こんちは!管理人のハバネロです

今16年前の強盗殺人事件の

犯人が出頭して話題になってますね。

 

16年前の事件というと2002年。

どういった事件だったのか?

 

より詳しく調べてみたいと思います。

過去の新聞から情報引っ張ってきました。

スポンサードリンク

成嶋健太郎氏強盗殺害事件のアパートの場所は?

毎日新聞の2002年12月23日朝刊

によるとこちらの現場は

 

東京都足立区島根2の

アパート【レオパレス西新井ミヤマ】の

207号室。

 

6畳間のある間取りのアパートだった

そうです・

 

事故物件検索サイト大島てるにも

のっていました(;’∀’)

 

http://www.oshimaland.co.jp/

 

第一発見者は成嶋健太郎さんの当時26歳

姉で『弟が血だらけで死んでる』

と警察に通報したそうです。

 

健太郎さんはこちらのアパートには

2002年の3月に入居してたそうです。

 

そのわずか9か月後に理不尽な理由で

この世を去ってしまいます。

スポンサーリンク

成嶋健太郎氏強盗殺害事件の凶器はフライパンやポットに時計

 

過去の新聞をみてみると、かなりひどい

事をされていたようです。

 

新聞記事によると

両手足を電気コードで縛られ、ネクタイを

胴に結んで室内の屋根裏部屋へ続く

階段に結ばれていたとの事。

 

屋根裏へと続く階段とありますが

恐らくロフトのことでしょうね。

 

犯人は成嶋健太郎さんを背後からフライパン

でいきなり襲った可能性が高いそうです。

 

フライパンの他にもポットや置時計などから

も血液の付着があったようで、いろんな

鈍器で殴打したものと捜査されてます。

 

刃物による刺し傷も額など顔の一部や

背中にあったそうですが、当時の成嶋

健太郎さんの服装は茶色のジャンパー

にリュックサックといういで立ち。

 

リュックサックを破るほどの強い

力で攻撃を加えたのでしょうか?

 

そして健太郎さんはなぜリュックを

背負っていたのか?

 

実は、事件は発見は22日ですが

犯行は21日に行われたと考えられて

いるんです。

 

というのも21日の午後3時ごろに

健太郎さんから実家に『これからかえる』

と連絡があった。

 

その為にリュックを背負ってジャンバー

を着た状態で犯人に襲われたとみられて

います。

 

当時、部屋の鍵は施錠されていたそうですが

ベランダの鍵は開いていたとの事。

 

どのような手口で犯行に及んだのでしょうか?

スポンサーリンク

成嶋健太郎氏強盗殺害事件の犯人は布団クリーニング業者を偽装?
犯行の手口は?

 

警察は成嶋健太郎さんは恐らくは

訪問業者に偽った犯人に騙されて

玄関を開けてしまい、そのまま襲われ

 

逃げている所で背後から後頭部をなぐられた

のでは?との見方をつよめていたそうです。

 

ちょうど、実家に帰る所に犯人とばったり

出くわしてしまった。。。

 

何という不幸でしょうか?

やるせませんね。

 

この事件に関係あるかはわからないの

ですが、同じアパート内で事件の三日前に

別の女性が布団クリーニングの業者となのる

男から勧誘を受けたのですがそれを拒否。

 

すると郵便受けに『死ね』とかかれて

いたそうです。

 

このクリーニング業者と名乗る男と

落書きとこの事件の犯人が同一人物かは

わからないのですが、今後犯人の供述で

明らかになるかもしれません。

 

手口が上記のように訪問販売を装った

ものなら断った女性は命拾いした事に

なりますね。

 

 

以上、2002年の毎日新聞と

東京新聞の記事から執筆しました。

 

最後までご覧いただきありがとう

ございます!