東京の秘境島青ヶ島の塩『ひんぎゃの塩』の通販・お取り寄せ情報坂上&指原のつぶれない店
スポンサーリンク

こんちは!管理人のハバネロです!

料理好きにはマストアイテム!

お塩情報!

 

いろんな番組でいろんな塩扱ってるところ

紹介されてますが今回の塩もかなり

凄い場所でつくられています!

 

坂上&指原のつぶれない店では

ご当地調味料やバカ売れ食材を

特集してるのですがこのページでは

東京の秘境島『青ヶ島』のお塩が紹介

されるという事で通販・お取り寄せ情報と

ちょっと青ヶ島について調べてみました!

スポンサーリンク

坂上&指原のつぶれない店で紹介!東京の秘境島『青ヶ島』の『ひんぎゃの塩』の通販は?

こちら通販可能なようですね。

楽天などで取り扱いがあります。

パッケージからいかにも南の楽園って感じ

がしていいですね。

 

贈り物などにも喜ばれそうです。

塩を送るってすごくいい事だと思うのですが

如何でしょうか?

 

老若男女に喜ばれると思うのですが。。。

 

さてこの塩についてちょっと説明

スポンサーリンク

ひんぎゃの塩って何?由来は?

こちらのお塩の名前なかなかユニークですよね。

『ひんぎゃ』って響きが癖になりそうです。

 

この『ひんぎゃ』とは青ヶ島の方言で『地熱蒸気をだす

噴気孔』の事で『地熱の塩』という意味だそうです。

 

元々の由来は『火の際』から『ひのぎわ』

『ひんぎゃ』になったとも言われています。

 

その名の通り、地熱を利用して塩を生成している

ことからこの塩の名前が付きました。

 

東京から南に300kmも離れている綺麗な海水を

くみ上げ、地熱にて煮詰めていくとザラザラの

大きな結晶が出来上がっていきます。

 

それを遠心分離機で脱水。さらにひんぎゃにかけて

乾燥させることで極上の『ひんぎゃの塩』が完成

するのです。

 

地熱での煮詰め作業は非常にゆっくりと進む

為に角がまったくない甘味のある塩になるの

だとか。

 

成分だけでいうと塩化ナトリウムが91%

その他ミネラルがカルシウムが多くて残り

を分け合っている形になります。

 

ミネラル分が多くなると雑味を感じるの

ですがこの塩は本当の意味での甘味すら

感じるとの事。

 

おにぎりしたら最高でしょうねぇ。

スポンサーリンク

東京の秘境島青ヶ島ってどんなところ?

正直、行くのは根性がいります(笑)

東京から南に340km。

https://www.gnavi.co.jp/amex/aogashima/

 

ご覧ください。この大カルデラを・・・熊本の人は

対抗意識芽生えそうです(笑)

 

伊豆諸島最南端の島に位置しており

人口はわずか180名ほど。

 

面白い小話としては島に細かい住所が

ないそうで〒100-1701東京都青ヶ島村無番地

だけで荷物が届くとの事。

 

村民の誰かは名前で判断してるそうで

同姓同名ならどうするのだろうか?と

疑問が残ったりします(笑)

 

なんといっても夜空が半端なく

キレイで『星のコロシアム』と異名を

とるほどなんだとか。。。

これは一度見に行きたいですね。

青ヶ島までは東京から飛行機で八丈島

までいってそこからヘリか船を使っていく

ルートになるのだとか。

 

都会の喧騒につかれたらちょっと

旅にかんがえてみてもいいですね。

まとめ

坂上&指原のつぶれない店で紹介の東京の秘境島の塩は

『ひんぎゃの塩』。

通販は可能。以上最後までごらんいただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク