ごはんジャパン日本一高いお茶や微発酵茶の通販は?3gで5000円!紫外線で萎凋香は世界初!埼玉県入間市比留間園
スポンサーリンク

こんちは!管理人のハバネロです。

6月最初のごはんジャパン。

 

埼玉県は入間市でお茶をつかった

パンが紹介されるようですね。

 

そのパンに使われるのが『日本一高いお茶』

が使用されるようです。

 

日本一高いお茶、なんと3gで5000円(;'∀')

という事はキロ当たり160万円という

わけですな・・・やばい(笑)

 

超高級茸の白トリュフでも大体30万位

だったと思うしA5ランクの和牛でもkg

数万円。。。まさに破格のお値段で

ございます。

 

というわけで、この3g5000円の日本で

一番高価なお茶について調べてみました!

スポンサーリンク

日本で一番高いお茶の通販は?『比留間園』で売っている埼玉県18期茶聖中島毅作

調べてみたところ、埼玉県入間市の

お茶農園兼お茶屋さん『比留間園』の

『日本で一番高価なお茶 日本一の手もみ茶2018』

だと思います。

 

こちらは全国手もみ茶振興大会で日本一に

5度輝き、永世茶聖の資格保持者である

中島毅さんの作品。

 

茶師の中では若手ながら卓越した

センスと技術が光る日本の茶業界を

背負って立つホープであります。

 

資格保持となっているのはどうやら

『永世茶聖』と名乗るには『茶匠』

の資格がいるらしくてこの資格、

50歳超えないと取れないんだそう。

 

なのでまだ30代の中島さんは

『資格保持』者となるそうな。。。

凄い話ですねぇ。

『微発酵茶』の通販は?比留間園の紫外線照射芳香システム【UVT-HIRUMA】がすごい

番組でも紹介されてますが、

何やら怪しい青いライトをお茶っぱに

当ててましたね。

 

こちら、紫外線をつかった萎凋香調整システム。

この萎凋香とは植物の防衛本能がもたらす

独特の香りで花の香りや果実の香りや蜜の

香など甘い芳香をもたらします。

 

今までは天日によってこれらを抽出して

きたのですが、人工的な紫外線での引き

だしに世界で初めて成功したんだそう。

 

これによって素晴らしいお茶が大量に

生産できるようになったんだそう。

『微発酵茶』などに使用されているので

上記の比留間園のショップから購入

してもいいかもしれませんね。

まとめ

ごはんジャパンで紹介される3g5000円の

日本一高い手もみ茶は埼玉県入間市の

『比留間園』の茶聖『中島毅作日本一の手もみ茶2018』

 

通販は可能(数量限定)

 

他にも人工的に紫外線にて植物の

防衛本能によって生まれる

『萎凋香』のお茶もある。

 

以上最後までご覧いただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク