なかなか面白い。。。

あ、いや失礼!

 

管理人のハバネロです

 

ヤフーニュース見ていて

こんなニュースが

 

京都銘菓「八ッ橋」の老舗大手「井筒八ッ橋本舗」が4日、ライバル社の「聖護院八ッ橋総本店」に、創業を元禄2年(1689年)とする表示の使用禁止と、600万円の損害賠償を求める裁判を京都地裁に起こした。井筒は「創業年が事実と違い、そのころに八ッ橋は存在しなかったはず」と主張。聖護院は「提訴は驚くばかり。対応を検討する」としている。朝日デジタルより引用

 

そもそも八つ橋は皆さん

ご存知だろうか?

スポンサードリンク

京都八つ橋提訴!そもそも八つ橋って?

 

 

こんなの。

瓦と言うか琴というか

そんな形の干菓子で

ございます。

 

一般的にはなぜか

こっちの生八つ橋

 

のほうが知名度が高い

模様。何をもって八つ橋というのか

は全く不明。

 

一応の説としては

筝曲の祖の名前にちなんで

琴の形の干菓子として生まれたや

 

伊勢物語の舞台、三河国八つ橋に

血なんだという説も。

 

うーむ、形みると琴のほうが

っぽいなぁ。

 

ちなみに生八つ橋は戦後に

考案された比較的新しい

八つ橋。

 

初代の原型はとどめていない

のがキモ。

 

原料は、米粉、砂糖、ニッキなど

各種香辛料を蒸して薄く伸ばした

モノを焼いたお菓子。

 

生八つ橋は蒸して焼かないモノ。

ただ切りそろえた物と中に

あんこなどを入れた物がある。

 

上記写真はあんこ入りですね。

 

 

この皮のみの潔さ。

ちなみにこれにバニラアイス

くるんで食べると絶品である。

 

高級雪見大福の完成である

ぜひ試してほしい

 

さて、話を戻すとこの八つ橋の利権

に絡んだ提訴が今回の話題。

 

そもそも600万の損害賠償請求はできるのか?

スポンサーリンク

八つ橋提訴、600万の損害賠償請求はできる?

 

結論から言うと可能でしょう。

管理人は法律の事はよくわからない

んですが、大手企業になるとそっち系の

顧問がまぁいてます。

 

食品会社などは商標などのゴタゴタも

多いのでまずいるはず。

 

その人が『可能です。とりま、600万ほど

いっときましょう』

 

てな感じでだした金額と思います。

勿論、年間の売り上げデータなど

を基に影響力などを考慮して

の金額算出などはしてると思いますが

・・・

 

勝てる勝てないは別問題としても可能

ですね。

 

しかし、正直なところ

言い分は結構弱い気も素人

ながらしますね。

 

だって、

 

創業年古く書いて本家っぽく

みせてるからウチんとこの

売り上げに影響してるから

辞めてけれ。

 

そんで損失分600万頂戴ね

 

って事ですよね?

 

よくわからないですが

創業年の詐称自体も罪になる

かも気になったので調べて

みました!

スポンサーリンク

創業年の詐称は詐欺罪になる?

 

今回の案件、もともと詐欺罪ではなく

 

不正競争防止法での話なんですが

詐称してる事になるんで一応

気になったのでしらべてみる

事にします。

 

 

詐欺(さぎざい)とは、人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする(例えば無銭飲食や無銭宿泊を行う、無賃乗車するなど、本来有償で受ける待遇やサービスを不法に受けること。 また債務を不法に免れたりすること。) 行為、または他人にこれを得させる行為を内容とする犯罪のこと。 刑法第246条に規定されている。wikiより引用

 

うん、これを見る限りでは

詐欺罪には該当しないですね。

財産上の不法の利益に該当

するものに名声が含まれたら

アウトかもしれませんが見るに

そういう感じではないです。

 

ちょっと前例調べてみても

本家・元祖問題で時々あるみたい

ですがどれも詐欺罪は適用されて

いたという記録は調べた中では

ありませんでした。

 

という事で今回の案件では

詐欺罪にはならないでしょう。

 

八つ橋の店で一番古いお店は何処?

 

とりあえず老舗と言われていて

それぞれの創業年を並べてみます

 

  • 本家西尾八つ橋 創業1687年
  • 聖護院八つ橋総本家 創業1689年
  • 井筒八つ橋本舗 創業1805年

 

あれえ?西尾の八つ橋が

一番古い。。。。

本家西尾八つ橋のHPをみると

 

1687年創業とありますが

当時は八つ橋ではなくて

白餅を商っていたんだとか。

 

その後元禄2年。1689年

琴の形の八つ橋が誕生と本家西尾の

HPにも記載されてます。

 

ん?となると聖護院総本家のほうを

ディスると必然的に西尾もとばっちり

受ける形になる気が(;^ω^)

 

井筒八つ橋本舗の言い分が、

『創業年に八つ橋はない!』って

所がかなり重要なウェイトを占めて

います。

 

しかし今のところ老舗2店舗は

元禄2年説を押しています(笑)

 

これは面白い。。

 

井筒八つ橋本舗がどういった事で

提訴したかと言うとこちら

 

訴状によると、聖護院はのれんや看板などに、「創業元禄二年」「since1689」と記している。当時、八ッ橋が作られていたとする文献はなく、八ッ橋を320年以上にわたり作っているように客や取引先を誤認させていると主張。聖護院が1969年、創業の由来を同業者に説明した文書では「正確な創業年は『不詳』」とされていたとも指摘した。朝日新聞デジタルより引用

 

では井筒八つ橋本舗のHPから

井筒さんはどれくらいから

八つ橋ができたと主張してるか

しらべてみると・・・・・

 

みてみると衝撃の事実が!!

「京名物 井筒八ッ橋」

「京名物 井筒八ッ橋」は、箏曲八橋流(そうきょくやつはしりゅう)の創始者・八橋検校(やつはしけんぎょう)にあります。江戸時代、京都で作曲の日々を送っていた検校。常に物を大切にする検校は、特にお米を大切にしており、飯びつを洗うときに残るわずかな米のことが気になっていました。ある朝、日頃検校が何かにつけて日頃世話になっている井筒茶店の主人「岸の治郎三」が、飯びつや桶を洗っているのに気付き、残った米を捨ててしまうのはもったいないと諭し、小米、砕米、そしてその残りの米に、蜜と桂皮末を加えて、堅焼煎餅を作るとよいと教えたといいます。これが、京の堅焼煎餅の起こりと伝えられています。
その後、八橋検校は、貞享二年(1685年)その生涯を閉じ、井筒茶店も含め祇園の茶店中で検校を偲び、琴の形に仕上げた堅焼煎餅を「八ッ橋」と名付け売り出したところ、それが大流行したと伝えられています井筒八つ橋本舗HPより引用

 

このエピソードを乗っけてる

ってことは1689年には八つ橋

あったって事認めてるって事

ですよね?

 

 

 

ちょっと今後の動向も

注目してみたいと思います。

 

もうこの本家と元祖のどろどろ

した利権争いっていやですね。

 

ザッハートルテもあったなぁそういや

スポンサーリンク

まとめ

 

八つ橋提訴問題は

とりあえず損害賠償請求はできる

 

600万が妥当かどうかはわからない

が可能。

 

創業年の詐称自体は罪には

ならず詐欺罪にはならない

 

老舗で調べた中で一番古い

お店は本家西尾八つ橋。

 

以上最後までご覧いただき

ありがとうございました!

 

八つ橋アイス。マジ美味いから

食べてみてください!