いやー、アホなひとがいるもんですな。

まず事件のあらまし

小学校の通学路の歩道橋に

【小学校のくそがきども、ここから飛び降りてみんな死ね】

とかかれた藁人形をつるして脅したとして逮捕されました。

容疑者の名前は稲葉岳志

無職の41歳だそうです。

41で無職・・・・やばいにおいがしますね。

動機は公園で騒ぐ声がうるさかったから

とのこと。

無職だから子供がそとで元気に遊ぶ時間に

公園にいるんですね・・・働け(;”∀”)

うーむ、世も末ですなぁ。

ちょっと前にFBの記事でみた話なんですけど

確か町内会長してる爺様のもとへの苦情で

子供の声がうるさいというのがあって

その解答が

『ガキがうるさいのは健全じゃねぇか』

と言って黙らせた話がありましたが、

やっぱりこういう人っているんですね。

こんな人が公園近くにいるなんておちおち

わが子を遊ばせに行かせられないですよね。

さらにはこの小学校の周辺の公園でも

『クソガキども死ね』といった落書きが

30件もみつかったそうです。

いやー、正直やばい人ですね。

考えようによっちゃ藁人形で済んでよかったかもしれませんね

いつ実害及ぶかわからないので怖いです。

さて、今回の疑問点は

藁人形って脅迫罪になるの?ってなもんですが

ちょっと調べてみました

スポンサードリンク

藁人形って脅迫罪になるの?

脅迫罪とは?

刑法222条に「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者」

脅迫罪に適用されるですが

生命・・・死ね 殺すぞ
身体・・・どつくぞ
自由・・・監禁するぞ
名誉・・・言いふらしてやる
財産・・・クルマぼこぼこにするぞ

などなどですな。

今回の事件ではもちろん生命について脅迫してるんですね。

それは皆さんもご存じの通りだと思いますが

ここでポイントは藁人形で脅迫罪になるのか?

なんですがこの場合藁人形関係ない可能性が高いです。

むしろ紙に書いてある文言が重要かと

おそらくは紙にかいてある

『クソガキどもここから飛び降りてみんな死ね』

との文言。

これがアウトですね。

でも例えば特定多数(小学校児童だからね)へじゃなくて

個人宛に写真付きの藁人形に五寸釘を打ちつけて送るとか

したら藁人形=呪いや死を連想させるので

脅迫罪になる可能性はあるとは思いますが・・・・

と思ったら前例発見(笑)

スポンサーリンク

群馬県藁人形脅迫事件

群馬県でゲームセンター勤務の女性にプレゼントを贈ったが

受け取りを断られたために2寸釘を刺した藁人形を被害者女性の

いつも車を止める駐車場においていた。

警察はストーカー化する恐れもあると同時に

女性に危害を加える可能性を示唆して脅した

として男性を脅迫罪で逮捕

という事件。

やっぱり危害を加えることになるみたいす。

ということは

紙面の文言+藁人形でダブルパンチですな。

スポンサーリンク

まとめ

藁人形でも脅迫罪になるぞ!

つーか、子供相手にどんな手段とってんねんって

話ですが、こういう人って切れると何するかわからない

から本当に怖い。

子供をお持ちの方、わが子を守るのは親ですよ。

こんな変な事件が起こらない世の中に慣れがいいんですけどね

最後までご覧いただきありがとうございました!