スポンサーリンク

戦場に行くにも金が要る!戦場
ジャーナリストの収入は?実は
出稼ぎしていた!

結論から言うと、儲かりません!

ジャーナリストの収入源は情報

出版社やメディアに買ってもらって

収入を得るわけですが

桜木さんの場合は出版社メインの

収入源である事。

そして、ノンフィクションは売れない

と言われていて出版にこぎつけない

事。

そして裏つけで見えるのは

桜木さんは取材費を稼ぐ為に

運送会社を入退職を繰り返して

いる事が挙げられます。

つまり出稼ぎ、期間工?ですね。

取材渡航費、その間の日本の家の

家賃などもろもろ100万溜まるまで

働いて渡航しているようです。

この事から考えるとジャーナリスト

としての収入はあっても雀の涙

程度のものと推測されます。

一般紙では、原稿料が一回の渡航費

程度ということだそうで

十数万程度であると思われますね。

もっとも海外のジャーナリストは

テレビ媒体は実入りがいいそう

なので今回のクレージージャーニー

を皮切りに少しでも収入の足しに

なればいいなと思いますね。

まとめ

戦場ジャーナリストって

儲かりそうなイメージ元々

無かったんですがやはり

って感じでしたね。

そんな中でも桜木さんは

使命感と正義感に燃えて

『伝えることを』をあきらめずに

戦地へ向かっていました。

それだけでも素晴らしいですね。

中にはなんかあった時の救出作戦に

税金が使われるからダメという声も

ありますが、こういった人がいないと

生きた情報ははいってこないでしょう。

難しい判断になると思いますが、

情報収集目的なら認める事も

必要かもと考えさせられます。

最後までご覧いただき

ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク