グラップラー刃牙や修羅の門世代には

堪らないニュースですね。

こんちは!管理人のハバネロです。

 

ミャンマーの伝統格闘技

ラウェイをご存知でしょうか?

 

バンデージのみを拳に巻き、

肘や膝ありの過激な格闘技。

ミャンマーの伝統的な格闘技らしい

のですが知名度はムエタイなどより

かなり劣ります。

 

そんな失礼ですがマイナーな格闘技に

日本人選手の金子大輝選手が

何と王者に輝いたそうです。

 

そんなリアルグラップラー刃牙の

経歴やプロフィールに結婚や

収入なんかも見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

ラウェイ王者、金子大輝のプロフィールは?

名前:金子大輝

生年月日:1994年3月28日

身長:168センチ

所属:リバーサルジム川口・Thut Ti Lethwel club Gym

 

金子大輝さんはあまり身長は高くないですね

体重も50キロ台ではないかと思われます。

 

所属を見るとどうも日本国内とミャンマーに

それぞれ所属してるジムがあるようです。

戦績をみてみると

  • 2013年7月 第12回 関東アマチュア修斗選手権 ライト級 準優勝
  • 2014年12月 TNTアマチュアキックボクシングウェルター級(67kg)優勝
  • 2014.03.21 TRIBELATE42 勝俣裕基 ○ 判定3-0
  • 2014.04.27 GRACHAN13 郡司光 × 2R 1:58 TKO
  • 2014.07.13 GRANDSLAM~Way of the cage~ 三原宏樹 ○ 1R4分29秒 KO
  • 2014.10.4 VTJ6th 平川智也 × 3R 判定 0-3
  • 2014.12.21 プロフェッショナル修斗公式戦 海下竜太 × 2R 判定0-2
  • 2015.4.18 SHOOTO GIG TOKYO VOL.19 スーパー均くん × 2R 1分55秒 KO
  • 2015.11.28 中日拳王決戦”大熊山杯” 毕鑫 △ ドロー
  • 2016.01.23 中日拳王決戦”白沙渓黒茶杯”李雪威 × 3R 判定0-3
  • 2016.02.14 MYANMAR-JAPAN LETHWEI CHALLENGE FIGHT”HEROSvsSAMURAIS” Tha Phay Nyo × 2R KO
  • 2016.05.1 ZONE4~原点回帰~ 金子大輝vsNyanLinnAung ×2R TKO
  • 2016.9.11 ZONE5~沖縄大会 アイアンホース田中 ○  3R TKO
  • 2016.12.29 Kayin New Year Lethwei Events ルワンチャイ  ○  KO
  • 2017.3.19 International Lethwei Fight 2 マーチン・タイ  ○ 1R KO
  • 引用元:http://sugoihito.or.jp

見ての通りラウェイの他にキックボクシングの

ZONEと言う大会などにも出場してますね。

ですがなかなか勝てない時期が続いていた

ようです。

 

確かに前半戦は苦戦続き。ラウェイ開始から

大きく才能が開いた感じもうけますね。

では経歴を見ていきましょう。

スポンサーリンク

金子大輝の経歴は?

金子大輝さんは埼玉県出身。

家族もスポーツ一家で

両親は体操選手、弟もインターハイ

個人総合優勝するほどの実力者

だったそうです。

 

おそらく弟さんは金子和輝さん。

埼玉栄体操クラブにお勤めのようですね。

 

そんな体操一家の中、なぜ大輝選手は

ラウェイの道にすすんだのでしょうか?

 

それは実は左肩のケガが原因だったようです。

小さい頃から酷使してきた左肩が高校3年の

時に遂に悲鳴をあげます。

 

体操選手としての復帰は絶望的でした。

生きる意味を失い、途方に暮れていた

そうです。そんな中、心の支えになったのが

あの『グラップラー刃牙』だったそうです。

 

あら、びっくり、冒頭でこの漫画いじった

のに本当だった(笑)

 

大学入学後、近くの格闘技ジムの門

をたたきます。

 

全くの素人ではありましたが、

体操で作られた肉体とそのセンス

にコーチも『才能がある』

と見込まれたそうです。

 

キックボクシングやMMAでの試合にも

出るようになりましたが、両親を安心さ

せるため大学卒業後は警察官になろうと

応募するも落第してしまいます。

 

そこで最後に残った選択肢が格闘の世界

だったわけです。上記の戦績を見るとわ

かりますが、序盤は負けと引き分けばかり。

 

才能があってもまだ開くのは先の事だった

ようです。そんな折、知り合いの格闘家を

通じてラウェイへのお誘いを受けます。

 

ラウェイの動画をみるとそこには憧れの

グラップラー刃牙の世界がありました。

格闘技の原点ともいえる純粋な殴り合いの

世界。

 

大輝選手はすぐに『やります』と即答します。

 

2016年2月にラウェイ発試合。

しかしなぜか相手はチャンピオンと当たる事に。

周囲からはチャンピオンの相手としてふさわしく

無いと批判もあったようです。

 

結果は2ラウンドTKO負け。

しかし手ごたえも同時に感じていたそうです。

スポンサーリンク

それからは日本とミャンマーをいったり

来たりしながら試合を重ねるように。

 

日本での練習はもう漫画の世界そのもの

だったようです。

元プロボクサーの方の好意でコーチング

をしてもらっていたのですがその練習の

一つが『やんちゃな若者』を集めて

パンチを受けるというもの。

 

ひと昔前の喧嘩物の特訓の様な事を

リアルにしてたそうです。

これが功をそうして確実に実力へ

つながったそうですが。。。。

 

そのうち蜂の巣にいたずらして

襲ってくる蜂撃ち落とす練習

するんじゃなかろうかと心配に

なりますね(笑)

 

その後はミャンマーで3連勝。

チャンピオンにタイトルマッチで挑むも

これは敗北を喫してしまいます。

 

2度目のタイトルマッチでは

見事にチャンピオンをやぶり王者に

なります。

 

ケガによる体操人生の終わり

就職失敗

勝てない試合

いろんな思いが廻った事でしょうね。

やっとの思いでつかんだ勝利に

思わず男泣きしていたそうです。

かっこいいですねぇ。

 

経歴はこんな感じでした。

さて、年収や結婚はどうなってるのか

ちょっとチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

金子大輝の年収や結婚は?

しらべてみたものの

ラウェイ自体のファイトマネー的な

情報が日本のネット上には

少ないですね。

 

こちらが有益な情報として紹介できそうです。

出場すればファイトマネーが数十万円、KOすれば100万円以上と言われていることも一因だ。ミャンマー人の平均的月収が約1万5000円であることからすれば、相当な大金だ。誇りだけではなく生活そのものが懸かっている。

引用元:jp.vice.com/sports/lethwei-the-most-radical-martial-arts-in-the-world

もっとも、こちらは日本で興行を行っている

ILFJ(International Lethwei Federation Japan)

での話なので本場でもこの金額かは

ちょっとわかりません。

 

ただミャンマー人の平均月収が

1万5千円と言うのを見ると

現地では数十万程度が最高額?

 

になるような気がしますね。

お金稼ぐなら日本に輸入された

ラウェイに出場したほうが

よさそうです(;’∀’)

 

もっともラウェイは日本でいう

相撲やタイのムエタイと一緒で

宗教的神事の意味合いも強いそうです。

 

金子大輝選手もそのことを判っていて

かつては相手をののしる発言などで

注意されたそうですが、今現在は

相手を敬う姿勢が現地人にも認められて

人気のファイターとなっています。

 

お金だけがすべてじゃないとおもって

いるかもしれませんね。

 

さて、では結婚はしてるのか?

と言う話ですがこちらは全く

情報なし(;^ω^)

ラウェイと言う過激な

格闘技選手なので肝っ玉のふとい

女性じゃないと持たなさそうですね(;’∀’)

 

女性ファンも多そうなイケメンさん

なのですでに彼女はいるかもしれませんね

スポンサーリンク

まとめ

金子大輝は元体操選手

家族も体操一家で

弟はインハイ個人総合優勝の経歴の持ち主。

 

金子大輝は大学卒業後

警察官試験に落第。

 

格闘技の道へ進むが負け続ける

そんな折にラウェイに勧誘され

いきなりチャンピオンと試合。

 

敗戦をばねに練習を重ね

2017年12月に遂に

ラウェイ王者になる。

 

年収ははっきりした額は不明

彼女や結婚の情報も不明

うーむ、結構謎多きひとですね。

 

そもそもラウェイと言う格闘技

自体ほぼ日本人知らないでしょう。

管理人も初めて知りました。

 

1000年の歴史ある格闘技だそうで

神事にもなってるものに日本人が

王者になったってものすごい事ですよね。

 

もっと話題になってもいいと思うんですけど

ならなかったですねぇ(;’∀’)

最後までご覧いただき

ありがとうございました!