カンボジア産ドライマンゴーはマツコも絶賛!小島靖久(ドライフルーツ)の外カリ中トロ究極マンゴ!マツコの知らない世界
スポンサーリンク

こんちは!管理人のハバネロです!

 

みなさんはドライフルーツって好き

ですか?

 

管理人は結構好きで割とよく食べて

ます。ただし、ドライドリアン、あれ

はダメだ(笑)

 

さて、今回のマツコの知らない世界では

ドライフルーツの世界と題しまして

 

東京はアメ横のドライフルーツ店小島屋

店主の小島靖久さんが水先案内人として

紹介してくれるようです。

 

番組の予告では、究極のドライマンゴー

紹介されるそうで。。。ちょっと先に

調べてみました!

 

スポンサーリンク

マツコの知らない世界で紹介!小島靖久のドライフルーツの店
小島屋の場所は?

 

マツコの知らない世界で紹介となると

しばらくめっちゃ混みそうですね。

 

場所はこちらになります。

上野駅から200mほど南へ

降りたところにあるので、観光の

ついでに寄るのもグッドですね。

 

といっても、場所がもはや観光地の

アメ横なわけですが。。。

 

アメ横って楽しいですよね!

ついつい買い食いとかしたく

なってしまうお店もありますし。。

 

その中の一つとして知っておいて

損はないでしょう!

 

ではちょっと店主についても

紹介。

 

スポンサーリンク

 

ドライフルーツ店小島屋店主、小島靖久ってどんな人?

 

小島靖久さんはアメ横にある

ドライフルーツ、乾物の卸問屋の

三代目

 

小さい頃からお店のあるアメ横で

すごしてきたそうです。

 

祖父、父共に食にはうるさく、その

影響で好奇心旺盛な少年だったそう。

 

時には友達がウマいといったハムカツ

の噂を聞けば自転車で上野から

 

八王子へ買い出しにでかけたりも

したそうです。

 

管理人、関西人なのでピンとこなかった

のでグーグルマップで調べてみたら

なんとざっくり40km(笑)

 

この時実に8歳だというのですから

驚きです。。というか、マジ?(;'∀')

 

そして17歳の時には勝浦まで

ウナギ食べに行ったんだそう、モチ

自転車で(笑)

 

それだけ食に興味のある人物って

事ですね、筋金入りですね(笑)

 

そんな小島靖久さんが

『究極にして至高』・・・

すんませんちょっと盛ってます(笑)

 

ドライマンゴ―の通販情報

チェックしてみました。

 

スポンサーリンク

 

マツコも絶賛?カンボジア産ドライマンゴー!
小島靖久が見つけた至高の味!外カリ!中トロ!の通販は?

 

店主小島靖久が一番うまいと思うドライマンゴー

こちらです!        ↓↓↓

 

 

たぶん、放送後すぐに売り切れ必至

先に注文してから本文読むことをお勧め

します(笑)

 

こちらのドライマンゴー、店主である

小松靖久さんが一番うまいと思う逸品

 

品種はケオロミートという日本では

余り見ない品種で、濃厚な甘みと

薫りが特徴。

 

それを着色料や保存料無添加で作った

素材の良さを活かした造りを丁寧に

されているそうです。

 

外カリ!中トロ!のカンボジア産ドライマンゴーの秘密は?

 

こちらもひと手間加えたからこその

食感だそうで、一度マンゴーに砂糖を振って

水分を滲み出させ、その水分と砂糖をふきとる

 

という手間のかかる作業を2度行う事に

よって内側と外側の果肉の水分量の変化で

外カリ!中トロの二つの食感がうまれるんだとか!

 

勿論こんなの機械ではできないので

手作業でされています。。。すげえ!

スポンサーリンク

外カリ!中トロ!カンボジア産ドライマンゴーの
拘り

上記のように食感のこだわり以外にも

丁寧な製法が見て取れます。

 

一個ずつ、ドライマンゴーに適した熟度に

なるまでしっかりと見極めて選果

 

皮をむく工程でも、実を傷めないように

包丁で一個づつ丁寧に向き、乾燥工程でも

 

傷むギリギリの低温の50度切るほど

ゆっくりと水分をぬいていくんだそう。。

 

そうしてできたカンボジア産ドライマンゴー

店主の小島靖久さん曰く

 

「うちのドライマンゴーの中で最高傑作だ…!」

「店主が一番美味いと思う至極のドライマンゴー」

一般的に売られているドライマンゴーがあまりおい

しいと思わなかった方にもオススメできる、至極の一品

太鼓判を押すほど!

 

これはぜひとも食べてみたいですね!

 

もし売り切れていたらこちらもお勧めです!

食感は外カリ中トロではないですが間違いなく

美味しいドライマンゴーになってます♪

 

更にナチュラル思考の方には断然

こっちがお勧め!

 

まとめ

マツコの知らない世界、ドライフルーツの世界で

紹介される究極のドライマンゴーは

カンボジア産ドライマンゴー。

 

小島靖久店長も絶賛で店で一番おいしいと

太鼓判を押している。

 

選果から加工まで丁寧な仕事を

施し、砂糖による脱水を二度繰り返す

ことで外側がパリっと中がとろり

とした食感を生み出すことに成功。

 

通販も可能。

 

いやはや、これウマそう。。。

売り切れる前に購入します!

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました!

アイキャッチ画像は小島屋楽天ショップから引用

スポンサーリンク
スポンサーリンク