教えてもらう前と後5000円のツナ缶『マグロトロブラックレーベル』の通販・お取り寄せは?なぜ高い?原価は?
スポンサーリンク

こんちは!管理人のハバネロです!

みなさん、ツナ缶っていくらくらい

想像しますか?

 

カツオを使ったものだと100円代で

ありますよね?

 

しかし今回教えてもらう前と後で

紹介されるのはまさに究極のツナ缶と言って

差し障りない逸品でしょう。

 

その名も

『マグロトロブラックレーベル』

ものすごく強そうな名前ですが

お値段もなんと5000円します。

 

一体どういうツナ缶なのか?

通販情報などを交えて調べてみました!

スポンサーリンク

教えてもらう前と後の5000円のツナ缶『マグロトロブラックレーベル』の通販・お取り寄せは?

 

通販は可能なようです。父の日ギフトにも

ちょうどいいかもしれませんね。

 

人からのプレゼントでなければ

なかなか一缶5000円は出せません(笑)

ではこのブラックレーベル。

 

どういったツナ缶なのか探っていきたい

と思います。

 

また、ブラックレーベルほどプレミアム

ではないですが、同じメーカーのツナ缶も

別のテレビ番組などで紹介されるなど

 

高品質でおいしいのでもし価格で躓いた

のならこちらがお勧めです。

 

また、教えてもらう前と後のツナ缶ナンバーワン

に輝いた商品はこちらの『シーチキンコンビーフ』

 

でしたのでこちらもどうぞ!

これならかなりリーズナブルに楽しめ

ますね(笑)

マグロトロブラックレーベルはなぜ高い?

普通では考えられない価格には理由があります。

実はこのツナ缶。びん長マグロ一匹で

一缶しか作られていないんです。

 

しかも目利きが選んだ一級品の一番

いい所を使用しています。

 

次に、このツナ缶を作れるのはたった

3人の職人さんのみ。丁寧に鮮度を損なわない

様に迅速に作業できるのが3人の職人さんだけ

との事。

 

そもそもの生産数がめちゃくちゃ少ない

のです。

 

そして使用している油にもこだわりが。

世界的な評価を受けている最高級の

オリーブオイルを使用。

 

なんと国際的なコンテストで軒並み

金賞を授与されているスペイン産

最高級EXヴァージンオイル

『エルドラードブラックレーベル』を

使用している事。

 

どれをとっても最高の品質が約束されて

います。

 

通常のツナ缶は綿花油などを使うのですが

もうここから違いますね。。。これでおいしく

無ければ嘘ですね。

スポンサーリンク

マグロトロブラックレーベルの原価は?

下世話な話、いったいどれくらいの原価で

5000円という値段になっているのでしょうか?

 

あくまで予想なのでかけ離れていても

スルーしてください(笑)

 

ここでは、いわゆる『材料原価』のみに絞って

予想を立ててみたいと思います。

 

主材料のびん長マグロ。

ちょっと見た感じですと大体kg

1500~2000円ほどで多く

流通してるようです。

 

しかしこのブラックレーベルに使用されて

いるのは気仙沼沖で取れた特別な物。

 

それの一番いいものとなってるので

概算予測で2倍のkg4000円ほど

と仮定しましょう。

 

ちなみに生の気仙沼産のびん長マグロは

kg2400円ほどで流通してます。

 

次にオリーブオイル。

エルドラードブラックレーベル。

こちらが250mlで1900円

大体kgで7500円ほどですね。

 

マグロトロブラックレーベルの内容量が

90g、これは固形重量と思うのでびん長

が90g入ってるのだと思います。

 

加熱調理によって歩留まりを80%と仮定すると

110g程度の生のびん長を使用しているはず。

この時点で440円ですね。といってもいっちゃん

ええとこだけ使ってるので実質価値はもっと

あるんでしょうけどね。

 

そしてオリーブオイルが

100ccくらいは必要とおもうのでざっくり

750円。

 

その他調味料は塩位とおもうのでおおよそ

1200円程度の原価になるのでは?

と思われます。

 

これに、包材や人件費や設備費の回収など

を加えると、まま、5000円は納得の

価格ですね。

まとめ

教えてもらう前と後で紹介の5000円のツナ缶は

マグロトロブラックレーベル

通販は可能。

以上最後までご覧いただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク