ルディグエデが犯人?イタリアペルージャ女子大生殺害事件とは?アマンダノックスの今現在は?
スポンサーリンク

こんちは!管理人のハバネロです。

 

最近物騒な事件日本でも増えてますよね。

ちょっと前まで、こういった事件は外国で

起きるものと思っていたのですが日本も

負けてません(;'∀')勝ちたくねぇ。。

 

ワールド極限ミステリーでは世界の

凶悪事件などを取り上げてくれる番組

なのですが、今回は2007年に起きた

イタリアペルージャ女子大生殺害事件について

放送されるっぽいです。

イタリア騒然!女子大生が何者かに惨殺された…逮捕されたのは殺害現場で恋人とキスする美人女子大生アマンダ!彼女は男好きの悪魔か?純粋すぎる天使か?逆転に次ぐ逆転裁判の結末とは?

殺害現場で恋人とキスしてて逮捕って

ヤバすぎですね。。。。この事件について

調べてみました!

スポンサーリンク

イタリアペルージャ女子大生殺害事件とは?

まずはこちらの事件の概要からご紹介。

 

2007年11月2日に起きた事件。

事件現場は今回の話の主役、アマンダノックスと

ルームメイトイギリス人留学生メレディスカーチャー

の住んでいたアパートで起きます。

 

メレディスは自室で性的暴行を受けた状態で

喉を切られ殺害されており容疑者として

ルームメイトのアマンダとその恋人、そして

彼らにドラッグを供給していたコートジボワール人

を逮捕します。

 

その後、警察はこの3人を乱交ゲームをしていて

そのゲームに参加を拒んだメレディスを殺害した

ものとして起訴します。

 

状況的には間違いなく黒!って感じのシチュエーション

だったそうです。なにせ、同じ建物内で3人もの人が

いるなか、メレディスが殺された。

 

となると普通は外部の第三者の存在を疑う

ほうが難しいですよね。

 

しかしこの事件、アマンダとその彼氏は最終的に

無罪となります。

スポンサーリンク

事件現場となったアパートはVia della Pergola 7

事件現場になったアパートについても

少し説明しておきます。

 

この物件は家の中に4つのベッドルームが

ある間取りで各部屋に施錠も可能な

小さな寮のような造りの物件だったそうです。

 

事件当時はアマンダとメレディス以外に

2人のイタリア人女性も住んでいました。

 

この4人以外にもどうやらこの物件には

半地下がありそこを借りたイタリア人男性の

友人らが出入りしていたそうです。

 

事件のあった11月2日の前日は祝日で

あった為、一緒に住んでいたイタリア人たちは

外出していなかったそうです。

 

事件のあった数週間前にアマンダは当時の彼氏

ラファエロと一緒に暮らすことが多く、事件当日も

ラファエロ宅にいた事を主張していました。

スポンサーリンク

女子大生メレディス発見時の様子をアマンダ証言。

アマンダの最初証言について少し触れておきます。

事件当日、アマンダはメレディスに電話をかけた

と証言。

 

その後、メレディスと同居していたイタリア人

にもメレディスに連絡がつかない旨を報告しています。

 

電話には出ず、それが気になってアパートへ行くと

玄関が開いており、中に入ると床や浴室に血痕が。

 

メレディスの寝室には鍵がかかっており、ドアを

壊そうと試みるも失敗。

 

警察に連絡をして到着し、状況説明などをします。

ドアを開けるとそこには変わり果てたメレディス

の姿が横たわっていました。

 

この証言が徐々に怪しくなっていくわけです。

アマンダへの事情聴取

その後の数日間はアマンダは警察から事情聴取を

重要参考人として受けていたそうです。

 

事件があったとおもわれる11月1日(2日は発見時)

のアリバイなどを聴きます。

 

彼女の証言ではその日は一晩中彼氏の

ラファエロと一緒に彼のアパートですごした。

と証言。

 

しかし警察はこれを信じませんでした。

アマンダの証言によると警察は圧力をかけ

誰か庇っている人はいないか?と執拗に

問い詰められたそうです。

 

このままでは禁固30年になるぞと言われたり

飲食物やトイレ休憩もみとめられていないと

アマンダはいいます。

 

これには警察は圧力はかけていない、飲食物や

トイレもいけたと反論しているのですが真相は闇

のなかのようです。

 

そうして警察の圧力の中、ある人物が犯人として

アマンダの口から名前がでてきます。

スポンサーリンク

メレディス殺害の犯人はバーのマスタールムンバ?

それはアマンダがアルバイトをしていた

バーのマスターのルムンバでした。

 

しかし彼には当時バーで働いているのを

顧客がみてるのでアリバイが完全にあった

そうです。

 

捜査の中、メレディスの体や遺品に付着して

いた指紋などから上記のアパートに出入りして

いたルディ・ギドという人物を含め

アマンダとその彼氏ラファエロは

強盗殺人の疑いで拘禁されます。

アマンダとラファエロの有罪判決

その後、事件現場に残された遺物などを基に

証拠を集められ、メレディスの衣服などについた

微量なDNA情報などからアマンダとラファエロ

そしてギドは有罪判決をうけます。

 

アマンダには26年の禁固刑。

ラファエロには25年の禁固刑が言い渡されます。

 

しかしこれらは後に証拠が正しくないとして

無罪へと変わっていきます。

スポンサーリンク

逆転判決・無罪釈放へ

いわゆる陪審員制度である

Corte d'Assiseによって決まったものの

その後、新たに上告されます。

 

内容はDNA証拠が適切であったか?というもの。

無罪の証拠として、まずアマンダの証言は

勉強中のイタリア語(アマンダはアメリカ人で

語学勉強中)での脅迫的な取り調べによる

自白であり公正な状態ではなかったこと。

 

またDNAの物的証拠として挙がったものも

主にブラのホックについていた情報を基に

しているのだが、この時でてきたのが複数人の

男性のものが上がってきて証拠として不十分で

あったことなどを基に新たに裁判をおこないます。

 

結果としてはアマンダとラファエロの両人については

無罪となりました。ただしこの時すでに4年の服役を

経た後のこと。冤罪事件の一種といえるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク