スポンサーリンク

豊島さんの手と足の障害とは?

さて、師匠の豊島さんの

手と足の障害についてですが

手は幼少期に精肉店での事故で

スライサーで指を切断(;''∀'')

その後指先がどうなったかは

写真に写っていない為不明。

ナポレオンみたいですね。

これが手の障害の理由

脚は以前13年頃にもテレビの

取材があった時に

『16時間仕事で足を痛めた』

と言われています。

その時は病院で応急手当をして

凌いだのですが、その時の古傷

の悪化ではないか?と予想します。

あとは・・・焼肉=賄い=ホルモン
=プリン体=痛風

痛風??

どっちもいたそうですよね(笑)

木原さんの父との仲は?不仲の理由は
経営方針の違いか?

さて、番組の予告では

父親との間に徐々に溝ができはじめます。そして、客足も…。
さらに、思いもよらない悲劇が、木原さんを襲うのです。

とあります。その理由について
推測してみます。

まずは父との溝。

まず『井とう’s』のHP見る限り

先代については

和食の板前だった創業者が、父祖の地「佐伯」で平成元年に産声を上げ、地元の皆様に育てられました。

程度しか触れられてません

もうちょっと説明あっても
良さそうに思いますがどことなく

払拭したい気持ちが現れている

と感じますね。

そしてその不仲になっていく
原因として思い当たるのは

これは経営方針でしょうね。

先代と意見が食い違って
揉めるパターンはよくある話。

内容は価格帯や仕入れ先にメディアの
使い方と思われます。

先代はおそらく地域住民とのリアル
な口コミで客をつかんできた口。

価格もそこそこリーズナブルな設定に

していたと思います。

必要ならアメリカビーフも使ったでしょう

理由はBSE問題の煽りを受けて売り上げが
低迷したと13年放送のテレビ番組で言って
いたそうなので。

そこに『深谷牛』という超高級
和牛を突撃さす息子。

当然売価は上がります。

親父さんの代はリーズナブルな
物を提供する事に重きを置いて
いたとしたらこれは大問題。

いい物を安く売るには和牛は

かなりきつい代物です。

父と子の不仲は経営方針?理由の続きは3P
目で!

スポンサーリンク
スポンサーリンク