今夜の爆報フライデー

今とっても気になる憲法改正

の事についてもかかわってくる

話しです。こんばんは、管理人のハバネロです

さて、みなさんは平和について

どう思ってるでしょうか?

平和がフツーと思っている方は

この三島事件をどう思うんでしょうか?

日本は敗戦と同時にGHQの元で

国を作り直しました。

結果、アメリカ傘下の元に平和を得られて

いるといっても過言ではないでしょう。

しかし、この平和が長く続きすぎて

平和ボケを起こしてしまい、牙をぬかれる

と危惧したのが今回の『三島事件』の

首謀者である三島由紀夫さんです。

彼によって切られた自衛隊員のうちの一人こそが

寺尾克美さん

なんですが当時どういう状況だったのか?

当時の役職や現在は何をしているのか?

凶器となった刀はどんなものだったのか

についてチェックしてみようと思います。

  • 三島事件の経緯は?寺尾克己は
    何処で何をしていた?
  • 三島事件!寺尾克美の当時の役職に
    今現在は?
  • 三島由紀夫の愛刀とは?寺尾克美
    のその傷の程度が
    ヤバイ!

以上の内容でお送りします。

スポンサードリンク

三島事件の経緯は?盾の会って?

三島事件を簡略にお伝えすると

三島由紀夫含む『盾の会』のメンバー4人が

が起こした自衛隊市ヶ谷駐屯地での事件。

盾の会とは三島由紀夫が設立した間接侵略に対する

自衛を目的とした集団です。もちろん公的なもの

ではなかったそうです。

この日三島は盾の会での体験入隊で活躍した

事を市ヶ谷会館で表したい為に4人をつれて

来てること、また総監に目通しをしておきたかった

事を理由に同伴させていると説明してました。

駐屯地へは前もって訪問のアポを取っており

入口での検問はスルー。

総監室で雑談を交わしている途中に

行動に移します。

総監を拘束してさるぐつわをかまします。

お茶をお出ししようと総監室に入室を

試みたものが異変に気付き報告。

ドア部にはいすや机でバリゲードを

作っていたが体当たりで破壊。

その後は自衛官と三島由紀夫による

刃傷沙汰となります。

この時9人の自衛官が切り傷を負うなど

負傷。

三島由紀夫と森田という盾の会のメンバーが

その場で割腹自決をしたという事です。

この事件は自衛隊に対して演説をしたい

が為に起こした行動でまさに決死の覚悟でした

それほどまでに日本の弱国化を憂いて

いたようです。

スポンサーリンク

三島事件!寺尾克美の当時の役職に
今現在は?

事件当時の寺尾さんの役職は

三佐41歳で会計課の予算班長

勤めていました。

当日は会議室で9人の幹部自衛官と共に

次年度の予算を編成中だったそうです。

事件後は総監に短刀を押し当てている

森田氏を拘束するもその後

三島由紀夫の愛刀によって

4回切られてしまいます。

今現在は傷も言え陸将補まで上り詰め

定年を迎えます。

その後は三島由紀夫の意思を継ぐかの

ごとく講演などを開催されているようです。

『平和ボケから目覚めて独立国としての
憲法を制定する』

など危機感を募らせている様子がみて

とれます。

スポンサーリンク

三島由紀夫の愛刀とは?寺尾克美の
その傷の程度がヤバイ!

三島由紀夫が襲撃に用いたのは

天下の大業物といわれる

『孫六兼元』

これを拵えを軍刀仕立てにして形態

していました。

総監も実ははじめのほうの話のネタに

この孫六の話題で盛り上がっていたのですが

まさかこの刀で部下が切られるとは思っても

いなかったでしょう。

寺尾克美さんもこの刀で切られたのですが

その時の傷がえぐい(;”∀”)

『一太刀目は背中に一撃、その後背骨に

平行するように3回。

2センチ、3センチ、5センチの幅に達して

背中から鮮血が鯨の潮のようにふいた』

んだそう。(;”∀”)これは痛い。

しかしここまでされても

寺尾さんは三島由紀夫を恨むことはなかった

そうです。

逆に彼の行動に心を打たれ、現在のような

講演活動を続ける原点となったそうです。

スポンサーリンク

まとめ

三島由紀夫の事件って詳しくしらなかった

ですが、こうして考えるとたしかに

安穏として過ごしているなぁ

と考えさせられるものがあります。

北朝鮮の軍事行動を肯定するわけには

行きませんが、戦う力の誇示は必要な

時代になってるのかもしれませんね。

力に対して力で対抗すると火種ができる

が、攻めてこられたら守る力は必要。

その為に独立国としての体制がいる。

自国の平和を守るには必要なことかも

しれませんね。

間違いなく管理人は平和ボケしてる一人

です。

ちょっと考える事にします(;”∀”)

最後までご覧いただきありがとう
ございました。