こんちは、管理人のハバネロです

ちょっと大きな事故の報道が

ありましたね。

 

NHKニュースによると

6日午前1時40分ごろ、山口県岩国市にあるアメリカ軍岩国基地に所属するFA18戦闘攻撃機とC130という航空機が高知県の室戸岬の南、およそ100キロの上空で接触し、海中に落下したNHKニュースより引用

 

深夜の空中給油ミッションの際の

事故とみられています。

 

事故を起こしたFA18や

C130とはどのような機体か

 

また事故の現場や乗員の安否情報など

調べてみました。

スポンサードリンク

高知沖で衝突したFA18攻撃機とC130空中給油機とは?

 

FA18戦闘攻撃機について調べてみると

設計思想はかなり古いですね

https://ja.wikipedia.org

アメリカの軽量攻撃機計画の中で

YF16(現F-16)に競り負けて

しまったYF17をベースにした

機体。

 

そう考えると1970年代から

血脈がある機体。

 

YF17を発展させたものが

FA-18という機体になります。

意外と古い機体ですね。

 

管理人は昔プレステのゲームで

『エースコンバット』というのに

ハマっていたのでF18のイメージ

といえば『小型で小回りの利くけど

火力と航続距離に難のある機体』

という印象でした。

 

実際の機体についての性能は

中低速での運用を主としているらしく

アメリカ海軍の艦載機として採用

されている。

 

空対空のファイトよりも空対地

での運用が多かったらしい。

 

KC130とは?

https://ja.wikipedia.org

こちらも半世紀ほど前から

あるベストセラーの輸送機。

C-130をベースにした機体。

 

画像はC130のモノです・

 

特長はなんといっても

離陸距離の短さと輸送力と

運航性能の高さ。

 

基本スペックがすばらしいので

輸送機としてでなく、今回の様な

空中給油機としても換装された

ものもある。

 

派生した機体の数もものすごく多い

世界の輸送機の異名をとっており、

 

世界各国で使用されている。

 

日本の自衛隊にもあるみたいですね。

 

FA-18攻撃機とKC130給油機の接触現場の場所は?

 

こちらの海域になります。

室戸岬から南に100kmほど。

 

現在のところ、機体の状態などの

情報もでていません。

 

接触してコントロール不能になり

墜落したと考えられますが

乗員の安否も気がかりです。

 

空中給油は難しいのか?

 

今回事故の原因となった空中給油ですが

その方法はどんなものなのでしょうか?

 

 

こちらは別の機体になりますが

空中給油の動画です。

 

ご覧いただけるとわかる通り

最早神業。

 

2機の速度、距離、高度が

かみ合わないと接触は必至と

なります。

 

これを夜間に行うとなると

相当の危険が伴うのは間違い

ありません。

 

しかし有事の際の訓練なので

それを否定する事はできませんね。

 

FA-18戦闘機とKC-130空中給油機のクルーの安否は?

 

現在、高知沖の海域を自衛隊、

海保、海兵隊で捜索を続行している

という事です。

 

乗員の安否については

一人は救助されたそうですが

その他の6人に関する情報は

まだ出てきていません。

 

どうにか無事であってほしいですね。

 

以上最後までご覧いただき

ありがとうございました。