https://www.cathouseonthekings.com
スポンサーリンク

こんにちは!管理人のハバネロです。

みなさんは猫好きですか?

 

管理人の小さい頃夢は猫の飼育

でした。。いまだ諸事情でかなわず(笑)

 

可愛いですよね、にゃんこチャン。

でも、いい人に巡り合わず、捨て猫に

なってしまう猫も多いのです

 

そんな猫を今まで38000匹以上

救ってきた女性がアメリカカリフォルニア州

にいるそうで、その女性が起こした

保護施設が半端ないらしい。

 

その名も【キャットハウス・オン・ザ・キングス】

この猫保護施設の場所や創設者の女性に

ついて調べてみました。

スポンサーリンク

東京ドーム一個分!カリフォルニアの猫保護施設【キャットハウス・オン・ザ・キングス】の場所は?

まずこちらをご覧ください。

ドローン撮影された『キャットハウス・オン・ザ・キングス』

の映像です。

 

その広さにびっくりしますよね。

 

場所はカリフォルニア州のParlierのKings川沿い

にあります。名前のキングスはこちらの

川からつけられたようですね。


本当に川のほとりにあります。

 

広さにして12エーカー、約2万4500㎡

の敷地内に猫800匹以上をケージレスで

収容してるそうです。

 

猫好きにはたまらない空間かもしれませんね。

しかしながら逆にそれだけ保護対象になる

猫がいるという事実。

 

複雑な気分にもなりますね。しかしこの施設の

おかげで新たな飼い主に出会えた猫が数多く

いるのは救いとも言えます。

 

施設内にはキッチンや検疫ルームなど

猫の収容に必要な設備を完備。

 

800匹以上の猫のごはんを用意して

配るのに6人かかりで2時間かかるそうです。

12エーカーって広すぎですね(笑)

 

ここでは世界8か国から飼育放棄された

猫を保護しています

スポンサーリンク

キャットハウス・オン・ザ・キングスの猫の里親には日本でも可能?

 

日本への引き取りができるかは

ちょっと調べてみたのですが

里親になるマッチングの要項をみると

難しいやもしれません。

 

施設のサイトから里親希望の申請は

できるのですが、実際に施設へ赴き

面接をする必要があるようです。

 

また、保護猫を家に連れて帰るのは

里親の役目となっており、出荷・・・

というと聞こえ悪いですがそれらは

行われていない様です。

 

詳しくはこちらの採用ポリシーをご覧ください。

 

ではこの施設を作った創業者の女性に

ついて見ていきましょう。

スポンサーリンク

キャットハウス・オン・ザ・キングスの創設者レニア・ラッタンジオの経歴は?

この施設の創設者はたった一人の女性でした。

お名前は、レニア、ラッタンジオさん

https://www.cathouseonthekings.com

彼女が猫を保護し始めたのは1992年の事。

実に27年も前から保護活動を行っています。

 

その年一年だけで100匹ちかい猫を

保護し新しい里親と引き合わせており

その翌年には自ら動物看護士となるなど

そのバイタリティはすさまじいの一言。

 

レニアさんは昔は独身で、老後の為に

キングス川を望むことのできる

場所に118坪の家を持っていたが

 

そこもすぐに保護動物で手狭になって

しまった為、現在の保護区を設立したそう。

 

最初の7年間は金銭援助もなく、自分の

車や結婚指輪を売って猫の面倒をみていた

ようです。

 

現在の家はなんと移動式の住居。昔の

家とは比べれないほど質素なものですが

それでも現在の猫と共に過ごす生活が

充実してるといいます。

 

現在は多くのスタッフにも囲まれ

日々猫の世話やあらたな保護猫の

受け入れに尽力を尽くしています。。

スポンサーリンク

まとめ

坂上どうぶつ王国で紹介される

800匹以上の保護猫がいる

カリフォルニアの施設は

『キャットハウス・オン・ザ・キングス』

 

一人の女性が創設した保護区が始まりで

東京ドーム一個分12エーカーの広大な

敷地にケージレスで保護猫が暮らす世界

最大級の猫の保護施設。

 

創業者のレニア・ラッタンジオは

元々は大きな家を持っていたが保護区

創設の為に私財を投げ出して設立。

 

現在は数多くのスタッフと共に

保護猫のマッチングや受け入れなど

に尽力をつくしている。

 

以上最後までご覧いただき

ありがとうございます

こちらもお勧めです

スポンサーリンク
スポンサーリンク