こんちは!管理人のハバネロです!

 

ワイン大好きな一人としては

ちょっとショックな事件が

起きました。

スポンサードリンク

 

事件のあらましはこうです。

有毒物質が混入した疑いがあるとして、33年前に回収対象となった可能性があるワインが、インターネット上のオークションに出品され、落札されていたことがわかった。

ワインはキッコーマンの子会社・マンズワイン(東京)製の1981年産「氷果ひょうか葡萄ぶどう吟醸」(180ミリ・リットル)とみられるものなど少なくとも3本。今年8月、同じ出品者がオークションサイト「ヤフオク!」に出品し、すぐに落札された。

プラスチックなどの原料で、摂取すると腎障害などを起こす恐れがある「ジエチレングリコール」の混入が疑われるとして、旧厚生省が85年、計約39万本の回収を求めた。ただ、多くが消費され、回収できたのは約4万本だった。当時から現在まで健康被害の情報はないという。

キッコーマンでは今後、出品者や落札者に連絡できないかサイト側と協議するとともに、同様の出品がないか、ネットの確認を徹底するという。同社広報担当者は「当時、購入者宅を戸別訪問して回収しており、もうほとんど世の中には存在していないと認識していた」と話した。

 

うーむ、完全に知っていて出品

していたんでしょうね。

 

起業が回収に乗り出した商品を

あえて持っておく事で希少価値が

でることはままあります。

 

しかし今回の場合は健康被害も

考えられるものでワインの

イメージを悪くすることも

考えられるのであまり歓迎

できる事件ではないですね。

 

そもそもの発端となった事件

や落札価格などについてしらべて

みたいと思います。

スポンサーリンク

毒物マンズワイン事件とは?エチレングリコールって何?

こちらの事件、1985年に大体的に

報道されています。

 

当時の朝日新聞の記事を読むと

検査機関で毒物である

エチレングリコールの

混入が認められたのが

1978年製の『マンズワイン

エステート貴腐』(720ml

3万円)

 

1981年製『マンズワインエステート

氷結吟醸(180ml)

 

消費者が検査依頼したそうで

貴腐のほうにはリットル当たり

1.216g、氷果のほうは

1.776gのジエチレングリ

コールが検出されたそうです。

 

致死量から換算すると大体

60分の一の量にあたり

健康被害の心配はほぼ

ないそうです。

 

また、これ以外の銘柄でも

80年産の『マンズエステート

貴腐』82年産『マンズエステート

氷果吟醸』にも混入が認められて

いるそうです。

 

マンズワインによると

これら4銘柄は

全部合わせて十数万本ほど

出荷されたそうです。

 

なぜこのような事が

おきたのか?その理由について。

スポンサーリンク

毒物マンズワインの理由は?

実はこの4銘柄、国産ワイン

以外に西ドイツとオーストラリア

からの輸入ワインの混醸。

 

ワインを生産した後に

外国産ワインからジエチレン

グリコールが検出された

旨をうけていたのです。

 

厚生労働省から自主検査の

お願いをされていたそうですが

 

マンズワインでは既に在庫は

全て出荷済みで自社に在庫が

ない事から検査をせずに

していたんだそう。

 

4銘柄以外のワインは在庫が

あったものに関してはすべて

検査をして『当社からは

ジエチレングリコルは不検出』

と発表。

 

しかし4銘柄からはばっちり

出てきてしまったという事件

ですね。

 

しかし、検査できなかった

4銘柄を回収しておきながら

なぜその後に公表しなかった

のかを問われると

弁明の仕様がないと発表して

います。

 

やはりものすごい金額の

賠償になったりする可能性が

あったからでしょうね。

 

ところでジエチレングリコールって

何?って感じですよね。

スポンサーリンク

ジエチレングリコールとは?マンズワイン毒物事件

 

上記にあるように腎機能に損傷を

与える可能性がある薬物。

 

簡単にいうといわゆる

『不凍液』と言われている

やつですね。

 

他にもインクやたばこの軟化剤

ブレーキ液や潤滑剤などにも

使われている意外と身近な

薬品。

 

だからこそ中毒死が結構

多いみたいです。

 

今回のような少量ですと

まあ大丈夫ですが

 

死亡例も多い薬物では

あります。

 

とまぁこんなサイドストーリー

のあった『マンズエステート

氷果吟醸』がヤフオクで落札

されたわけですが

 

落札価格はいくらだったのでしょう?

スポンサーリンク

毒物マンズワインの落札価格は?

 

こちら調べてみたのですが

どうにも情報なしですね。

 

通常なら、落札済の商品は

落札価格などがしらべられる

のですが、

 

今回報道をうけてか

削除されているのだと

思います。

 

今回の商品である

『マンズエステート氷果吟醸』

は毒ありなしにかかわらず

頒布会用の品で、月3000円

程度の掛け金で2、3本ずつ

受け取る仕組み。

 

すべて受注生産で81年ものは

約5万本ほどの出荷となったそう。

 

つまり一般販売品でない

希少性も高い品物だったんですね。

 

そのことから考えても

数万単位での販売であった

可能性は高いと思います。

 

飲用ではなく、コレクターズ

アイテムとしての価値も

あるっちゃあるのかな?と

感じますね。

スポンサーリンク

まとめ

 

ヤフオクで落札された

毒物マンズワインは

『マンズエステート氷果吟醸81年』

 

頒布会でくばられた

希少価値の高いワイン

 

ジエチレングリコールが

致死量の60分の1ほど

入っている。

 

落札化価格は不明だが

当時の希少性を考えると

数万円??

 

以上最後までご覧いただき

ありがとうございます!