GWに捕まるなんて旅行中の人は

ちょっと安心ですね。

 

管理人のハバネロです。

さて、30日のお昼くらいに

ニュースになってましたが

愛媛県今治市の松山刑務所

大井造船所から逃走した

平尾龍麿が捕まりましたね。

 

当初は広島県尾道市向島の

駐車場で逃走に使ったと思われる

車が発見されたことから向島に

潜伏してるものとして捜査を

進めていました。

 

しかし平尾容疑者は65kmも離れた

広島県広島市で発見。

 

一体どうやって移動したんでしょうか?

スポンサードリンク

平尾龍麿容疑者の足取りは?

まず今までの足取りを見ていきましょう。

まず脱走開始した大井造船所

スタート地点がここ。

8日の夜に脱走。

9日には向島に到着していた模様

その間の足は盗難車。

 

今治市内の民家から盗んだものを

使用して向島まで逃走して

乗り捨てたようですね。

次に痕跡が残っていた向島はここ

 

もうあと数百メートル尾道水道を

渡れば本州に着く島ですね。

その後向島内で窃盗事件が多発。

車をお借りしますとのメモを

残すも車自体は盗まれていなかった

ようです。

 

そこから足がつくことを恐れたん

でしょうか?今の車って人によっては

盗難防止用のGPSとかついてたり

しますもんね。

 

もしくは車を盗むタイミングが

なかっただけかもしれません。

スポンサーリンク

平尾容疑者はどうやって本州へ?
泳いで渡った?船?手引きはあった?

この頃には既に橋は検問が掛かって

いたので車での移動はNG.

 

となると船(イリーガルなやつ)か

泳ぎとなるわけですが

 

船は盗難の情報がないのでこれも

違いますね。

 

更に手引きがあったか?

の可能性ですが平尾容疑者を

手引きして特になる事なんも

ないのでこれもないでしょう。

 

となると残る一つの水泳。

地元民によると今の時期は潮の

流れが速く、水温も低いので

300mとはいえ危険。

 

その可能性は低いとされて

きましたが、先ほど

【泳いで渡った】との報道が

ありました。

 

危険を顧みては脱走は成功しない

ので決死の遠泳だったと思われ

ます。

 

しかし濡れた服などどうしたんでしょう?

その後広島まではどうやって移動

したんでしょうか?

スポンサーリンク

平尾容疑者の濡れた服や移動方法は?

発見時は黒っぽい上下を着ていたと

報道があったので脱走時とは違う

服を着ていたようです。

 

濡れた服などは乾くまで待って

着替えを買いに行った可能性も

ありますが、足がつくためそのまま

乾かした服を着ていた可能性もありそう

ですね。

 

また広島市までの移動方法は

車、徒歩、電車などが考え

られますが、一番足が付きにくい

のが徒歩での移動と思われます。

 

グーグル先生で広島まで

歩かせてみたら意外と17時間ほど

でつくらしい。

姿を隠しつつ数週間かけて

移動した可能性もありますね。

今後の取り調べで分かり次第

情報追記していきたいと思います

情報追記中