スポンサーリンク

こんちは!管理人のハバネロです。

やっと寒さも緩んできましたね。

 

しかし寒いからこそできる

美味しいものもあるんです。

 

皆さんは寒干大根(かんぼしだいこん)

をご存知でしょうか?

 

寒いからこそできる伝統的な保存食

の一つなのですが、味の凝縮感など

生とは違った魅力あふれる食材。

 

今回のごはんジャパンでは、岐阜県は

奥飛騨の山之村の寒干大根(かんぼしだいこん)

について紹介するみたいです。

 

通販などあるか調べてみました!

スポンサーリンク

岐阜県奥飛騨の山之村の寒干大根(かんぼしだいこん)

 

岐阜県の最北端に位置する北アルプスの麓

標高約1000mの高台に位置する豪雪地帯

に山之村があります。

 

冬にはマイナス20度になることもある

この地こそ、極上の寒干大根(かんぼしだいこん)

を作るのに最適な地なのです。

 

マイナス20度って都市部(北海道などは除く)

に住んでいたらまず味わわない温度ですね(;'∀')

 

山之村の寒干大根(かんぼしだいこん)

光と風と凍み(こごみ)の3つがそろって

はじめてできるんだそう。

 

普通なら驚異になりえる自然の力を

生活の知恵に落とし込んだ結果の食材

なのかもしれません。

 

寒干大根(かんぼしだいこん)はいわば

天然のフリーズドライ食品。

 

冬季にマイナス20度までさがる山之村の

気候により、夜に凍り、昼に溶けるを

繰り返し、山裾の風によりさらに

 

水分がぬかれて旨味が凝縮

していきます。

 

さらに日光による天日干し効果もあり

各種栄養も増大します。

 

昭和60年頃から特産化の活動が始まり

山之村のお母さんたちの手によって

伝統の味が名産品へと生まれ変わったそうです。

スポンサーリンク

山之村の寒干大根(かんぼしだいこん)の通販は?

 

こちら、予約商品になってます。

4月末からの発送になりますがこうして

待っている間にもジワジワと大根から

水分が抜かれ極上の寒干大根(かんほしだいこん)

になっていると思うと期待が膨らみますね!

スポンサーリンク

ごはんジャパンの寒干大根(かんほしだいこん)の料理は?
寒干大根酢豚や麻婆大根

 

パッと見、お肉にもみえる寒干大根。

こちらの画像は麻婆大根ですね。

 

番組では人気中華の『美虎』の

オーナーシェフ五十嵐美幸さんが

腕を振るってます。

 

料理によって寒干大根(かんほしだいこん)

の戻し方を変えるテクニックなど番組

で見せてくれるそうなので必見ですね。

 

まとめ

 

ごはんジャパンで紹介される

岐阜県奥飛騨山之村の寒干大根

(かんぼしだいこん)はマイナス20度

にもなる豪雪地帯だからこそできる

自然のフリーズドライ食品。

 

通販も可能。以上最後まで

ご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク