ルークテリーはメジャーリーガーに?右腕の無いキャッチャーの経歴や現在は?【アンビリバボー】
https://www.baseballyouth.com/stories-03-01-18a/
スポンサーリンク

こんちは!管理人のハバネロです!

みなさんは両腕ありますか?

多くの方は普通にあると思いますが

もし、片方がなければどうなりますか?

 

日常の生活も大変困難になってくると思います

そんなハンデを乗り越えて、メジャーリーグを

目指す少年がアメリカにいたんですね。

 

名前はルークテリー君。彼は幼少時に感染症で

右腕を切除する大手術をしています。

 

その彼が諦めれない夢がメジャーリーガーに

なる事。そんな彼の経歴や現在などを調べて

みました!

スポンサーリンク

ルークテリーは右腕の無いキャッチャー!経歴や原因は?

https://www.baseballyouth.com/stories-03-01-18a/

ルークテリーは現在16歳の高校生。

彼が一歳と7ヵ月の時に不幸にも自動車事故

に巻き込まれ、その時のケガが原因で大腸菌

バクテリアの感染症に侵されてしまいます。

 

命の危険があると判断され、右腕を切断。

以来彼は片腕の生活を余儀なくされてきました。

 

4歳の時から野球をはじめ、中学でもキャッチャー。

そして現在もコーナーズビル高校のキャッチャーの

一人として日々がんばっているそうです。

この捕球技術をみてください。

 

どうやってグラブを抜いているのか不思議

でなりません。一つタイミング間違うと

間違いなく球をこぼしてしまいそうです。


 

彼はキャッチャー以外にもバッターとしても

優秀で、その力は後述しますが実家の農場で

養われた?と評する人もいるほど。

 

『農場はつよい』といって農家のボディ

パフォーマンスを評価する言葉もあるそうです。

 

どうしても片腕の捕球力に注目が集まりますが

バッターとしてのセンスも注目すべき魅力だと

おもいます。

ルークテリーの家族は?

彼を支える家族はどうやら牧場経営をしている

そうです。調べてみると彼のおじいさんも

野球をしていて、ポジションはキャッチャー

との事。

 

それをしっていたのか、ルーク自身もキャッチャー

としてポジションを守っています。

 

アンビリバボーの予告にもあったのですが

隻腕の野球選手はメジャーの歴史に過去にも

いたそうですがキャッチャーとなるとその人

数は何と0人。

 

如何に過酷な道のりかがわかりますね。

スポンサーリンク

ルークテリーはメジャーリーガーになれる?その道のりは?

ルークテリーの夢はメジャーリーガー。

もちろん生半可な事ではなれません。

 

しかしそれでも夢をあきらめずにいる

ルークの姿はアメリカでは非常に注目を

集め、その片腕とは思えない技術にも

称賛をおくりました。

 

いくつかのメジャーリーグチーム

も彼に注目してアトランタブレーブス

ボルチモアオリオールズなどのチーム

から特別招待を受けるなどしたそうです。

 

その中でオリオールズに招待された折に

殿堂入りした名選手ジムパーマーと始球式

をコラボ。

 

通常はゲストとなるとピッチングをする

のですが、ルークのポジションはキャッチャー。

 

なので彼が始球式についたのはキャッチャーミットを

嵌めての登場でした。捕球式?

 

そしてジムパーマーからは

『決してあきらめず、インスピレーションし続けて。』

と夢に向かっての助言をもらったそうです。

スポンサーリンク

メジャーリーガーになるには?

日本の場合、一般的?には日本のプロからの

転向がメインです。ですがこれはアメリカでは

一般的ではありません。

 

ルークの場合は大学まで野球を続けて

そこで結果をだしてドラフト、もしくは

トライアウトからの入団となるとおもうのですが

健常者でも狭き門。そしてよしんば入団に受かっても

 

下部リーグからのスタートになるので

メジャー選手となると・・・・難しいのが

現状です。

 

しかしそれでも彼の努力は人の心を打ちます。

どうにかして夢を掴んでくれと望んでやみません。

 

これから10年のうちに彼の名前が

メジャーリーグで聴ける日が来ることを

期待しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

アンビリバボーで紹介の片腕のキャッチャー少年は

ルークテリー。

 

小児期に大腸菌バクテリアによって右腕を

切断するケガを負った。

 

4歳から野球を始めて現在までキャッチャーを

務めている。

 

その捕球力は高く、健常者と比べても

遜色ない。

 

夢はメジャーだが現実は厳しい。

以上最後までご覧いただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク