なかなかドラマのような

話だと思いますね

 

こんちは、管理人のハバネロです

 

さてヤフーニュースを見てると

こんな記事が。

 

無免許で死亡事故を起こした男に対し、乗用車を提供した男に捜査が及ばないよう警察官に虚偽説明をするように依頼したとして、横浜地検特別刑事部は15日、横浜市神奈川区の弁護士江口大和容疑者(32)を犯人隠避教唆の疑いで逮捕し、発表した。地検は認否を明らかにしていない。

 特別刑事部によると、江口容疑者は、2016年5月中旬に横浜市泉区であった死亡事故に絡み、車の所有者だった男(26)に捜査が及ぶのを避けるため、実際に事故を起こした別の男(22)に対して「勝手に車を持ち出して運転した」などと警察官らにうその供述をするように依頼した疑いがある。所有者の男は、無免許で運転する恐れがあると知りながら、車を提供したという。

朝日新聞社

 

他にも江口大和弁護士は

テレビ出演もしていたという

情報もあります。

 

そんな彼の経歴や出演した

テレビ番組になぜ小林容疑者に

対して犯人隠匿教唆をしたのか?

 

について考えてみたいと思います

スポンサードリンク

江口大和弁護士の経歴は?プロフィールも!

 

ちょっくらプロフィール的

な物から見てみましょう。

 

  • 名前:江口大和
  • 年齢:32歳
  • 住所:神奈川県横浜市神奈川区
  • 職業:弁護士

32歳という事はまだ弁護士

としてはこれからという時期

だと思います。

 

なのにこのような事件を

起こしてしまって誠に残念

だとおもいますね。

 

わかる限りの経歴をしらべて

見たところ、司法試験へ合格

の為に、司法試験研究で有名な

 

巽巳法律研究所に通っていた

ようですね。

タイトル『敗因分析から得られたこと』
      ~再現答案集に学ぶ 最大5頁で受かる方法~

  平成24年司法試験合格者 江口大和さん
  東京大学既修者コース 2010年終了 3年目3回目で合格

  私は敗因分析の過程で再現答案集を分析しました。
  そこで得たものは「最大5頁程度の答案でも安定して合格できるということ」
  論文答練でそれを実践し、結果順位を3000番上げての合格。
  その全てをお話します。
https://tatsumi.co.jp/send_mails/mail_2_2012-10-06_10-57-55.txt

巽巳法律研究所の

会報?に名前があります。

 

上記の情報をみると

東京大学を卒業してる

エリート。

 

重ね重ね残念です。

テレビ番組などに露出もして

これからというときだったのに。

 

そのテレビ番組とはなんなのでしょう?

 

江口大和容疑者は『とくダネ』に出演していた

 


朝の情報番組とくダネに出演して

おり、いろいろな法律の問題に

ついて解説していたそうです。

 

ところで、犯人隠避教唆をすると

弁護士の資格はなくなるのか?

 

ちょっと調べてみた。

スポンサーリンク

江口大和容疑者犯人隠避教唆で逮捕!
弁護士資格はどうなるの?

 

まず犯人隠避教唆とは

簡単にいうと、犯人を

隠すための行動を

 

他人に指示してさせる事。

刑法61条1項・103条

に記されています。

 

でまぁ、がっつりこの内容に

触れていたので逮捕と相成った

わけですが、この逮捕が

 

弁護士としての彼に与える

影響が気になります。

 

社会的に信用を無くすのは

勿論、『資格』を無くす

ことになるのか?

 

について気になったので

しらべてみました。

 

弁護士法には資格の欠格事項に

(弁護士の欠格事由)
第七条 次に掲げる者は、第四条、第五条及び前条の規定にかかわらず、弁護士となる資格を有しない。
一 禁錮以上の刑に処せられた者
二 弾劾裁判所の罷免の裁判を受けた者
三 懲戒の処分により、弁護士若しくは外国法事務弁護士であつて除名され、弁理士であつて業務を禁止され、公認会計士であつて登録を抹消され、税理士であつて業務を禁止され、又は公務員であつて免職され、その処分を受けた日から三年を経過しない者
四 成年被後見人又は被保佐人
五 破産者であつて復権を得ない者

第四条は司法試験合格

第五条は法務大臣がある条件を

満たしたときに認めた場合。

 

でさらに刑法もかかわってくる

みたいで、

第三十四条の二禁錮以上の刑の執行を終わり又はその執行の免除を得た者が罰金以上の刑に処せられないで十年を経過したときは、刑の言渡しは、効力を失う。罰金以下の刑の執行を終わり又はその執行の免除を得た者が罰金以上の刑に処せられないで五年を経過したときも、同様とする。

 

実は、資格は法曹資格が

取り消されるだけで

弁護士になる為の登録資格は

残るそうで

 

禁固刑くらっても10年たてば

資格は復活できるっぽい。

 

でも資格復活を拒否する事も

法曹界はできるようです。

 

で、肝心の犯人隠避教唆の罪ですが

こちらは犯人隠避罪と同じ重さに

なるので2年以下の懲役もしくは20万

以下の罰金となってるので

 

懲役判決ならアウトになる

はず。。。多分。(;’∀’)

 

ちょっと調べきれてない

感はありますがこんな感じ

でした(;’∀’)

 

まだまだ2P目に続きます!