西尾元法医解剖医が見た2014年兵庫県密室女性遺体事件の真相は?交通事故?アルコール依存が原因?アンビリバボー
スポンサーリンク

こんちは!管理人のハバネロです

皆さんは法医学ってご存じでしょうか?

 

管理人が初めてこの単語を知ったのは

漫画スーパードクターKに出てきた

法医学者『岩動瀧造』が最初でした(笑)

 

今回のアンビリーバボーの放送内容は

密室で発見された死因不明の女性の遺体。
二人暮らしの母親によると最後に言葉を交わした朝は至って元気だったという。娘の突然の死の真相を知りたいと願う母親。その謎を解き明かしたのは一人の法医解剖医だった。声なき遺体が語った悲しき最期とは?

との事。先んじてちょっと事件

調べてみたら、一人の法医解剖医

行きつきました。

 

その方が西尾元さん。

今回紹介される事件と合わせて

見てみたいと思います。

 

密室で一体女性になにが?殺人?

事故?気になりますねー!

スポンサーリンク

アンビリバボーで紹介の法医解剖医西尾元のプロフィール

 

西尾元さんは1962年の大阪の出身

香川医科大学医学部を卒業後、同大学

の大学院、そして大阪医科大学法医学

 

教室を経て、兵庫県医科大学法医学講座

主任教授法医解剖医を務めています。

 

現在兵庫県内の阪神地区における

6市1町の担当

 

と見てわかる通り、法医解剖医って

担当地域があるそうです。

監察医のある都道府県では多く、

それ以外は少ないのが現状。

 

神奈川県が一位続いて兵庫

東京都、大阪の順で多いそうです。

 

基本的には不審死や事件性がある

異常死体と呼ばれるものが法医解剖医

の手にかかるそうです。

 

今回の事件も、密室での死亡とあるので

何らかの事件性、異常性が見受けられて

の解剖であったと思います。

 

では早速事件を見てみましょう。

スポンサーリンク

兵庫県密室女性遺体事件とは?法医解剖医西尾元は何を見た?

 

実はこの事件、西尾さんの著書

『死体格差』に収録されているお話。

 

 

関西に住む40代女性が西尾先生の元に

運び込まれることから始まります。

 

関西とありますが、地域担当が決まって

いるので兵庫県でしょうね。

 

遺体の発見現場となったのは女性の自宅。

市営団地2階の一室。

 

無職で母親との二人暮らし

これと言った病気のなかったといいます。

 

朝、普通に母親と会話していたのですが

母親がその後外出、帰宅した折に

すでに娘さんである40代女性は亡くなって

いたそうです。

 

室内はすべて施錠されており

争った形跡もない。

 

完全なる密室でいったいなにが?

事件か事故か・・・法医学の出番と

なります。

スポンサーリンク

アンビリバボー2014年兵庫県密室女性遺体事件、なぜ死亡していた?

 

警察の調査の結果、やはり争った

形跡や物取りもなく、事件性は薄いと

判断

 

しかしなぜ死亡したのかがわからず、

法医学解剖へ依頼をだします。

 

死亡した女性は40代との事ですが

それ以上に老け込んでいたそうです。

 

解剖の結果、頭部左側、左肩の外

左腰に打撲痕

 

左腰の傷は大きく、とても室内で

負った傷とは言えないものだった

そうです。

 

解剖を進めていくと、腹腔の下にある

骨盤腔に大量の出血

 

それに伴い血液を失った為に

通常ならピンクであるはずの肺臓が

白くなっていました。

 

これは大量の血液が失われた

事で起きる現象だそうです。

 

つまり死因は失血性によるショック死。

骨盤骨折による出血性ショック死

と断定されました。

スポンサーリンク

アンビリバボー2014年密室女性遺体事件死亡の原因は?交通事故だった

 

死亡の原因はわかりましたが、なぜそのような

状態に陥ってしまったのか?

 

なぜ密室で死亡していたのか?その謎の手掛かりは

以外にも足元にありました。

 

彼女の膝辺りには打撲痕があったそう。

 

彼女の傷の大半は左側にあり、それとは逆に

膝のケガは左側。

 

この事から、西尾先生は、交通事故と

判断したそうです。

 

右側の膝の傷はバンパーによって

できるバンパー痕

 

ぶつかった事で反対側にとばされて

左側を強く壁、もしくは地面に打ち付け

た事によって負った傷と判断します。

スポンサーリンク

アンビリバボー2014年密室女性遺体事件なぜ密室で死亡していたのか?

 

死亡の理由や原因はわかりました。

しかしなぜ密室で?

 

この疑問については意外な結末を

向えます。

 

解剖の結果を警察に報告すると

すぐに該当の交通事故が判明。

 

交通事故を起こした方は警察に報告

をしていたようです。

 

この時、被害女性の希望で病院へは

行かなかった。。。加害者の男性に

自宅の市営住宅の2階まで連れて行って

もらったそうです。

 

これが彼女の運命を分けてしまいます。

 

一体なぜ?大した事ないとおもったのか?

 

いや、骨盤骨折で大した事無いなんて

ことはないでしょう。

 

そこには、交通事故を隠さなければ

ならない、悲しい理由がありました。

スポンサーリンク

母親に言えずに・・・アルコール依存症の恐怖

 

じつは被害者の女性、かなりのお酒好き

だったそうです。

 

数年前に自身のアルコール依存症が

原因で離婚経験もあったそう。

 

母親からは一人で飲むことをきつく

禁じられていたそうで、それでも

 

こっそりとお酒を買って飲むのが

楽しみだったのでしょう。

 

しかし、交通事故にあった事で

外出の理由を聞かれるとお酒を

買いに行ったのがバレてしまう

 

アルコール依存での離婚や無職で

ある事実なども引け目を感じる理由

としては十分、そして隠すことを選んだ。

 

骨盤骨折は出血はゆっくりと起きます。

その為、事故直後はまだ意識ははっきりと

していた可能性が高いそうです。

 

徐々に失血していき、自宅に帰り

施錠後に意識を失ってしまったものと

考えられてます。

 

アルコール依存の恐ろしさが別の

角度からもわかる事件・事故ですね。

 

嘘をつく必要がなければおそらく

この女性は助かっていたのだと

思います。

スポンサーリンク

まとめ

 

アンビリバボーで紹介される

2014年の密室で女性が遺体で

発見された事件にかかわった

法医学解剖医は西尾元先生。

 

事件は母子二人暮らしで無職の

娘と母親の家庭で起きた。

 

死因は失血死。事故原因は交通事故

だが、病院に行くことを拒んだために

死亡したと思われる。

 

病院へ行けなかった理由は母親に

とめられていた飲酒を咎められるのを

恐れた為隠そうとした。

 

とまぁこんな感じです。

アルコール依存って本当に

色々ダメにしますよね。

 

管理人もお酒大好きですので

あまり偉そうに言えませんが

ほどほどで楽しむのが大事。

 

あと数か月で新人も配属される

会社も多いでしょうけどくれぐれも

飲みすぎには注意ですね

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク