを対象に設けられた

資格です。

そもそも浜坂はカニの漁獲量が日本一

にもかかわらず知名度はいまいち。

実際、今回調べるまで知りませんでした(;’∀’)

そこで、浜坂では平成17年にカニの

ブランド化を推進。

【カニ元 浜坂】を宣言します。

また、猟師さんの技術も高く、

鮮度が良くて実入りの良い美味しい

カニが豊富にとれる。

この事をより多くの人に楽しんで

貰いたい、安全でおいしいカニを

たくさん食べてもらいたい思いが

【カニソムリエ】の認定資格を

作るきっかけになったそうです。

スポンサードリンク

具体的には

カニソムリエはカニの知識や捌き方はもとより、町の歴史、文化、先人の足跡、ユネスコのジオパーク認定を目指す、山陰海岸国立公園や湯村温泉、浜坂温泉郷のことまで精通している 澄風荘HPより引用

というカニと浜坂の歴史や文化

や観光スポットのエキスパート

の事です。

カニだけじゃダメなんですね。

カニソムリエの資格を取るには?

こちらはどうも浜坂以外では取る事は

できなさそうです。

そもそものソムリエ検定受験資格が

3か年に及ぶ講習受講義務や実地

研修義務がある事。

さらに受験対象者が旅館などで

働いている人が対象である事のようです。

浜坂では旅館、民宿の女将さんなどを対象に「カニソムリエ」制度を設立。3年間・約30回の研修を重ね、試験に合格した人だけがカニソムリエの称号が与えられ、宿泊者にカニの美味しい食べ方や殻のむき方、カニに合うお酒、地域の観光スポットまで案内してくれる。また、カニソムリエを対象に上級資格である「シニアソムリエ」を設け、これも2年間の研修が必要で、カニのさばき方など実技の腕も試される。カニソムリエは松葉ガニについてはもちろん、地域の観光や歴史、おもてなしの心得などを修得した、まさにカニのエキスパートである。https://www.tajima.or.jpより引用

但馬情報特急と言うサイトから

の引用ですが見ての通り旅館の

女将さんなどが対象となってるようです

まぁ、県外で布教したいって熱い

思いと3年以上の研修をこなせる

なら受検できるかもしれませんが

一般的ではないでしょう。

どうしてもカニソムリエになりたい

人は浜坂にて旅館業就職が

一番の近道になりそうですね。

ではカニソムリエのお宿
澄風荘へのアクセスや場所に価格
などをチェックしてみましょう。