覚せい剤ダメ!絶対!!

こんちは!管理人のハバネロです

 

今回のノンフィクションもなかなか

ハードな内容。

 

主人公は元やくざにして

覚せい剤の中毒者

遊佐学さん。

 

沢山の人を傷つけてきた

遊佐さんですがキリスト教と

運命の出会いを経て

改心する事に。

 

その前後譚になる母親との

事もかたられるようですね。

 

今回はこちらの遊佐学さんに

ついて経歴や今現在などを

まとめてみました。

スポンサードリンク

元やくざにしてキリスト教信徒の
遊佐学の経歴やプロフィールは?

まずは彼のプロフィールから

見てみましょう。

http://human-alba.com/staff/

  • 名前:遊佐学(ゆさまなぶ)
  • 生年月日:1974年~1975年月日不明
  • 年齢:43歳
  • 出身地:栃木
  • 現住所:神奈川

ノンフィクションで取り上げられる

人のほとんどは一般人です。

あまりプロフィールなどは公開されて

いないですね。

 

しかし経歴となるとかなり詳しく

情報として出ていました。

 

ひとえに彼の持つバックグラウンドと

今現在の行動のギャップが大きく

話題になりやすいからではないかと

思われます。

 

では遊佐さんの経歴を見てみましょう

スポンサーリンク

ノンフィクションに出演!元やくざのキリスト教徒
遊佐学の経歴は?

遊佐学さんは栃木県で生まれます。

そのまま地元栃木の小学、中学と進み

高校受験に差し掛かるも失敗。

 

高校浪人にはならず、父が土建業を

営んでいたため、実家に就職。

 

社長の坊ちゃん?だったようですね。

ただし時はまだ昭和(笑)

 

北関東は今もですが当時も

もちろん暴走族がかなり

元気な時期ですね。

 

多感な遊佐少年も類にもれず

やんちゃな先輩に憧れて興味本位で

暴走族へ。

 

親の気を引きたいとか社会がいや

とかそんな気持ちもなくなんとなく

はいった暴走族。

 

チーム同士の喧嘩で検挙され、18歳で

少年院へ。そんな青春時代を終え

 

20を迎えたころ、ダメ絶対の

覚せい剤に手を出してしまいます。

スポンサーリンク

遊佐学と覚せい剤、そしてやくざへ

『いつでもやめれる』と思った覚せい剤

に取り込まれ、最終的には

一時間に一回打たないと禁断症状が

出るほどになったそうです。

 

その症状は幻覚や幻聴。

周りの人が自分の悪口を絶えず

言っているような妄想にとらわれ

いつでも人を殺めれるように

ナイフを携帯するほどだった

そうです。

 

当時から『ヤバい』という自覚は

あったものの止められず、25歳

になった彼は暴力団に入ります。

 

やくざの開始ですね。

 

やくざになってからもやめれず

相当まわりも心配したそうで、

仲の良い友人から教会へ行くことを

勧められる。

 

おそらく精神修養して薬物以外で

心を律するように諭したのでしょう。

 

しかしこの時は効果なくまた

元の生活へ。

 

29歳の時、遂に薬物の幻聴から

自殺を図ります。

耳元で『飛んでみろ』と囁く

声が聞こえたそう。

 

薬物の恐ろしさを垣間見えますね。

 

この時に遊佐さんは足を複雑骨折

しており、今現在も足は治らず

引きづったまま。

 

一生背負う十字架に思えますね。

 

この自殺未遂で覚せい剤使用が発覚。

遊佐さんは刑務所へ入ります。

出所後、覚せい剤をする方から

売る方へ転身。

 

売人として2年後にまた逮捕。

2回目の逮捕時に運命の出会い

を果たします。

 

2回目の刑務所時代に舎房にあった

本をふと読むとそれは元やくざの牧師

中島哲夫さんがかいたものでした。

遊佐学とキリスト教、更生へ

その本を手に取り、遊佐さんは

自分も新しい道へすすめるのでは?

と期待を抱いたそうです。

 

その本は持ち回り品で3日後には

もうその舎房からはなくなっていた

そうで、まさしく天啓ともいえる

出会いだったわけです。

 

出所後は『罪人の友 主 イエスキリスト教会』

の牧師進藤龍也のを頼り、今は進藤牧師の

教会で住み込んでいたそうです。

 

そこで一緒に住む青年お世話なども

していたのですが、教会からでて

新たな一歩を踏み出したそうです。

 

この教会でのことが大きな

糧になったのは間違いないでしょうね。

 

遊佐学さんの現在の仕事は?

2P目に続きます!