スポンサーリンク

殺人冷蔵庫!アラスカガス式冷蔵庫一酸化炭素中毒事件
ガス式冷蔵庫って?仕組みは?家庭用は大丈夫?

 

ガス式冷蔵庫はその名の通りガスを使った冷蔵庫。

 

一般的な冷蔵庫はの仕組みはこの通り

  • 1 冷媒を圧縮機(コンプレッサー)で圧縮して、高温、高圧の気体へ変える。
  • 2 放熱器(コンデンサー)を通しながら、冷媒を気体から液体に変える。
  • 3 冷却器で圧力を下げて、冷媒を液体から気体に戻す。このとき周囲から熱が奪われる。冷気発生。
  • 4 発生した冷気をファン等で庫内へ流す。
  • 5 再びコンプレッサーに運ばれる。

これを繰り返して冷やしていくんですけど

 

ガス式はちょっとちがうんですよね。

気化吸収型という方式になるんですが

 

こちらは液体アンモニアの気化熱を

利用して冷却するタイプ。

 

つまり液体アンモニアを熱するのに

ガスの火が使われるという事。

 

このガスが不完全燃焼をしたら

上記のような事故が起きる可能性がある

というわけです。

 

という訳で、我々が一般的に使用してる

冷蔵庫で一酸化炭素中毒の心配は

ないといえるでしょう。

 

安心安心。ですが、キャンピングカー

等に搭載されてる方は注意が必要

ですね。

 

一酸化炭素の警報装置の設置は

必須だと思います。

 

上記の家族も、取り付ける予定だった

そうです。

 

ちょっとの差で、不幸な事件に

なりました。

 

やはり安全に早すぎる準備はないんで

すね。

殺人冷蔵庫!アラスカガス式冷蔵庫一酸化炭素中毒事件まとめ

 

アラスカの冷蔵庫一酸化炭素中毒は

ガス式冷蔵庫の故障による不完全燃焼

が原因

 

一般家庭用の冷蔵庫で同じ事故が起きる

可能性はおそらくない。

 

以上最後までご覧いただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク