今日の昼くらいにちょっとびっくりニュース

競馬の木幡育也騎手がフロセミドなる利尿剤の使用で

30日間の出場停止処分を受けました。

国内で薬物使用で停止処分をうけたのは

史上二人目だそうで、まだまだ18歳の彼に

とって大きな傷跡になりそうです(;”∀”)

さて、今回使われたフロセミド

いわゆるむくみを取る利尿剤なのですが

なぜこれを使うとダメなのか?

また、使った理由などを考察!

まずは木幡育也騎手の経歴や家族について
調べてみましょう。

スポンサードリンク

木幡育也騎手の経歴と家族は?

  • 名前 木幡育也
  • 生年月日 1998年9月21日
  • 年齢 18歳
  • 出身地 福島県南相馬市
  • 所属 三浦・藤沢和雄厩舎
  • 家族 父・母・兄二人

競馬デビューまでの詳しい経歴はちょっとしらべきれなかった
のですが、2017年にデビューしているので

それ以前は競馬学校へ行ってたんだと思います。
競馬学校って28年度から騎手課程においては

3年間のご飯代120万のみでいけるそうです。

ちょーっと木幡騎手は早かったですね(笑)

家族は父・兄二人ともジョッキーという

ジョッキー家族。過去には兄弟で出走もしたそうです。

過去戦績は108走でて、1着4回2着7回3着3回着外97回

現在の順位は90位。まだまだ新人さんですね。

スポンサーリンク

木幡育也騎手がフロセミドを使った理由とは?

さて、ここでまずフロセミドについて簡単に

紹介。

いわゆる心臓病や腎臓病などで起こる浮腫みを

取る為の利尿剤なんです。

腎臓の水分をリサイクルする働きをストップさせて

排出を促すことで利尿させる仕組み・

これ自体に筋肉増加の作用などはありません。

ではなぜ、禁止薬物になっているか?

それはバレちゃまずい薬の使用をごまかす為

に用いられることがあるからなんです。

それを踏まえたうえで今回の服用について

考えられるパターンをいくつか出してみました。

スポンサーリンク

  • 減量
  • 実は病気
  • 飲酒
  • ドーピング回避
  • それダメ絶対な薬

これくらいかなぁ思われます。

まず減量・・・こちらはそのまんまですね。
プロのジョッキーになると体重制限自体は
ないんですが、軽いに越したことはないんです。

なのでちょっとでも軽くしたい・・・という想いが
働いた・・・理由としては弱いですね(;”∀”)
それともそこまでしないとダメなくらい太った??

次に実は病気・・・こちらもちょっと理由としては
考えにくいですね。病気なら常用してしまう可能性
の方が高いですし、そうならやましい事もないので
ニュースでも釈明が伝えられるでしょう。

次は飲酒・・・こちらは利尿によってアルコールは代謝される
わけではないのでこれもなさそうですね。但し、酒後のむくみ
取には有効です(笑)

次はドーピング・・・実はこれが一番シックリきそうな理由なんで
すが、ドーピング剤で筋肉増やしたら体重ふえるからしないと
思うんですけどどうなんでしょうかね?以前同じくドーピング
検査でひっかかったメキシコ人騎手はオキシコドンという
いわゆる合成麻薬ですね。鎮痛目的で処方されるんですが

こちらでアウトになっていました。筋肉増量目的ではなさそうですね。

次はダメ!絶対なお薬 持病とうで鎮痛目的でないなら
もはやこれが一番シックリ着ちゃいます(;”∀”)

ある種のお薬は利尿すると成分がどんどん抜けていくことが
良く知られていて、使った後の証拠を上げるには時間との
勝負だ!と言われたりもします。

うーむ、しかしドーピング検査を不定期かつランダムピックアップで
してるとなるとコレするリスク相当あると思うし、検査の前情報が
ないと対応できないからこの線もうすいか・・・

となるとどういうこと?となりますが。

平和的な理由で行くと

『ちょっと浮腫んで体重もふえてきたらから利尿作用のある薬のんで
浮腫み取ろうとしたら、実は違反薬物だった。知らなかった!』

辺りで落ち着くんじゃないかなぁと思います(;”∀”)

あくまでも管理人の勝手な推測なので今後どのような弁明が
あるか動向に注目したいと思いますね。

最後までご覧いただきありがとうございました!